« 犬ぞり | トップページ | 雪 * 雪 * 降る雪 * 積もる雪 »

2010年1月27日 (水)

寒さがつくる造形 - 「 雪の結晶 」 が 降る街

どうやら 今日の最低気温は 氷点下だった模様の当地です。

とは言っても マイナス 0,4度。

北国の人なら 鼻先で笑うような気温です。

 

 

日中は 12度程になったそう。

明日は 雨模様ながら 気温は16度まで上がるそうですよ。

 

 

 

 

 

さて。

こちらは まさしく氷点下の世界 真っただ中の イナカの話。

 

 

 

Rimg0092 

キラキラキラキラ shineshineshineshine

 

先週の話ですが

某国営放送の 自然を紹介する番組で

ちょうど こんな景色を紹介していました。

 

氷点下15度と言う寒さは

日本で 最も美しいと言われる雪の姿を 私たちに届けてくれます。

 

 
 

Rimg0087 

普通、上空で出来た雪の結晶は

お互いにくっついて ぼたん雪のような塊になって降り、

地面に落ちると すぐに溶け 形は崩れてしまいます。

 

 

 
 

Rimg0088 

しかし、この日の雪は まったく違いました。

雪の結晶が そのまま地上に降って来たのです。

 

キラキラと光る雪の正体は 結晶そのものなのです。

 

 

 
 
 

Rimg0085 

雪の降る季節では

氷点下15度と言う気温は 上空2500mと 同じ寒さです。

 

 

 

 

 

Rimg0090 

それは 結晶が 美しい六角形に成長する気温なのです。

 
 
 
 
 

 
 

Rimg0084 

美しい六角形の結晶は

気温が十分に下がって 初めて

遠い空で生まれたままの姿を 地上でも保つことが出来るのです。

 

 

文字色の違う部分は、その番組のナレーションから。

 

画像の結晶は 5mm程もあったので

肉眼でも しっかりと 結晶を確認することが出来ました。

 

この雪が降る時は

小さな結晶でも 空気の抵抗があるせいか

フリスビーが飛んだ時のように 斜めに降って来ます。

 

11日にアップした記事の大雪も

こんな雪が 降り積もった結果。

 

雪の結晶は 寒さが作る造形の 究極。

我がイナカは、「 雪の結晶が降る街 」 なのです。

|

« 犬ぞり | トップページ | 雪 * 雪 * 降る雪 * 積もる雪 »

北海道の暮らし」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

すごいすごいすごい!!!
雪の結晶のままだ(*´∇`*)

昔一度だけ、こういうの経験あるんです。
舞い降りた雪姫がコートについて
そのまま全部結晶だったんです。
あまりに興奮して、赤信号待ちの見知らぬ親子さんに
見てみて~とやったくらい。

でも、こんなに沢山じゃなくて、雪の結晶が積もって
いる光景なんて人生初です。
すごいものを見せていただきましたー。

投稿: 睡蓮 | 2010年1月28日 (木) 11:32

>睡蓮さま
 
こんにちは。
 
うんうん、コートが濃い色だったりすると
よく見えたりしますよね。
花mameも 何度もコートに付いた結晶を撮ろうと
試みたことがあるんですが
ぼたん雪の塊の中のことが多いのと
衣服は体温が伝わるのか すぐに溶けてしまって
なかなか上手に撮ることが出来ないでいました。
 
睡蓮さんのように
周りの人にも見せてあげられるくらいの
余裕のある結晶って
なかなか あるものじゃありませんよ snow
 
今日の画像の結晶も
少し気温が上がると 形が崩れてしまいます。
朝一番で撮ったのですが
ガラスで出来ているように
しっかりとした形をしていました。
降った時には
チリンチリンと言うか ピンピン、キンキンと言った
高い音を立てて降っていたのでは?
なんて思うほどでしたよ shine

投稿: 花mame | 2010年1月28日 (木) 16:59

うわお!
ファンタスティック!!!

信じられない美しさですぞっ。
肉眼で、こんな結晶が見られるだなんて!
ああ、見たい、見てみたい。
きっと、こういうのを実際に見たことのある人生と
見たことのない人生って違う気がしますですなあ~。
ああ、自然の偉大さ、美しさ。
ああ、結晶のカタチっていろいろなのでしょうなあ~。

朝、お写真を撮って
アップしてくださり、有難うございますですなあ。
花mameちゃんのおかげで、
ゴン太が一生知らなかったであろうことに
ふれられましたですな。
北の地の綺麗な結晶が見られて嬉しいですなあ~。

投稿: ゴン太 | 2010年2月10日 (水) 10:06

>ゴン太さま
 
そんなに感動していただけて
花mameもとても嬉しいです happy01
 
春の雪のように 大きなぼたん雪の中に
比較的わかりやすい結晶の見えることがあるのですが
それは 目を凝らして、
しかも 息がかかると一瞬で消えてしまうので
息を止めつつ見ないといけないのです。
でも、この時の雪は 何せ結晶が大きかったので
光の加減で結晶が浮き出て見えるように
立ち位置を決めるだけのことで
簡単にカメラにおさめることが出来たのですよね。
 
おっしゃるように 結晶の形って本当に様々。
4枚目と5枚目の写真が一番違っていたのですが
わかりますでしょうか。
 
自然が作るものと言うのは 本当に素晴らしいですし
素晴らしい感動も与えてくれますね snow
 
ゴン太さんも この先いつか、どこかで見ることがあるかもしれません。
その時また改めて じっくりと観察してみてくださいな。

投稿: 花mame | 2010年2月11日 (木) 22:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 犬ぞり | トップページ | 雪 * 雪 * 降る雪 * 積もる雪 »