« 紫陽花 | トップページ | カーネーション ・ アリエルビオラ »

2011年5月30日 (月)

八重の百合 - ノーブル

風は 相変わらず 強いのですが

当地では 心配した程に荒れることなく

温帯低気圧が 通り過ぎて行ったようです。

 

お昼前には 台風一過 ( 温帯低気圧でも こう言うのかは? ) 、

久しぶりに 太陽の顔を見た気がしました。

 

しかし、被災地の 地震で崩れた地盤に

雨が多く降ると 土砂災害などが 心配です。

 

昨夜でしたか、

テレビの画面に

初めて 土砂災害注意報 と言う スーパーを見ました。

 

これからは 梅雨の長雨もありますし

台風も 来る季節と なってきます。

 

何事もないようにと 願っておりますが

危険な場所に 近づかないなど

くれぐれも 注意していきたいものです。

 

 

 

 

 

さて、本日も 昨日に引き続き

4月のレッスン花材のひとつを ご紹介。

 

 

 

 

 

 

Img_0104

八重咲きのユリ、 「 ノーブル 」 と 言います。

 

最近の品種ではないのですが

教室で使ったのは 初めてのこと。

なかなかタイミングよく 出会うことが出来ないのですよね。

 

 

このユリは 何でも

スカシユリの 「 サンシロー 」 と言う品種の変異種なのだとか。

確かに 厚めの花弁や その付け根にある斑点、

上を向いて咲く様子も スカシユリそのものです。

 

高知県で 力を入れて作ったものらしいですよ。

変異種を増やし育てるのは 大変な ご苦労があったことと思います。

 

 

「 ノーブル - noble -  」 とは 英語で、

気高い、高貴な、貴重な、などの意味があります。

この花の雰囲気や 増殖のことを考えると

ぴったりな名前だなぁ と 思うのです。

|

« 紫陽花 | トップページ | カーネーション ・ アリエルビオラ »

花 - 花材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 紫陽花 | トップページ | カーネーション ・ アリエルビオラ »