« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

睦月

早くも 今日で 1月も終わりです。

 

先月の今日は 大晦日。

ものすごく忙しい思いをしていたのが 昨日のことのようなんですが。

 

こんな調子で 2月も 3月も 過ぎていくのでしょうね。

 

そして 気が付いたら きっと

大晦日になっているんです。

 

いあいあ、冗談ではなく

あっと言う間のことですよ。

 

ですから

毎日 充実した日を 過ごしていきましょうね。 

 

 

 

さて。

1月の最終日になってから

今月のレッスン報告です。

 

 

 

 

 

 

Rimg0104 

今年は 枝物を使ったアレンジを

たくさん取り入れていきたい、と 言うことで

まずは こんなアレンジにしてみました。

 

濃淡のチューリップが 春らしいと評判でした。

 

 

< 使用花材 >

 ・ チューリップ ( クリスマスドリーム、 ピンクダイヤモンド )

 ・ アリウムコワニー

 ・ キイチゴ

 ・ ゲイラックス

 ・ スパニッシュモス

 

チューリップの 柔らかな茎のラインを 使いたくて

使用前に 少し 水を落としておきました。

オアシスに挿して水が上がれば また シャンとしますが

その場では たおやかな茎を 見せたくて。

 

もちろん

水が上がった時の チューリップの花の位置は

計算してありますよ tulip

| | コメント (2)

2010年1月30日 (土)

今年の凍土

「 酒のせいで 皆さんのご迷惑をかけまして ・・・ 」 って。

 

 

 

 

 

 

酒のせいに するなぁぁああああ sign03

 

 

 

 

酒は なぁあああんにも 悪くはないっ sign03

 

 

 

 

酒を飲みすぎた 「 アンタ 」 に 問題があるんじゃいっ sign03

 

 

 

 

 

 

 

 

格闘家でありながら

人に手を上げるなど 許されることではないのです。

アンタの腕や力は 一歩間違うと 凶器なんだからね。

 

あぁ、それにしても 情けなや ・・・

そんな人物を 最高位に押し上げた協会 ( 横審 ) も 角界も。

 

協会自身も 何だかわからないけど もめてるようですしね ・・・ 。

 

 

相撲って もっと神聖な競技だと思ってたんですが

思い違いでしたわね。

 

 

 

ちなみに

花mame母は 千代大海関が 好きだったようで

これからの相撲に楽しみがなくなった と

引退を ことのほか 残念がってました。

 

土hige母は、と 言いますと

どうやら 日馬富士が お好みのようです。

 

花mameは 舞の海が 大好きでしたね。

今の大相撲は 花mameにとっては ちょと 魅力に欠けます。

 

 

 

さてさて。

今日も 前置きとは何の関係もない 本題へと ・・・ run

 

 

  

1001251814000  

これも、ちょと 「 魅力に欠ける 」 絵面ですわね。

 

昨年7月に漉した イナカ土

またもや 陶土になる前に 凍土となって 冬越ししているの図です。

 

このバケツは 「 雪遊び 」 の記事にあった 物置の中に置いてあるのですが

ほぼ連日 マイナス10度以下の世界ですから

凍って 当たり前なのですね。

 

画像の土の上から 薄く輪になっている部分までが 約 10 ㎝。

それが 凍った水分です。

確か 漉した後、

土の上ギリギリにしか 水は なかったはずなのに

土の中の水分と言うのは 結構な量 あるものなのですね。

 

この夏こそ、陶土に 仕立てなくては。

 

 

 

1001251814001  

こちら、このバケツにしている蓋。

しずくまでもが ひとつひとつ 綺麗に凍ってる。

バケツが壊れずに 蓋が開いてよかったなぁ と

今になって 思ったりしてます。

| | コメント (2)

2010年1月28日 (木)

雪 * 雪 * 降る雪 * 積もる雪

今日は 確か

久しぶりの お湿りがある予定だったのだけれど

今のところ、雨の 「 あ 」 の字も 降って来ない当地です。

 

う~ん。

気象情報では ☆マークが出てたりして

これからも 降る様子はなし。

まぁ、太平洋側の冬らしい気候なのだけれど

こんなに降らなくて 大丈夫なんでしょうかね sprinkle

 

 

 

 

さて。

連日 雪の話題で 申し訳ない。

 

花mameさん、実は まだ北海道にいるんじゃないの?

てな 具合ですわね。

 

いや、ちゃんと戻ってきてますよ confident

 

 

 

 

昨日の結晶が 降り積もると ・・・

 

 

 

Rimg0036 

こんな感じ。

 

これ、土higeさんちの前なのだけど

道路に積もった雪を

朝、ブルが 除けていくわけですが

その雪を 押しつけ続けるものですから

壁の高さが 2メートル以上になってしまいました。

 
 

 
 

Rimg0080 

いつも載せている 雪原と 木ですが

 

 

 

 

 

 

Rimg0081 

実は、花mame家の窓から見える 隣の屋根と

その向こうにある 桜の木。

この屋根の雪の高さは おそらく1メートルほど。

屋根も さぞ 重いことでしょうな。

北海道の家は このくらいの雪が乗っても大丈夫なように

頑丈に作られております。

 

 
 
 

 

Rimg0033 

さて、こちらは

かなり古い写真に見えますが

土higeさんちの前で 1月の初め頃に 写したもの。

 

画面に転々とあるのは 降っている雪です。

モノクロだと 写るんですねえ。

 

そして

道を歩いているのは 隣のおばあちゃん。

このお方は かなり古いですよ。

うん、多分 昭和初期のお方です catface

| | コメント (2)

2010年1月27日 (水)

寒さがつくる造形 - 「 雪の結晶 」 が 降る街

どうやら 今日の最低気温は 氷点下だった模様の当地です。

とは言っても マイナス 0,4度。

北国の人なら 鼻先で笑うような気温です。

 

 

日中は 12度程になったそう。

明日は 雨模様ながら 気温は16度まで上がるそうですよ。

 

 

 

 

 

さて。

こちらは まさしく氷点下の世界 真っただ中の イナカの話。

 

 

 

Rimg0092 

キラキラキラキラ shineshineshineshine

 

先週の話ですが

某国営放送の 自然を紹介する番組で

ちょうど こんな景色を紹介していました。

 

氷点下15度と言う寒さは

日本で 最も美しいと言われる雪の姿を 私たちに届けてくれます。

 

 
 

Rimg0087 

普通、上空で出来た雪の結晶は

お互いにくっついて ぼたん雪のような塊になって降り、

地面に落ちると すぐに溶け 形は崩れてしまいます。

 

 

 
 

Rimg0088 

しかし、この日の雪は まったく違いました。

雪の結晶が そのまま地上に降って来たのです。

 

キラキラと光る雪の正体は 結晶そのものなのです。

 

 

 
 
 

Rimg0085 

雪の降る季節では

氷点下15度と言う気温は 上空2500mと 同じ寒さです。

 

 

 

 

 

Rimg0090 

それは 結晶が 美しい六角形に成長する気温なのです。

 
 
 
 
 

 
 

Rimg0084 

美しい六角形の結晶は

気温が十分に下がって 初めて

遠い空で生まれたままの姿を 地上でも保つことが出来るのです。

 

 

文字色の違う部分は、その番組のナレーションから。

 

画像の結晶は 5mm程もあったので

肉眼でも しっかりと 結晶を確認することが出来ました。

 

この雪が降る時は

小さな結晶でも 空気の抵抗があるせいか

フリスビーが飛んだ時のように 斜めに降って来ます。

 

11日にアップした記事の大雪も

こんな雪が 降り積もった結果。

 

雪の結晶は 寒さが作る造形の 究極。

我がイナカは、「 雪の結晶が降る街 」 なのです。

| | コメント (4)

2010年1月26日 (火)

犬ぞり

当地は 昨夜から 強い風が吹いてまして

それが 日中も続き、

抜けるような青空ではありましたが

寒い1日となりました。

 

そんな中、

隣町の役場まで 出かけてまいりました。

行きはバス、帰りは歩き。

結構な距離だと思っていたのですが

家まで 30分弱。

晴れた日の ちょっとしたお散歩と言う感じで

いい運動となりました。

 

 

 

 

さて。

本日は 久しぶりのつちもの。

 

 

 

1001251811000  

実家にあった 「 耳つぼ 」 です。

名前は 単に 「 耳 」 のついた 「 つぼ 」 だから。

以前の耳つぼは コチラ で。

 

ブレンド土 手びねり。

大きさは 測って来なかったので 正確にはわかりませんが

φ 4 ㎝ H 4 ㎝  と 言ったところ。

手の平に乗る大きさです。

 

タイトルの 「 犬ぞり 」 は 描いてある絵です。

携帯カメラの画像だし、

透明釉なので 光るし 映り込むしで

はっきりしないのだけど ・・・ 。

 

 

 

 

 

1001251812000  

3連の犬。

 

 

 

 

1001251813000  

そり と 人。

 

 

今度 帰省した折には

デジタルカメラで きちんとした写真を撮ってくることにしましょう。

 

今日のイナカは

この犬ぞりが似合うような

地吹雪の一日だったそうですよ snow

| | コメント (2)

2010年1月25日 (月)

しばれた朝に

今年に入ったのは つい先日のことと思っておりましたが

すでに 1月も後半戦、

ホント、日の経つのは 早いものですね。

 

その月も 残すところ1週間と言うのに

今年3本目の記事とは ・・・ いやはや ・・・ 。

 

1年は 1月から 始まるもの。

今年の過ごし方は 1月に於いて 決まるような気がするのですが

そう言う意味で言うと

今年の < つち * はな > も

去年以上に 更新頻度が低くなりそうな予感。

 

いや、

そう ネガティブに考えるものでもないですわね。

その残り1週間を 頑張っていくことに致しましょう sign01

 

 

 

 

さて。

 

花mame、先週の水曜日に 帰京致しました。

帰省していたら 帰省していたで

帰京したら 帰京したで

何やら バタバタとしている 相変わらずのバタmameでして

本当に 本当に すっかりのご無沙汰 申し訳ありません。

 

20日程 北の人となっていたのに

上げた記事が たったの4本 ・・・ 。

何が、「 当面 北海道ネタになる可能性が 大 」 だ ・・・

なんて 一人で 突っ込んでみたり。

 

なので 遅ればせながら

北海道ネタを 織り込みつつ 書いていきたいと思います。

 

 

と言うことで、タイトルからも おわかりのように

今日は 100%北海道ネタです。

 

 

 

 

何度も書いているので 耳にタコ状態な方も多い とは思うのですが

花mameのイナカは 北海道の中でも 厳寒の地であります。

 

最近は 温暖化の影響なのか

マイナス30度を超える日も 少なくなってきていますが

それでも 年に数日は マイナス30度近くまで行く日も あったりします。

 

関東あたりの感覚で言うと

2月と言えば 梅もほころび、春の足音も 聞こえる頃となってくるのですが

北海道の2月は 一番 寒さの厳しい時。

もうすぐ そんな月がやってきます。

 

 

 

とは言え、1月も 侮れず。

先々週のことですが

マイナス22度程まで 下がりました。

今年は 暖冬と言われていましたが

さすがのイナカでも いきなり こんなに下がられると

いや~ シバレたねぇ、なんてのが 挨拶代わりになったりします。

 

シバレがわかるのは 朝になってからではなく

その前の日から なんですけどね。

 

日中 非常によく晴れていると

夜になって 放射冷却現象 と 言うのが起きます。

晴れると 地表の熱を遮断する雲などがないため

どんどん 熱が逃げて行ってしまう。

つまりは 地表が どんどん冷やされて 気温が下がる と言うわけです。

 

 

 

その結果、

 

Rimg0069 

オンコの木が こんな霜をまとった姿になったり

 

 

 
 

Rimg0072 

これは 冬囲いをした 単に木の棒なのに

こんなのにも 霜が付いたり

 

 

 
 
 

Rimg0073 

モクレンの立木も 霜をまとっていたり。

でも 木の先の方には すでに芽が大きくなっているのです。

北の木は 強い。

 

 

 
 
 

Rimg0075  

シャクナゲは 今年も こんな状態。

 

 

 

 

 

1001251810000   

そして そして

今回の ルソーの氷ガラス。

毎度 少しずつ模様が違います。

 

 

どれも シバレた朝に見られる光景です。

 

 

 

そんな日は。

 

 

 

 

Rimg0037 

猫は ストーブの前で 丸くなる ・・・ cat

 

 

 

 

中には こんなコも。

 

 

 

 

 

1001251816000  

綿入れの中で ぬくぬくです。

| | コメント (4)

2010年1月11日 (月)

雪遊び

成人の日でございましたねえ。

 

 

新しく大人の仲間入りをされた皆様。

 

大人の世界へいらっしゃいませ~ smile

 

 

何事につけ 自分の事、もしくは 自分のやった事に対し

自分で 責任を持つ。

 

これが 大人であります。

 

 

年齢ばかり 行っていて

そうでない大人も 残念ながら 多い世の中ではありますが

新しく成人になられた皆様方は そうなりませんよう

これからの人生を 歩んでいっていただきたいものだと 思っております。 

 

 

 

さて、

昨日、花mameは 雪と格闘致しました。

 

 

これは ある意味、

空のやった事の尻拭いなわけですが

放って置いても

お空が始末をつけてくれるわけではないので

一念発起、闘って参りました

 

いや~ ホントに 参っちゃった けどね。

 

 

 

 

 

 

1001111005000

物置の屋根の雪が 地上に積もった雪と 繋がっちゃった ・・・ 。

 

 

 

  

 

 

1001111004000  

その屋根から伸びた雪は 内側に巻き込んで

まるで ビッグウエンズディの波の中 のよう wave

 

下に下がるはずのツララが 真横に 向いてますもんね。

 

 

 

 

 

 

1001111007000  

まずは 足場を固める為に 物置の後ろ側の除雪を行い、

屋根の雪も 半分程カットする。

そしたらば

画像のように そそり立つ 雪の壁となりました。

足元からの高さは 2メートルを 軽く越える程。

地上から考えると 3メートルを越えますでしょうかね。

って、屋根の高さがあるので 当たり前か ・・・ coldsweats01

ちなみに 花mameの実家は 街中にあります。

 

 

 

 

 

1001111008000  

そう言われても

この画像では 信じられませんよねえ。

北極か南極かと言うような 真っ白な世界 penguin

かろうじて 上に見える 「 線 」 は 電線です。

 

 

 

 

 

約2時間の闘いの後。

 

 

 

 

1001111013001  

一番上の画像と比べてみると 違いがわかりますでしょ。

 

  

1001111014000 

ビッグウエンズディも 消えました。

 

屋根の上に残った雪は

自然に任せることとして ・・・ 。

暖気が来て 滑り落ちてくれることを 期待。

軒下は かなり低めに掘ったので

しばらくは 繋がることはないでしょう。

 

 

この格闘の副産物として

花mameの 腕やら 肩やら 腰やらに

乳酸が 溜まりまくり ・・・ 。

 

 

あ~ 冬の北海道も 忙しいものです snow

 

 

筋肉痛に 動きも鈍い 成人の日ですが

これから 久しぶりに 友人と楽しんで参ります beer

| | コメント (5)

2010年1月 6日 (水)

2010年も よろしくお願い致します

早いものですねえ。

2010年が明けて もう 6日目、

明日は 七草を迎えます。

 

ご無沙汰致しておりました。

花mameです。

 

新年が始まってから 初の記事を 6日にアップなんて

何とも ダラダラとした花mameを よく表しておりますわね。

 

今年も こんな感じでやっていくと思いますが

何卒 よろしくお付き合いくださいませ。

 

 

ところで、我がイナカですが

発達した低気圧のおかげで

昨夜あたりから 風が強まって来て

今日など 朝から吹雪模様。

 

        土higeさんが 帰京する日だったので

        数年前の JRが止まったことを 思い出し

        交通機関の遅れを 心配していましたけど

        15時頃、何事もなく 羽田に着いたとのこと、

        ひとまず 安心したところです。

        その後、会社に行って 一仕事らしいのですが

        世の仕事ビトとは 大変なものですわね。

 

 

話を戻して

当地にしては 珍しく 重く湿った雪が降り続いて

短時間に 軽く20センチは 積もってしまい、

何度も  雪かき( 除雪 ) を する始末。

明日まで こんな天気が続くそうです。

 

 

 

東京方面は、と言うと

ニュースなどで見るに とてもいいお天気だった様子。

富士山も くっきり見えたことでしょう。

 

 

 

と 言うことで

1月のお歌の会のお題は 「 富士山 」 。

 

 

 

 

 

Img_010202 

やはり 富士
 
雲も 認める
 
日本一

 

 

新年早々 お粗末 catface

| | コメント (6)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »