« 凍土が解けた | トップページ | ビバーナム - スノーボール »

2010年6月 8日 (火)

ハートロッカー

あれは 5月のこと。

 

「 オーケストラ ! 」 と言う 映画を観ようと

銀座まで 出かけたのですが

どうやら 上映館を 勘違いしていたらしく

行った劇場では 違う映画が かかっておりまして ・・・ (;´д`)トホホ…

 

せっかく 映画モードで 出てきていることだし

違うものを観ましょう、と 選んだのが

今年のアカデミー賞で 作品賞を含む 6部門を 受賞した

 

      「 ハートロッカー 」

 

かなり 遅ればせながらの観賞、そして 感想です。

 

 

 

ハートロッカーとは

“ HEART ROCKER ” ではなく “ HURT ROCKER ”

 

「 傷ついたロッカー ( 箱、戸棚 ) 」 とは 何ぞや?

 

これは アメリカの隠語で

「 激しい痛みの場所 」、 「 居たくない場所 」 また 「 棺桶 」

と言う 意味なのだそう。

 

ふむふむ ・・・ なるほど。

映画を観ると よく付けたものだ、と 思います。

 

内容は

イラクのバクダッド郊外における 危険物処理班のお話。

 

爆弾処理の準備を終えて 退去する隊員を いきなりの爆発が襲い

彼は 命を落としてしまう。

その彼に代わり、新しい隊員が送り込まれて来る。

そして また、爆弾魔と処理班の間で 果てしない闘いが始まる。

 

 

女性監督とは思えない骨のある内容、と 思っていたのだけれど

場面の表現方法が 割と ソフトタッチ。

そのへん、やはり 女性ならでは、なのかなぁ、なんて 思いながら観てました。

目をそむけるような場面はなく、ある意味 安心して観ていられる映画です。

主人公のジェームス ( ジェレミー ・ レナー ) は 絶対に殉職することはない

( だって 主人公ですもん ) ですしね。

 

唯一、緊張感を持って 観た場面が

砂漠での 敵方との攻防。

 

ジリジリと 焼け付く砂漠で

遠くに見える建物の中の敵と 相対する。

相手が何人いるのかも、どこから弾が飛んでくるのかも わからない状況で

銃が 弾詰まりを起こしたり、目や喉が 渇いたり ・・・ 。

 

おそらくは 何時間もの闘いで

敵方からの反応も なくなり、

日暮れを迎えて ジェームスが 隊員の一人に言った 一言。

「 サンボーン、もう 終わりにしよう。 」

 

この言葉の意味は ちょっと深いものだったのでは、と 思ったのが

これ以前に この二人の間には ちょっとした諍いが あったため。

同じ場所に並んで 同じ敵に 命をかけて向き合っていると

爆弾処理をしている時とは違った

連帯感みたいなものが 生まれたのかもしれない、なんてね。

 

 

役者も よかったし

よく出来た映画だったと 思う。

オススメです。

 

 

また、爆弾処理の時に着る 防護服が 可愛かったの。

土higeさん 曰く、

「 アイアンマンのより ハートロッカーの防護服のQPを 出して欲しいなぁ。 」

 

うん、きっと 可愛いと思うよ (^ー゜)

|

« 凍土が解けた | トップページ | ビバーナム - スノーボール »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

おはにゃお~んcat
おおお!
ご感想、発表☆ですな。

>割と ソフトタッチ

戦争モノにつきものも爆破シーンとかって、
けっこういろんなものが飛んだりしがちなので、
シリアス、ヒューマンな雰囲気で「見てみたいな」と思っても
怖ろしくて見られないものが多いのですよ。
なので、ソフトな描写というのはありがたいですなあ。
それにしても、女性で、
爆弾処理班なんて題材を扱うとは、
スゴイ監督ですよなあ。

>アイアンマンの

えええっ!
そんなのあるの?と検索しました。
タイアップ企画ですか、
いろんなQPさんがいるのですなあ。
あはは。

>ハートロッカーの防護服のQP

こちらの方が、モコモコしてそうですし、
絶対にこちらの方がかわいいでしょうなあ~♪

投稿: ゴン太 | 2010年6月 9日 (水) 09:53

>ゴン太さま
 
おはようございますにゃ。
 
大変遅ればせながら、ですが (*´v゚*)ゞ
 
先日 知ったことですが、 「 K19 」 も 彼女の作品なんだそうですね。
こちらは 実際にあった原子力潜水艦の事故の話でしたが
飛行機の中で観たので
あまりしっかりとは観ていないような気も ・・・ 。
 
ソフトタッチとは言っても 戦争ものですから
それなりにハードな場面もありましたが
こちらの期待?したようなグロい感じはなかったのです。
 
砂漠の攻防のシーンもそうですが
お話は 日常を語るように淡々と進むのです。
戦争の場に於いて日常を語るも変な話ですが
多分 あのような状態が あの場所の日常なんだろうなぁ
なんて事も思いました。
 
アイアンマンは、そう タイアップ商品ですね。
先日行った劇場のスーベニアショップには
サタデー・ナイト・フィーバーのQPがいましたよ (o^-^o)
 
ねね?
防護服QP いい感じでしょ o(*^▽^*)o

投稿: 花mame | 2010年6月 9日 (水) 11:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 凍土が解けた | トップページ | ビバーナム - スノーボール »