« 空の上より 観光 01 | トップページ | バラ ハロウィン »

2009年12月 6日 (日)

空の上より 観光 02

昨日の続きです。

 

津軽海峡あたりから

日が暮れかかって来たせいもあるし

ちょっと薄い雲が かかってきて

青森のマサカリ ( 下北 ) 半島も

北海道の渡島半島も 霞んで よく写せませんでした。 

函館山のあたりも 微かに見えたんですけどね。

 

 

 

Rimg0018_2 

そんな中

北海道で 最初に目に飛び込んできたのは 駒が岳

標高1131mの 活火山なのだそう。

元々は 富士山のような形をしていたけれど

たび重なる噴火で 頭の部分が 吹き飛んでしまったのだとか。

見る方向によって 形が違うので

小学生の写生大会などで この絵を描くと

形を見ただけで どこの小学校かわかる、

なんて話を聞いたことがあります。

 

 

 
 

Rimg0020 

真ん中から 若干 左寄り、

白い円形の中に 島のようなもののあるのが わかるでしょうか。

これが 洞爺湖 ( カルデラ湖 ) です。

面積は 日本で 9番目、

カルデラ湖としては 3番目の大きさだそうです。

 

そこから 右の方に行くと

蝦夷富士と呼ばれる 羊蹄山 が 見えます。

 

 

 
 
 

Rimg0022 

これが 日本百名山のひとつ、羊蹄山。

標高1898m、円錐形の成層火山。

頂上には 周囲約 2 ㎞の火口があるそうです。

 

この霞み具合、

何だか 襖絵のようですわね。

 

 

 

 
 
 

Rimg0026_2 

奥が 羊蹄山、

手前、白く雲のかかっている所にある山が 樽前山

標高1041mの 活火山です。

 

その奥に 白っぽく広がるのが 支笏湖

最大深度 360m余の 洞爺湖と同じ カルデラ湖です。

面積は 日本で 8番目、

カルデラ湖としては 屈斜路湖に次いで 2番目の大きさだそう。

 

 

 
 
 

Rimg0029 

夕景に浮かぶ羊蹄山。

蝦夷富士と付いたのが よくわかるスタイルですねえ。

 

 

 
 
 

Rimg0033 

こちら 大雪山系

 

飛行機が着陸する寸前には

夕日を受けて オレンジ色に輝く 山並みが 見えたのですが

空港の外に出た時には

すでに日も落ちて 青味がかった色合いと なっていました。

 

 

空からの風景も いいものですよね。

今回のように 地上が見えないことの方が多いのですが

綿のような雲の上で

その形や 色の変化を見るだけでも 楽しめるものです。

 

また 機会があれば

違う景色も 写してみたいと思います。

|

« 空の上より 観光 01 | トップページ | バラ ハロウィン »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

空からのお写真。
いまさらですが、
撮影するのってものすごく大変だったろうな、と分りましたですな。
東京と函館を約1時間半で移動できるのですから、
お山や湖が見えているのなんて
ホントに本当に一瞬なのでしょうなあ。
ゴン太でしたら、飛行船で飛んでいても
場所確認ができずに終わりそうです。
花mameちゃん、すごい。

どのお写真も、やわらかいベールがかかっていて
幽玄といいますか、いい雰囲気ですよなあ~。
快晴は快晴で良い風景だと存じますが、
雲があると、神聖さが増すというか。

ああ、飛行機の旅、いいですなあ~。
航空券がもっと安くなったらいいのに。

投稿: ゴン太 | 2009年12月 8日 (火) 09:23

>ゴン太さま
 
こんにちにゃん cat
 
いあいあ、
座った位置がよかったせいもあると思うんですよ。
ちょうど翼の前でしたから
かなり遠くから確認しつつ撮影出来たのです。
いずれにしても 晴れていればこそ、のことですね sun
 
あぁ、幽玄!
確かに そんな感じです。
さすがゴン太さん!!
これぞピッタリのお言葉です。
 
> 雲があると、神聖さが増す
うんうん。
仙人がいても 不思議がない風にも見えたりしますね catface
 
そうなんですよ airplane
料金が どうにも高い ・・・ 。
この年末の帰省には
ひと財産が航空券に消えてしまいます dollar

投稿: 花mame | 2009年12月 8日 (火) 14:09

空の上からのお写真はなんとも美しいですねぇ。
空気が澄んでいるせいか、写真を通しても透明感が損なわれていなくて、身がピーンと引き締まる思いがします^^

紫やピンクや幻想的でモネさんの絵でも見ているかの気持ちです^^スバラシイ

投稿: 睡蓮 | 2009年12月 8日 (火) 16:42

>睡蓮さま
 
お褒め頂き 嬉しいです confident
 
あは、確かに モネの絵のようですね。
この霞み具合、
カメラが雲で白内障状態だったんですね camera
 
きっと真冬の天気のいい時などは
もっと空気も澄んでいて
緊張感のある写真が撮れるのかもしれませんね。
いつか撮ってみたいものです shine

投稿: 花mame | 2009年12月10日 (木) 01:16

もう感激しまくりです。
飛行機の旅がしたいとつくづく思います。
雲の中に顔を出している山も、それぞれに違う表情で・・・
何とも幻想的でなおかつ美しくて私も体験したいです、いつかきっと。

樽前山も、全然違って見えます。
お写真見せていただけて、本当に有り難うございます。
また、飛行機からのお写真撮してくださいね~~~

投稿: れいこ | 2009年12月15日 (火) 21:31

>れいこさま
 
こんにちは。
 
こちらこそ 見に来ていただきありがとうございます confident
そんなに感劇していただいて
とても嬉しいです happy01
 
かく言う花mameも 見ていて感激致しました。
否応なく 年に何回かは飛行機に乗るのですが
窓際に座れることは少なく
こんなに視界良好なこともまた 少ないのです。
 
樽前山が見えた時には れいこさんを思い出して
是非 見ていただきたいなぁと言う思いで
写真を撮りました。
 
れいこさんも 是非いつかは乗って
ご自分の目で眼下を見てみてくださいね。
きっと 感激もひとしおだと思います shine

投稿: 花mame | 2009年12月17日 (木) 15:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 空の上より 観光 01 | トップページ | バラ ハロウィン »