« 涼やかなリース | トップページ | 夏模様 »

2010年8月 2日 (月)

道北の旅

7月2日のことですから

もう 1カ月も前の話になります。

花mame母を 母の姉に 会わせるべく

道北へ ドライブに出かけました。

 

 

 

 

 

Rimg0066 

雨続きの日々で、

この次の日から また雨になったのですが

この日だけは 不思議と 晴れのよい天気でした。

国道を まっすぐ行くのかと思ったら

土higeさん、海の見える道を行こう、と 言うことで

まずは 山の中のドライブ。

こんな山の中まで キレイに 舗装されているのですね。

実家の前の道路より 余程 キレイです。

 

 

 

 

 

Rimg0068  

そして

前にも 後ろにも すれ違う車さえないのに

追い越し禁止の 黄色いライン。

必要なことが あるんでせふか。

 

 

 

 

 

 

Rimg0070  

人里が 見えてきました。

でも 見えるのは 人ではなく 「 牛 」 。

このへんは 北海道有数の酪農地帯なのです。

 

 

 

 

 

Rimg0078  

苫前と言う町にて ランチタイム。

食べたのは 「 えび丼 」 。

ハマナス咲く 景色の向うには 何やら 工事現場が ・・・ 。

あまり いい画像ではないですが

海の向こうに 天売と焼尻の島が 見えます。

 

 

見えない?

いや、写したので 必ず 見えるはず。

見えない場合は あるものとして 見てくださいませな (・∀・)

 

 

 

 

 

Rimg0082   

ここは 道の駅なのですが

上の景色を見ながら 足湯につかることが出来ます。

タオルも用意されているので

準備は 何も要りません。

 

隣には

おにぎりなどを食しながら

つかっている方々が いらっしゃいました spa

 

 

 

 

 

Rimg0087  

海を左手に見ながら 北上。

まっすぐな道に 広い空。

あぁ、北海道 満喫 ♪

 

 

 

 

 

Rimg0097  

牧草ロールの 向うには

何やら 面妖なものが ・・・ 。

風力発電用の風車が ずら~っと 並んでおじゃりまする。

 

 

 

 

 

そして、

親戚の家に寄ってから

 

 

 

 

 

Rimg0113  

サロベツ原野へ。

右手の看板、

多分 ここでしてはいけないことが 書いてあったのだろうけれども

(1)は 何だったのだろう と、何だか 気になって仕方がない。

 

 

 

 

 

Rimg0122 

少し雲に覆われてはいるものの

利尻富士が見えました。

あぁ、雄大な景色なのだけど

こんなに ちんまり 写っちゃって ・・・ (;´Д`A ```

大きさが 伝わらないのが 残念です。

 

 

 

 

 

Rimg0119  

ちょうど エゾカンソウの咲く季節。

黄色く見えるのが その花たちです。

そして 地平線には またもや面妖なヤツら ( 風車 ) が。

この辺は 風が強いので

あちこちに 風車が 立ち並んでいるのです。

 

 

 

 

 

Rimg0115  

これが エゾカンソウ。

 

 

 

 

 

< プロフィール > 

・ 分   類 : ユリ科 ヘメロカリス属

・ 生育地 : 北海道、本州の北部、中部

・ 和   名 : 蝦夷甘草 ( えぞかんぞう )

 

詳しくは 北海道デジタル図鑑 にて。

 

 

これ、なぜか 土higeさんの実家にも あるんですが

どうやら 一日花のようで 朝咲いたなぁ と思っても

夕方には しぼんでいるのです。

ただし 繁殖力が強くて よく増えるのだとか 土hige母が言ってました。

 

 

 

 

 

Rimg0112 

再度 利尻富士。

雲の衣を なびかせて。

 

 

 

そうそう、

帰りの道で 2回程 エゾシカに 遭ったのですが

カメラの準備が遅く 撮影出来ませんでした (;´д`)トホホ…

 

 

 

 

と 言うことで。

 

 

 

Rimg0093

「 鹿注意 」 の標識を その代わりに ・・・ 。

|

« 涼やかなリース | トップページ | 夏模様 »

おでかけ」カテゴリの記事

北海道の暮らし」カテゴリの記事

花 - その他」カテゴリの記事

コメント

北海道の旅、お天気に恵まれて良かったですね~
それにしても、かなりの走行距離なのでは?
昔々に稚内を目指して北上し、オホーツク海の海岸線を走ってサロベツ湖に抜けたことがあったのを思い出しました。
お母さま、お喜びになられたでしょうね~
鹿さんの写真は残念でしたね~~~

投稿: れいこ | 2010年8月 2日 (月) 22:33

>れいこさま
 
こんばんは night
 
はぁい、おかげさまで (o^-^o)
ドライブにも 観光にも いいお天気が最適ですものね。
 
走行距離なんですが
結構な距離であったことは確かなのですが
その時乗って行ったのが代車で
慣れていなかったものですから
カウンターをリセットし忘れたのです。
なので走行距離は とんと わからないのですよ (;´Д`A ```
 
おぉ、れいこさんのお住まいの所から
オホーツクを通って稚内とは
それこそ ものすごい距離でしたでしょう。
 
母が伯母に会うのは1年ぶりで
しかも 伯母の家に行ったのは20年ぶりくらい。
ドライブも楽しかったようで とても喜んでいました。
でも 次の日疲れたのか 具合が悪くなってしまったんですよ。
すぐに回復しましたけどね。
 
あぁ、本当に 鹿さんの写真は残念でした。
れいこさんのように撮りたかったです (´・ω・`)

投稿: 花mame | 2010年8月 2日 (月) 23:30

おはにゃん。

おおお。
お姉さまに会われて、お母さまは、さぞやお喜びだったことでしょうなあ。
素敵なおでかけでしたなあ♪

うわ~お!
北海道の魅力さく裂のお写真ですなあ~♪
空気の色が涼しげだ。
「苫前」「サロベツ原野」?どこだろうと調べてビックリ。北海道でも北の方なのですなあ~。
お写真「島」見えますですぞ♪

ああ、きっとステキな土地なのでしょうなあ。
風力発電の風車が、あんなに横一列に並んでいるのを見たことないですっ。興奮しました。
広大な北海道ならではの光景ですよなあ~。
手前に広がる平野も、ゴン太が描く北海道像そのもので
憧憬をかきたてますですなあ。

サロベツ原野って、自然の宝庫のようですな♪
お写真のエゾカンソウ、これ一面お花畑なのでは?
きっと実際に見たら、ものすごく感動するのでしょうなあ。
ゴン太は先日、日光の戦場ヶ原でニッコウキスゲを見ましたが、チョボチョボとしか生えてませんでしたなあ。
はは。

エゾシカリンに会えたのですか~。
まるでシカリンまで、おでかけの「楽しさ」を提供しに来てくれたみたいですな~♪

投稿: ゴン太 | 2010年8月 3日 (火) 10:57

>ゴン太さま
 
こんにちにゃん cat
 
伯母のいる場所には 温泉もあり
本当は 母だけでも一泊くらいするとよかったんですが
本人は かたくなに日帰りする、と言うのです。
従兄が 母に日曜に送って行くよ、とまで言ってくれたんですけどね。
少しの時間でも 色んなことを話せて 楽しかったようですよ。
 
あ、温泉には しっかり浸かって参りました spa
 
あは、島 見えましたか ( ^ω^ )
実は 花mame自身がよく見えてませんで
もっと大きくするか 違う写真にすればよかったなぁ
なんて 思っていたところです。
 
道路と空と緑。
こればっかりの写真群ですが 北海道を感じていただけたなら嬉しいです。
面妖な風車たち、これが とても大きいのですよ。
実物を見たらビックリです。
それが こんなに何基もあるのですから
いやはや、北海道はでっかいどう、と 今更のように思ったり (*^m^)
 
今回見たのは エゾカンゾウ、ワタスゲ、ランの一種、鹿りんだけでしたが
サロベツ原野には もっと多種多様な植物生物があるのですよ。
そして 利尻富士とサロベツ原野の間には 日本海があるのですよね。
あぁ、是非、ゴン太さんにも 実際に見に来ていただきたいものです。
 
ニッコウキスゲとエゾカンゾウは 親戚筋に当たるようで
微妙な違いはあるにせよ、ゴン太さんがご覧になったキスゲと よく似ているでしょう。
サロベツでは エゾカンゾウが少なくなってきているのだそうで
戦場ヶ原と同様、実は チョボチョボとしか生えていなかったのですよ (;´▽`A``
 
はい~ エゾシカりんに会えたのですが 撮影出来ませんで ・・・ 。
ここに写真があったら きっとゴン太さんには喜んでいただけたでしょうにね (´・ω・`)

投稿: 花mame | 2010年8月 3日 (火) 16:30

こんにちわ。
北海道!!!ならではの写真ばかりで、主人の親戚も住んでいるので、訪ねた日を思い出しました。
何処までもまっすぐな道。
そして絶対本州と違うんじゃぁないか?ってくらいの大きな空。
もうね・・・ウシさんのニオイがしてきそうです。
(私の行った所が車で走っていると香ってくるのですw)

あー拝見しながら、涼を頂きました。
ありがとーございます。

ちなみに「エゾカンゾウ」は生で見ましたが
ホントに可憐な綺麗なお花でした。
最初「ニッコウキスゲ」だと思ったんですよ。
現地の方に名前を伺ったんです。
そんなに繁殖の強いお花だとは、知りませんでした。

投稿: kerokero | 2010年8月 4日 (水) 11:42

>kerokeroさま
 
こんにちは。
 
そうでしたね!
北海道に kerokeroさんのご親戚がいらしたのでした (o^-^o)
 
牛舎とは ちょっと距離があったのと
トットと走り抜けてしまったのとで
残念ながら あの 「 香り 」 は してこなかったのですが
よくわかりますよ ( ´艸`)プププ
 
ニッコウキスゲを生で見たことはないのですが
形態は ほとんど同じようですね。
繁殖力が強いと聞いたのですが
サロベツでは減っているとのこと、
何とも矛盾する話で う~ん ・・・ と言ったところです。
 
涼しさをお届け出来たのなら よかったです。
こちらこそ いつも来ていただいて ありがとうございますo (_ _)oペコッ

投稿: 花mame | 2010年8月 5日 (木) 13:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 涼やかなリース | トップページ | 夏模様 »