« 今朝のスカイツリー | トップページ | 黄瀬戸の器 数々 »

2011年1月17日 (月)

1月17日

16年前にもなるのですが

いまだに あの朝の衝撃は忘れられません。

 

朝 テレビをつけると

目に飛び込んできたのは 高速道路が倒れて

街のあちこちから 火の手が上がっている映像。

 

これは いったい何なんだ??

と、一瞬 理解出来ませんでした。

 

 

 

たくさんの人が亡くなり

たくさんの人を傷つけた 災害。

 

もう2度と 起きては欲しくないものですが

地震大国 日本。

いつ どこで 起きるかは 誰にもわからない。

 

ならば

起きた時に 出来るだけ被害が少なくなるように

また その後に困らないように

準備をしておかなければいけないのだけれど

我が家も含めて

ついつい おろそかになりがちではないでしょうか。

 

 

今日は 朝から

追悼行事や 大きな災害への備え、起こった時の対処法などが

テレビなどで 特集されていました。

 

 

 

リエゾン被災人

  

こちらのサイトは 阪神淡路大震災についてのもの。

被災された方たちの知恵なども たくさん紹介されていて

日頃から そう言う知恵を頭に入れておき

何かの機会 ( 今日や防災の日など ) を捉えて

シミュレーションするのも 大切なことだ、と 思いました。

 

 

 

関東に住んでいると

地震は 日常的に起きているけれど

日常的だからこそ 慣れてしまって またか ・・・ とも 思ってしまったり。

危機管理が出来ていないのは

どこぞの国と 同じだぞ ・・・ 。

 

これを機会に 考えを改めなくては。

  

 

 

 

 

Img_010302

朝日を受ける 真っ白な富士山。

富士山は 活火山なのだそうですね。 

いつまでも おとなしく

いつまでも この美しい姿を 保っていて欲しいものです。 

|

« 今朝のスカイツリー | トップページ | 黄瀬戸の器 数々 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

阪神大震災から、16年が過ぎました。
大阪でも、かなりの揺れで目が覚めてからも
そうとう長い間(そんな感じがしただけですが)揺れていました。
相当、不安な気持ちになったことをまだ覚えております。
被災した地域に何かしなくちゃという焦りのような
気持ちがあって、
ボランティアで物資を歩きで(電車が不通でしたので)
西宮から東灘の公園まで大変な街を見ながら届けたのを思い出します。
あの日年も寒かった。

16年たつと、あんな気持ちでいたのに防災への
気持ちが薄らいで行くのですね。
我が家も、もう一度防災の事について改めて
見つめ直さなければと思いましたわ。
思い出します。

投稿: マック | 2011年1月19日 (水) 00:49

>マックさま
 
こんにちは。
 
お近くですから 相当揺れたことでしょう。
ほんの数秒揺れていても長く感じますから
その揺れと不安は 想像に難くありません。
 
交通機関は当然止まっていますから
何かの手助けをする場合には 自力で、なのでしょうが
それを実行に移すと言うのは なかなか出来ることではありません。
マックさんのお力で 助けられた方も少なくなかったと思います。
毎度、こう言う災害が起こる度、
救助やボランティアで働かれる方々には頭が下がります。
 
自分を守るための準備は もちろん大切なことですが
それから一歩進んで 何かのお役に立つと言うことも
また大切なことですね。
 
まずは防災。
そこをしっかりと考えなければと思います。

投稿: 花mame | 2011年1月19日 (水) 11:38

こにゃにゃちにゃんcat

地震への備え…
必要なことと思いつつも、何もしていないですなあ。
非常持ち出し袋はありますが、
押し入れの中では、いざという時に出せるかどうか。
大きな地震なんか来ないはず、と心のどこかで思っているのかもしれません…来ないなんて、言いきれるハズもないのに。

地震について改めて考えねば、と気付かされましたですなあ。

投稿: ゴン太 | 2011年1月24日 (月) 14:44

>ゴン太さま
 
すっかり お返事が遅れてしまいまして 申し訳ありませぬ。
ここのところ 電波が微弱で
今日は調子いいぞ、と メールチェックなどをしている間に
管理画面にも ブログにも 入れなくなってしまうと言う状況が続いておりました。
このお返事の最中にも 切れてしまわないことを祈りつつ ・・・ 。
 
そうなのですよ、なかなか準備に気持ちが行き届かないのです。
花mameのように流浪の民だと
準備していたとしても いつしたものやら忘れてしまいますしね ・・・ 。
確か 寝室のベッドの横に
非常持ち出し袋と非常食が置いてあるはずなのですが
帰京したら まずは確かめておかないといけませんね。
 
年に2回は準備について見直さなければ、
と 気づかされる日があるのですから
その機会を捉えていきたいものですね。

投稿: 花mame | 2011年1月29日 (土) 11:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今朝のスカイツリー | トップページ | 黄瀬戸の器 数々 »