« バラ ・ ピーチアバランチェ | トップページ | 雑感 »

2010年6月27日 (日)

郷愁

1006261926000

夕景が好きだ。

 

まわりを 朱に染めるような 鮮やかな夕景もいいが

雲の間からの 柔らかな残照によって

あたりを ほんわり パステルカラーのベールに包み込んだような

やさしい夕景も いい。

 

 

 

 

 

例えるなら

 

朝日は 希望の輝き。

昼間の太陽は 命の強さ。

そして 夕日は 郷愁だろうか。

 

 

 

 

 

上の画像は

昨日、土higeさんを迎えに行く時に

あまりに広大で 美しい風景だったので

思わず車を停めて 撮ったもの。

光の具合も 雲の流れも 文化屋根の家も

風情を感じられて よかった。

 

                電線が ちょいと 邪魔なのだけれど

                それは 無いものとして ・・・ 。

 

 

 

 

 

 

1006270034000  

空港からの夕景。

実際には 山の稜線が 空にくっきりと映えて

いつまで見ていても飽きない景色だった。

 

 

 

 

 

 

1006270033000

そんな キレイ色の空の向こうから

土higeさんの乗った飛行機が 降り立つ。

 

夕景は やはり 「 郷愁 」 と つながっている。

|

« バラ ・ ピーチアバランチェ | トップページ | 雑感 »

そら」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

郷愁って胸がきゅーっとくる響きです。
どこであっても故郷はよいもの。
それにこの大きな空と夕方の穏やかな色合いが
優しく包み込むようでいいです。

朝日や昼間の日光は元気はありますが、じみじみしたいときには向いていないような。
やっぱり、夕焼けや月光なんかがしみじみには向いています。

投稿: 睡蓮 | 2010年6月29日 (火) 23:02

おはにゃん。
ご無沙汰しておりました!

本日の、記事は「頭」というよりも、
そのお写真、お言葉が「こころ」に直接響く様な記事ですなあ。
なんといいますか、感情に直に訴えてくる感じですな。
誤解かもしれませぬが、
この時に、花mameちゃんが感じた感情が
そのまま、今、ゴン太に入ってきた気がしましたですなあ。
うまく言葉にできませぬが、
あまり語ると、今感じた気持ちがどこかに行ってしまいそうなので、
この辺でやめておきますですな。
はは。

投稿: ゴン太 | 2010年7月10日 (土) 10:15

>睡蓮さま
 
こちらにもコメントを頂いていながら
こんなにお返事が遅れてしまい 申し訳ありません o(;△;)o
 
うんうん、郷愁って聞くだけで
きゅんと来てしまう言葉ですね。
人それぞれ違うでしょうが
きっと 郷愁と聞いた時に浮かぶ風景があるはずです。
 
実際の風景は もっともっと大きくて
携帯カメラで切り取るには もったいないくらいだったのですよ。
睡蓮さんだったら もっとキレイに写すに違いないです (´▽`)
 
しみじみしたい時には 夕焼けと月光。
確かに 確かに。
多分 この想いは太古の昔から変わらないものでしょうね。
 
 
 
 
 
>ゴン太さま
 
こんばんにゃ。
 
こちらこそ ご無沙汰申し訳ありません。
いまだバタバタが続いていまして
なかなか落ち着いてパソコンの前に座ることが出来ませんで ・・・ (´・ω・`)
 
あぁ、とっても嬉しいお言葉です。
こんな拙い文と写真で 感情が共有出来たのでしたら
なんて素晴らしいこと!
そう思ったら 郷愁と言う言葉以上にキュンキュン来てしまいました ♪
 
次に夕景を見たら
ゴン太さんのことを思い出すに違いありません。

投稿: 花mame | 2010年7月11日 (日) 00:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バラ ・ ピーチアバランチェ | トップページ | 雑感 »