« 空の上より 観光 02 | トップページ | バラ コーヒーブレイク »

2009年12月 7日 (月)

バラ ハロウィン

Img_0117 

遅ればせながら

先々月のレッスンの 使用花材のひとつを ご紹介。

 

これは ピンクなのか 紫なのか ・・・ 。

 

外側の花弁は

濃いピンクで 縁取られているみたい。

少し緑がかったような色のものもあります。

 

 

 

Img_0109 

数日後。

外側の花弁が 少し開いてきました。

 

しかし これ以上 開くことはなし。

聞くところに寄ると

切花にしてしまうと

それ以上 開くことはないのだとか。

 

満開になると

ちょっと尖った花弁が 外側に反って

何とも 品のいい形のバラとなります。

 

 

 

 

しかし、何ゆえ ハロウィンと言う名?

ハロウィンの時季のみに咲くバラなのでしょうか?

 

いつもいつも

バラの名前には 不思議を感じます。
 
 

|

« 空の上より 観光 02 | トップページ | バラ コーヒーブレイク »

花 - 花材」カテゴリの記事

コメント

おはにゃんcat

ハロウィン…?
カボチャを思わせる、オレンジ色ってわけでもないし、
キリスト教のいわれにちなんでたりするのでしょうかな?
ううむ。

バラの花ってきれいですよなあ~。
見ているだけで幸せになる感じ。
このバラも綺麗だなあ。
それにしても、茎を切ると花が開かないなんて
デリケートな種類なのでしょうかなあ。
あは。

投稿: ゴン太 | 2009年12月 8日 (火) 09:36

>ゴン太さま
 
いつもいつも ありがとうございます confident
 
ね?
不思議ですよね。
きっとハロウィンと繋がる
何かの理由があるのだとは思うのですけどもね。
 
バラは 花の女王と言う感じで
昔は それほど好きではなかったんですが
お花を扱うようになってから
一口にバラと言っても 色、形、大きさ、香りなど
様々な種類があって
そのひとつずつを見ていくと
何とも 愛おしいような気持ちになりましてね。
その歴史とか作り手さんの努力などを考えると
ますます大切に 気持ちを込めて
扱わなくてはいけないなぁと思ったりしますね。 
 
あ、これはバラだけに限りませんね bleah
 
切ってしまうと開かないとなると
切る時期も考えなくてはいけないし
やはり 作り手さんは大変なのだなぁと思います。

投稿: 花mame | 2009年12月 8日 (火) 14:22

こちらはハロウィンっていうのですか(*^.^*)
これまた美しい~。

あ、そういえばバラって切り花にすると水があがりにくいのか栄養のせいかわからないですけど開きづらいですよねぇ。私、いつも水に入れる活力剤的なものを入れるのですが、そうすると開いたりするんですよ。

話は戻りますがハロウィンというとオレンジ色を想像しますが、こちらは綺麗なピンクのような緑のようなで、不思議な命名ですねぇ。

投稿: 睡蓮 | 2009年12月 8日 (火) 16:40

>睡蓮さま
 
こちらにも ありがとうございます confident
 
不思議な名前ですよね。
なんでなんだろう??
 
バラと言えば 睡蓮さんですもんね happy01

そう、切り花にすると
開かずに終わる子もいたりするのですよね。
そう言う場合には おっしゃるように活力剤 note
花mameは 市場の仲卸店からPATと言う
洗剤でお馴染の花○から出ている活性剤を購入して使っています。
これだと 開かなそうだなぁと思ったバラのツボミも
開いてくれることが多いのです。
 
今回は 活力剤を使わずに終わってしまったので
次回は是非 使ってみたいと思います notes

投稿: 花mame | 2009年12月10日 (木) 01:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 空の上より 観光 02 | トップページ | バラ コーヒーブレイク »