« 名古屋3日目 | トップページ | 4月のレッスン - Spring has come - »

2011年5月23日 (月)

カップの国の人だもの

湿度がなく 爽やかだとは 言え、

30度近くまで行ったのは つい 数日前のこと。

 

そんなことが ウソだったかのように

今日は 曇りで 肌寒い日となっています。

西の空を見ますと

雨はもう少し先かなぁ、と 言う感じです。

 

 

 

 

さてな。

 

話はまだ 名古屋旅行近辺を ウロウロしていますが

常滑まで行って お店やギャラリーを 見ただけで

帰ってくる花mameでは ありませぬ。

 

 

 

 

 

 

 

焼き物の街ですから、

そこかしこに 焼き物を展示販売している ギャラリーやお店があります。

ほぼ全店に お邪魔して 色々な作品を見せて頂きました。

 

名のある方の作品から

若い方の作品から

もう どこに 何があったのか わからなくなる程 見まくりました。

 

 

印象に残っているのは

SPECE とこなべ 」 と 言うお店。

かつて 常滑焼の工場だったと言う建物自体にも 風情があります。

 

1階にも 2階にも 作品がずらり。

とても見やすい 展示の仕方をしておりました。

 

 

 

 

 

気に入った作品を見つけたのは

ランチをした 「 たんぽぽ 」 から 程近い所にあった お店。

 

 

中を覗き込むと

「 イラッシャイ 」 と 後ろから 声がかかりました。

 

 

振り向くと 外国人の方が。

イギリス人の Timothy J.M. Sinclair 氏。

 

奥様も陶芸家で あらきゆうこさん と おっしゃるそうです。

 

 

 

 

 

 

Img_010102

色んな話を しつつ、

画像の スープカップと お皿を 購入させて頂きました。

 

話をする中で、その方の人となり や 作る過程などが わかると

作品に対する見方も 変わってくるものです。

 

お皿が あらきゆうこさんのもので

スープカップが シンクレア氏のもの。

 

 

 

Img_0102

シンクレア氏は 薪 ( 杉 ) で 焼いているのだそうで

予想出来ない 自然釉の様子が とても魅力だと おっしゃっていました。

 

それと もうひとつ、おっしゃっていたのが

日本人の作るカップの把手は 「 イケナイネ 」 と 言うこと。

小さくて 持ちにくいのだそうです。

 

言われてみれば

シンクレア氏は カップの国の お方。

歴史的に言うと 日本より ずっと長く

把手の付いたカップとともに 過ごしているのですよね。

 

ちょっと無骨な程に 大き目の把手ですが

確かに とても 持ちやすいのです。

 

カップの大きさは

φ 12 cm × 5,5 cm

把手の幅は 2 cm あります。

 

あ、もちろん、把手の太さだけでなく

取り付け方が絶妙なので 持ちやすいのですよ (o^-^o)

 

しかも、持って使うものなので 軽く作ってあるのですよ。

 

 

 

 

 

 

Img_010302

こちらが あらきゆうこさんの お皿。

 

黒地に スッと入ったラインと その模様が

何となく 和風のようであり エキゾチックなようであり。

 

楕円という形も

27,5 cm × 19 cm と言う 大きさも気に入りました。

 

サラダに 煮物、パスタに お寿司に 焼き魚。

何を乗せても しっくりきそうな感じです。

 

 

 

 

器選びって 難しいもの。

自分の気に入った デザインや大きさで

何にでも 使い回せるものが 見つかると 自分も嬉しいし

きっと 作家さんにとっても

様々な場面で活用されると言うのは 嬉しいものではないでしょうかね。

|

« 名古屋3日目 | トップページ | 4月のレッスン - Spring has come - »

陶芸 - 器」カテゴリの記事

コメント

GWは名古屋満喫したみたいですね~。

シンクレア氏のスープカップ、いい色だわ~。
ポテトサラダの黄色が特においしそうに見える。
それにしてもおいしいものたくさん食べたね~
名古屋でグルメ三昧。
写真みてるだけでお腹鳴ちゃうよ~。
お弁当、名古屋づくし!ウケマシタ。
あれは買ちゃうね。
さすが土hige さんおいしいものアンテナ持ってるもん。
名古屋って奥深いなぁ。勉強になりました。

投稿: あずさ | 2011年5月23日 (月) 15:24

>あっちゃん
 
GWに旅するなんて初めてのことだから
体力顧みず、興味と一緒に歩きまわりました。
後日、その敵を取られましたが ヾ(;´Д`A
 
カップ、いいでしょう。
彼は この雰囲気一本でやっているそうです。
奥様の方は 色々なパターンを試されているようでした。
 
うんうん、やはり器に対して映える食材は
食欲をそそるよね。
 
そして、お弁当。
こうやってセットになってるあたり
特別な食を持つ観光地って感じだよね。
 
北海道だと何だろう。
海鮮物は当たり前過ぎるなぁ。
甘納豆赤飯、いも餅団子、ジンギスカン、山ワサビ
てなとこでしょうか o(*^▽^*)o
 
フロンティア精神を持つ道産子、
食の世界も開拓しまくりです。
名古屋、あっちゃんも いつか開拓して来て~ ヽ(´▽`)/

投稿: 花mame | 2011年5月23日 (月) 19:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 名古屋3日目 | トップページ | 4月のレッスン - Spring has come - »