« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月22日 (火)

猫の日

にゃんにゃんにゃん ( 2月22日 ) の 猫の日だそうで。

 

 

 

うちの ハナさん クロさんは 相変わらず元気。

もう 14歳も過ぎたのですけどね。

 

 

 

 

プラス 3度 と、2月にしては 暖かすぎるくらいの本日。

 

クロさんは 日の当たるベランダのカゴの中で

花mameが 植物の世話で ドタバタしている間も

スーピースーピーと 大きな鼻息で 熟睡しておりましたし、

ハナさんは 隙あらば

花mameの膝の上に乗っかろうと 周りから 離れないでおりました。

 

 

腰痛大臣なので 重いアナタを乗せたまま

そう 長く座ってもいられないのですよ~ ハナさん。

次に立つのが 大変なんですから。

 

 

 

 

 

1102221915000

ふ~む ・・・ そうにゃのかぁ ・・・ 。

はやく よくなってにゃぁ。

| | コメント (3)

2011年2月21日 (月)

1月のイベントレッスン 

今年の冬は 雪は少ない、暖かい、

過ごしやすいものとなっております。

 

なのに なのに。

 

久々の

 

腰痛大臣就任 で ございますよ ・・・ (´・ω・`)ショボーン

 

 

しかーし。

 

今回は 母が持っていた、腰痛ベルト と言う 強い味方を身に付けて

日々 回復に向かっております。

 

ホント、ギューッと 強く締めますと

腰周りが固定されるので 姿勢も保持されますし

かなり楽なのですね。

これは いいものです、うんうん (・∀・)イイ!

 

腰痛が治る頃には

ギューッと締めた副産物として

お腹も引っ込んでいたらいいなぁ ・・・ ♪

なんて ムシのいいことも考えていたりする 花mameなのです ( ´艸`)プププ 

 

 

 

 

今、改めて ブログを見てみましたら

あ~ら、2週間近くも アップしていないのですね。

理由は 恒例微弱な野良電波 のため。

今も いつ途切れるか、と

ドキドキしつつ、マメに保存しつつ、でございます。

 

 

そんな 久々アップの記事は

友人が出席した、お花の学校のイベントレッスンについて です。

2月も末近くなってから 1月とは ・・・ と 言うのは

上記の理由もひとつですので あしからず ・・・ o(_ _)oペコッ 

 

 

1102071637000

< 使用花材 & 資材 >

 ・ チューリップ

   ハッピージェネレーション 3本

   アンジェリケ         4本

   ピンクダイヤモンド     1本

   モンテカルロ ( Y )      2本

   ロココ ・ バロック ( R )   2本

 ・ ヒヤシンス ( V ) 

 ・ コデマリ

 ・ バイン ( G )          2本 

 ・ ウサギのピック

 ・ 麻紐

 ・ カゴ ( オリーブグリーン )

 

写真は ライトの下だったとのこと、

光が強すぎたのか 色が飛んでしまったそうですが

これもまた 夢のような画で 素敵だと思いました。

 

 

 

 

1102071636000

翌日、ご自宅で 撮影されたもの。

チューリップが 豪華に開いてますね (o^-^o)

色も よくわかります。

 

 

 

 

 

1102071635000

左のチューリップが 「 ハッピージェネレーション 」 。

斑入りの葉っぱのチューリップは 珍しいですよね。

右側は 「 ロココ ・ バロック 」 。

 

 

いくら暖かな冬とは言っても

外を見れば まだ真白な世界。

 

春の花の代表のようなチューリップを見ると

早く 雪解けの季節が来ないかなぁ と思います tulip

| | コメント (4)

2011年2月 9日 (水)

納豆こね鉢

北海道のローカルワイドショーでは

2月に入った日から 「 佑ちゃん 佑ちゃん 」 の毎日。

そう、沖縄 名護のキャンプに入った日から。

連日キャンプの現場から中継ですよ。

 

一昨日から始まった 「 さっぽろ雪まつり 」 でも

市民の作った 佑ちゃんの雪像が 超人気だそうで。

 

北で 南で 佑ちゃん 佑ちゃん。

大変なことです。

 

いや、注目されることは

プロの選手として この上なく幸せなことですが

人気ばかりが先行して 実力が発揮出来ない、と 言うことにならないよう

しっかりと キャンプで1年闘える力を 蓄えて欲しいものです。

 

何せ 人は移り気ですからね ・・・ 。

 

 

 

それと

北海道日本ハムファイターズは

佑ちゃんしか いないわけではありませぬから

是非 他の選手たちや

国頭 ( くにがみ ) の二軍キャンプで頑張っている選手たち、

特に 新人選手たちにも 注目して欲しいと思います。

 

 

 

 

 

さてな。

本日は 実家の戸棚にあった 「 納豆こね鉢 」 。

 

 

 

 

 

1102091049000  

今年は このタイプの陶器ばかり 紹介してるようで。

 

 

 

 

 

1102091053000

ほら、こうして見たら

片口三兄弟 に そっくり ♪

 

 

 

 

1102091054000

ブレンド土 ロクロ挽き

φ 8 cm H 7,5 cm 把手の長さ 5,3 cm

黄瀬戸釉 酸化銅

 

  

普通の小鉢で 納豆をこねていたのですが

もっと便利なものがあれば、と。

 

把手を しっかりと握って 納豆をこね、

口の部分から ご飯に納豆を移す。

 

これは 便利 (o^-^o)

  

最初に作った納豆こね鉢に 注ぎ口は 付けていませんでした。

何度か使ってみて 使い勝手がいいようにしたのです。

 

 

でも 考えることは 皆 同じ。

同じ頃から デパートの食器コーナーなどにも

納豆こね鉢が 並ぶようになりましたわ ( ̄▽ ̄)

| | コメント (2)

2011年2月 7日 (月)

1月のレッスン

今日は 今年に入ってから初めて、と 言ってもいいような 吹雪の日。

風が吹く吹く、雪が走る走る ・・・ 一気に 周りが密度濃い降雪の世界。

 

と 思ったら 雲が切れて

今まで降っていた雪は どうしたの?

と 思うほど あっさりと止んでしまう。

 

と 思ったら すぐに どこからともなく 雪が降り始め ・・・ 。

 

これを ほぼ一日 繰り返していましたよ。

 

 

そんなことを しているうちに

少ない積雪も 例年並みになっていくのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

さて さて。

本日は お久しぶりの レッスン報告。

 

と 言っても

花mameは 只今 道民ゆえ 友人が行ったレッスンです。

 

 

 

 

 

1102071626000

彼女も 取り急ぎ写真を送ってくれた、と 言う感じで

レッスンタイトルが 付いてませんで ・・・ (;´▽`A``

そのうち わかりましたら タイトルを変更しておきましょう。

 

使用花材も 詳しくは わからないのですが

バラ、チューリップ 2種、ラナンキュラス、スイトピー、

グリーンは アイビーかな?

そして もうひとつ緑色の花材が ありそうです。

白い花は ちょっと画像がはっきりしないのですが

赤いバラの下のは アリウムコワニーのように見えます。

こちらも はっきりわかりましたら 追記しておきましょう。

 

花器は 横長の白いパラレル花器だと思います。

 

友人好みの ピンク系。

今日のように 外が吹雪いて 真っ白な世界だと

春が待ち遠しいなぁ、と 思わせるアレンジです。

| | コメント (4)

2011年2月 6日 (日)

オーブン陶土で

史上初、不祥事で 大相撲の春場所が中止ですって。

 

ふぅん。

ずっと昔から あるのではないか、と 疑われていながら

証拠がない、と 否定され続けていた 八百長疑惑。

文明の利器が証拠になってしまうなんてね。

 

昔、文通などで お手紙を書いても

返事が来るまでに時間がかかるもので

書いた内容を忘れてしまうことも 多々あったものですが

メールは 打った日時、内容も しっかりと残ってくれる。

これはこれで便利なものですが

何か 後ろめたいことのある場合には

返って 不便なもの、否、都合の悪いことになってしまうのですわね。

そんな覚えのある場合には 心して使いませんと、ね。

 

それにしても

八百長って 明治時代に入ってからの言葉だと言うことを

恥ずかしながら 今日初めて知りました。

 

何でも

明治時代の八百屋の長兵衛さんが 相撲界の方と碁仲間で

その長兵衛さん、碁は強かったそうなんですが

商売上のことを考えて 勝ち負けを うまく調整していたと言う話から

「 八百 」 屋の 「 長 」 兵衛 =  「 八百長 」 と言うようになったのだそうですよ。

 

相手が相撲界の方だって言うのが 何とも 何とも ・・・ 。

 

 

 

話変わって

うちの文明の利器、相棒の ぱちょこんですが

なかなか電波を捉えられず、

お、今日は 調子いいぞ!

と 思っても その次の瞬間には 接続が断たれてしまう、なんてことが続き

思うようなネット生活を送れておりませぬが

まぁ、そのくらい不便な方が

便利に ありがたみを感じられて いいのかもしれませんね。

 

 

 

前置きは そのくらいにして。

 

先月の記事 で ご紹介した 「 オーブン陶土 」 で

ちょこっと 工作をしてみましたよ。 

 

 

 

 

 

1102062017000

ウサギ年に ちなんで。

 

 

 

1102062019000

ぐい呑み風の器。

 

 

粘土の感じは

粘りが あまりなくて ちと ザラザラした感じも。

 

水を上手に使って成形していかないと

ひび割れしてきます。

 

 

 

 

 

1102062021000

焼き上がり。

 

後のが ぐい呑み風器。

φ 5,5 cm H 3 cm

 

うちのオーブンは 細かい温度設定が出来るタイプではなく

低中高温のスイッチしかなくて

最初 予熱をして 高温で焼いてしまい、

何とも 美味しそうなチョコレート色に 「 焦げて 」 しまいました ( ̄◆ ̄;)

 

 

手前のウサギは 中温で焼き、

黄粉を まぶしたような感じに 焼きあがりました。

こちらが 正しい焼き色と思います。

耳まで入れて H 3,5 cm

小さな 小さな ウサギです。

 

 

しかし

その質感は 陶器と言うより

紙粘土を 硬くしたような感じで

叩いても 音は軽いし 重さも 軽い。

 

いやいや、

あまり多くを望むまい。

 

多分 この粘土で作るのに 適したものもあるのでしょう。

 

 

 

 

 

1102062022000

他に こんなのも ♪

 

 

 

 

そして こんなのも ♪

 

 

 

 

  

1102062012000

湿気の多い雪の積もった日に作った ウサだるま (´▽`)

| | コメント (2)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »