« スカビオサ ・ クイーン | トップページ | 雛のつるし飾り »

2010年3月 1日 (月)

ムスカリ

気がつけば、

バンクーバーオリンピックも 閉会式を迎える日となっておりました。 

 

3月に 入りました。

昨日の午後からは 晴れて暖かでしたが

今日は 朝から曇りの寒い日となりました。

でも 外気温は 14度もあるのね。

日中このくらいあれば 洗濯物も 乾いたでしょうに ・・・ 。

 

春は まだ来るのを ためらっているかのようです。

 

 

 

 

人間には まだ感じられない春も

このコには 十分 感じられているようで。

 

 

 

 

 

 

Img_0117 

我がベランダの ムスカリ。

 

実物は 紫に近いブルーの花ですが

上の方のツボミは 透明感のある空色。

こういう種類なんでしょうね。

 

下向きに咲くツボ型の花が 可愛らしい。

しかも 花の口に 白い縁取りがあったりして

何だか 女の子の お洋服の袖みたい。

 

 

 

 

 

 

Img_0143 

こちらは 2月のレッスン花材。

 

 

 

 

Img_0144   

我が家のムスカリとの違いが わかるでしょうかね。

 

 

< プロフィール >

 ・ 分   類 : ユリ科 ムスカリ属

 ・ 原産地 : 地中海沿岸 西南アジア

 ・ 英   名 : Grape hyacinth ( グレープヒヤシンス )

  

 

ヒヤシンスの仲間で 約40種類あり、

ムスカリ ・ アルメニアカム、同 ボトリオイデス、同 ラティフォリウムなどが

花材として出回っているとのこと。

 

  レッスン花材は アルメニアカム種のもののように見えます。

  ・・・ うちのは どうなんだろう??

 

 

 

花は 茎先に 斜め下向きに 密 または まばらに付き、

ツボ状 または 倒卵形の 総状花序をなす。

 

  ※ 花序とは

     主軸に付く花の配列状態のこと。

  ※ 総状花序とは

   主軸が長く伸びて 柄のついた花が間隔を開けて付いているもの。

   例えば フジ、ミモザアカシア、サルビア、スズラン、ヒヤシンス、ルピナスなど。

 

 

 

花に強い芳香のある品種もある。

  レッスン花材の方は よくわからなかったけれど

  我が家の方は 確かに いい香りがします。

 

 

 

花の色は 様々で

青紫系、白、ピンク、黄色なんて言うのも あるそうですよ。

|

« スカビオサ ・ クイーン | トップページ | 雛のつるし飾り »

花 - うちの花」カテゴリの記事

花 - 花材」カテゴリの記事

コメント

おお

ムスカリさん、花mame邸の子は上までかっちり咲いていますね(*^.^*)
それにしても、品のある素晴らしい色合いで見惚れてしまいます。

花って本当にすごいです。
こうなると芸術作品。

投稿: 睡蓮 | 2010年3月 4日 (木) 15:40

>睡蓮さま
 
たくさんのコメントをありがとうございました o(*^▽^*)o
 
うちのムスカリは 実家からもらってきたものなんですが
実家では 増えに増えて ほとんど花畑の邪魔者扱いです^^;
この子は 睡蓮さんにも褒められて 幸せなムスカリです (゚ー゚)
 
うんうん、おっしゃるとおり 花はすごいですよね。
道端の小さな花もよく見ると
素晴らしい芸術品だったりしますもんね (*´v゚*)
 

投稿: 花mame | 2010年3月 5日 (金) 02:00

おおお!
北海道っぽいお花ですな~。
って、もしかして、ムスカリ、ラベンダーで北海道って勘違いっぽくもある?
はは。

>お洋服の袖みたい

確かに☆
メルヘンチックなパフスリーブっぽいですよなあ♪
そう思って見ていたら、
王子様のかぼちゃパンツにも見えてきたり?
こんなに可愛らしいお洋服を着る方は、
きっと妖精さんかなにかでしょうかなあ。
あは。

投稿: ゴン太 | 2010年3月 5日 (金) 14:28

>ゴン太さま
 
ふふ、北海道っぽいと言うのは
ラベンダー プラス スズランみたいなイメージでしょうか o(*^▽^*)o
 
おぉ!
王子様のかぼちゃパンツ!
見えます 見えます。
 
あ~そうですねえ。
ホントに小さなお花ですから
これのお洋服を着るのは
間違いなく 妖精のお姫様王子様ですね ☆゜・。。・゜゜・。。・゜

投稿: 花mame | 2010年3月 5日 (金) 23:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スカビオサ ・ クイーン | トップページ | 雛のつるし飾り »