« 2010年も よろしくお願い致します | トップページ | しばれた朝に »

2010年1月11日 (月)

雪遊び

成人の日でございましたねえ。

 

 

新しく大人の仲間入りをされた皆様。

 

大人の世界へいらっしゃいませ~ smile

 

 

何事につけ 自分の事、もしくは 自分のやった事に対し

自分で 責任を持つ。

 

これが 大人であります。

 

 

年齢ばかり 行っていて

そうでない大人も 残念ながら 多い世の中ではありますが

新しく成人になられた皆様方は そうなりませんよう

これからの人生を 歩んでいっていただきたいものだと 思っております。 

 

 

 

さて、

昨日、花mameは 雪と格闘致しました。

 

 

これは ある意味、

空のやった事の尻拭いなわけですが

放って置いても

お空が始末をつけてくれるわけではないので

一念発起、闘って参りました

 

いや~ ホントに 参っちゃった けどね。

 

 

 

 

 

 

1001111005000

物置の屋根の雪が 地上に積もった雪と 繋がっちゃった ・・・ 。

 

 

 

  

 

 

1001111004000  

その屋根から伸びた雪は 内側に巻き込んで

まるで ビッグウエンズディの波の中 のよう wave

 

下に下がるはずのツララが 真横に 向いてますもんね。

 

 

 

 

 

 

1001111007000  

まずは 足場を固める為に 物置の後ろ側の除雪を行い、

屋根の雪も 半分程カットする。

そしたらば

画像のように そそり立つ 雪の壁となりました。

足元からの高さは 2メートルを 軽く越える程。

地上から考えると 3メートルを越えますでしょうかね。

って、屋根の高さがあるので 当たり前か ・・・ coldsweats01

ちなみに 花mameの実家は 街中にあります。

 

 

 

 

 

1001111008000  

そう言われても

この画像では 信じられませんよねえ。

北極か南極かと言うような 真っ白な世界 penguin

かろうじて 上に見える 「 線 」 は 電線です。

 

 

 

 

 

約2時間の闘いの後。

 

 

 

 

1001111013001  

一番上の画像と比べてみると 違いがわかりますでしょ。

 

  

1001111014000 

ビッグウエンズディも 消えました。

 

屋根の上に残った雪は

自然に任せることとして ・・・ 。

暖気が来て 滑り落ちてくれることを 期待。

軒下は かなり低めに掘ったので

しばらくは 繋がることはないでしょう。

 

 

この格闘の副産物として

花mameの 腕やら 肩やら 腰やらに

乳酸が 溜まりまくり ・・・ 。

 

 

あ~ 冬の北海道も 忙しいものです snow

 

 

筋肉痛に 動きも鈍い 成人の日ですが

これから 久しぶりに 友人と楽しんで参ります beer

|

« 2010年も よろしくお願い致します | トップページ | しばれた朝に »

北海道の暮らし」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

すごい・・・すごすぎる!!
ご苦労様でしたねぇ・・
家にも負担がかかりますよね・・
大変な仕事ですね。。

こんなの初めて見ましたよ。。
真横のつららも凄い!

投稿: そらお | 2010年1月11日 (月) 20:35

>そらおさま
 
おはようございます。
  
年末までは そうでもなかったのに
年が改まった途端に たくさんの空からのプレゼントが snow
一気に積もってしまいました。
なので、この上なく真っ白で 綺麗な雪なんですよ shine

大変な反面、綺麗な雪に囲まれて 清々しい気持ちにもなりました。
 
確かに たくさんの雪を乗せておくと、戸の動きにも影響が出ますから
建物への負担も大きいですね。 
 
ふふ、電線の図などを見ると
電線が隠れるほど積もっているように見えますね。
これは写し方なので あしからず confident

投稿: 花mame | 2010年1月12日 (火) 09:26

うわ~寒そう!
そして半端ない雪景色!

たまに雪が舞って、わぁ銀世界~だなどと喜んでいるのとは訳が違いますね。
かなりの重さなんですよね?
本当にお疲れさまです。

投稿: 睡蓮 | 2010年1月15日 (金) 16:06

おはにゃお~んcat
御無沙汰?しておりました、ゴン太です。
あは。

おおお!
すごい!ビッグウェンズディ(映画は未観ですが、はは)。
写真で見ると「スゴイ」とか「キレイ」とか
感想を述べちゃいそうになりますが、
これだけの降雪となると、
雪を下さなければ屋根が壊れてしまいそうですよなあ。
電線とか切れなくて良かったですなあ。
ううむ。
でも、除雪した雪を集める場所に、
お山ができたところを想像すると、
ソリ遊びなんか楽しそうだなあ~、
などと呑気なコトを空想して楽しませていただいたり。
はは。

投稿: ゴン太 | 2010年1月22日 (金) 09:19

>睡蓮さま
 
こんばんは night
いやーーーー!!
貴重なコメントなのに お返事がこんなに遅れて
大変申し訳ありません!!!
 
水曜日に戻ってきたのですが
北の地に滞在中は電波が安定せず
戻ったら戻ったで やることが山積していたことと
思った以上に疲れていて なかなかログインが出来ませんでした。
なんて 言い訳をしたりして ・・・ coldsweats01
本当にごめんなさい。
 
さて、
やはり毎日降られると辟易してしまいますが
雪と格闘することは決して嫌いではないのです。
北海道にいた時は当たり前だったので気づきませんでしたが
信じられなく白く美しい世界なのですね shine
 
重さですが
気温が低くサラサラのパウダースノーなので
固まっても思った程重くはないのですよ snow
どうもありがとうございます confident
 

 
 
 
 
>ゴン太さま
 
こんばんにゃ cat
 
こちらこそ ご無沙汰してましてすみませぬ。
 
同じく未観なのですがイメージだけは伝わるかなぁと wink
この物置の屋根は 後側に向かって下がっていて
その後側から撮った写真なので電線まで届いているようですが
実際は 高さも距離も2メートルは離れているのです。
誤解させるような写し方で申し訳ないです。
 
雪国の家は それなりに雪の重さに耐えられるように
作られているのですが
どんどん積もってくると
さすがに戸の開け閉めに支障が出てくる場合もあります。
 
ふふ、
住宅の屋根や今日の物置の屋根の雪が落ちやすいように除雪したり
または その屋根から雪が落ちたりして
狭い土地の中に すぐ雪が山積みになりますが
なかなかソリ遊びにいいような山は作れませぬ catface
 
そそ、20日は こちらでも18度まで上がりましたが
イナカでは雨が降ったそうで
おかげでこの屋根の雪も住宅の屋根の雪も
綺麗に落ちてくれたそうですよ happy01

投稿: 花mame | 2010年1月23日 (土) 22:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2010年も よろしくお願い致します | トップページ | しばれた朝に »