« 節約菜園 その後 | トップページ | 優勝 »

2009年10月 6日 (火)

雨の日に 雨の歌を

Dscn7679 

Talkin' to myself and feelin' old

Sometimes I'd like to quit

Nothing ever seems to fit

Hangin' around

Nothing to do but frown

Rainy Days and Mondays always get me down.

 

 

          独り言を言うなんて 年を取ったわって思う。

          時々 こんなこと終わりにしたいって思うの。

          何て言うか しっくり来ないのよ。

          何も手に付かず ボーっと過ごしてしまう。

          しかめっ面をしながら。

          雨の日と月曜日は いつもいつも 気が滅入ってしまうわ。

 

 

カーペンターズの

「 雨の日と月曜日は 」 です。

 

 

いや、今日は 月曜日ではなく 火曜日だけどね。

雨の日には 違いない rain

しかも 大きな台風まで近付いている typhoon

気圧も 下がれば

テンションも 下がってしまいますわ down

 

 

雨を見ながら

雨の歌って 何があるかなぁ って

考えてて思いついたのが この曲だった。

 

他には

 

「 悲しき雨音 」

    Listen to the rhythm of the falling rain,

    Telling me just what a fool I've been.

 

 この曲は 出だしで やられちゃいますわね。

    降りしきる雨音のリズムを聞くと

    お前はなんて馬鹿なんだって 言われてるようだ ・・・ って。

 

 て ことは、

  花mameは 今

 雨の音に 相当 罵倒されてますわ。

 

 

「 雨を見たかい 」

 車のCM 曲で使われたりしてた

 ベトナム戦争への反戦歌ですね。

 爆弾 ( ナパーム弾だったかな ) を 雨に例えた歌ですな。

 

 

「 雨に濡れても 」

 「 明日に向かって撃て 」 の テーマ曲ですわね。

 ポール ・ ニューマンと キャサリン ・ ロスが

 自転車に乗って 野原を走るシーンが

 あの映画の中にあって ポッと 心温まる場面だったりします。

 

 

後は ・・・

 

「 黄昏のビギン 」

 しっとりとした 雨が降っている 大人なイメージ の曲。

   「 二人の肩に 銀色の雨 」 とか

   「 濡れた ブラウス胸元に 雨のしずくか ネックレス 」

   

                      あ~ 昭和ですわねえ ・・・ さすが 永六輔。

 

 

 

「 雨音はショパンの調べ 」

 おぉ、ショパンまで引っ張り出してきたか。

 人は 雨音を 様々なものに例えちゃいますね。

 

  耳をふさぐ 指をくぐり 心 痺らす 甘い調べ

  止めて あのショパン 彼にはもう会えないの ・・・

 

あら?

雨が 出てこない。

大丈夫。

2番目の歌詞に 出てきた。

 

  ひざの上に ほほをのせて 「 好き 」 とつぶやく 雨の調べ

  やめて そのショパン 想い出なら いらないわ

 

サビの部分にも しつこい程 「 Rainy Days 」 が 出てくるしね。

 

この歌は もともと ガゼボと言う人が歌っていた

「 I like Chopin 」 の 日本語版。

今、改めて 歌詞を検索してみたけど

ユーミンの作詞 ( 訳詞ではない ) の方が ずっと いいですわね。

カラオケで カッコつけて 英語で歌うも いいけれど

英語に堪能な人が聞いたら 「 ぷ 」 ってな感じかもしれない。

 

 

10月に入っちゃったけど

 「 九月の雨 」   

            セプテンバ~レイン レイ~ン~♪

   

 

 雨の日の夜に 車に乗っていて

 ワイパーが ウィンドウを横切る前の

 雨ににじんだ街の灯などを見てると

 つい 口ずさみたくなる歌です。

 

 

 

Dcsa1556

                    セプテンバ~ レイ~ン~♪

                          九月の雨は 冷たくて~

                    セプテンバ~ レイ~ン~♪

                          九月の雨は 優しくて~

 

 

 

 

「 雨上がりの夜空に 」

 この雨に やられてぇ~え

 エンジン いかれちぃまったぁあ

 おいらのポンコツぅ とぅとぅ つぶれちまぁったあ~♪

 

清志郎さん、すでに 故人なのね。

 

 今夜は こうあってほしいけど

    数日は無理そうだ。

        ↓

 

OH~ 雨上がりの夜ぉ空にぃ 輝くぅ

WOO~雲の切れ間にぃ ちりばめたぁ~ ダイヤモンド~

 

OH~ 雨上がりの夜ぉ空にぃ 輝くぅ

WOO~ジンライムのよう~なぁ お月さまぁ~

 

こんな夜にお前に乗れないなんてぇ~

こんな夜に発車できないなんてぇえ~

こんな夜にお前に乗れないなんてぇ~

こんな夜に発車できないなんてぇえ~ 

|

« 節約菜園 その後 | トップページ | 優勝 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。
あー雨ですねぇ。
お月見の日は本当に綺麗な晴れだったのに
次の日はもう雨なんて・・・・。

私は雨というとつい・・・「雨の慕情」うげっΣ( ̄□ ̄!)きたか!ザ・昭和!ですかねぇ。

「氷雨」
三好英二(?)こんな字だったかなぁ。の「雨」
・・・って題じゃなかったかなぁ?
もうね、こうなるとうろ覚えになってます。

息子に聞くと「ドビュッシーの雨」だそうです。

はぁ・・・雨は本当に身体がスッキリしませんねぇ。
♪この雨にやられてぇ~私もいかれちまったぁ~♪です。トホホ・・・sad

投稿: kerokero | 2009年10月 6日 (火) 14:10

>kerokeroさま
 
こんにちは。
 
雨ですねえ ・・・ rain
お月見は 雨雲も避けてくれたと言うことでw
 
雨の慕情。
kerokeroさん、今日は NGですわよw
雨 雨 降れ 降れ も~っと降れ~♪
それは ちとマズイですw
 
三善英史氏は
どうやら 「 雨 」 のようです。
18歳で歌っていたのですねえ。
今に比べると 何とアダルティーなw
「 氷雨 」 は 佳山明生と日野美歌でしたね。
 
息子ちゃま、ドビュッシーとはさすがです happy01
 
あは、
あまりイカレ過ぎませんよう
御自愛くださいませ confident

投稿: 花mame | 2009年10月 6日 (火) 15:50

こんにちは~
こちらは本日、台風がすごかったですが
そちらはどうでしょう。なんともなかったですか?

なさけないことに

しとしとぴっちゃん しとぴっちゃん・・・

こんな歌しか浮かんでこない私です。

投稿: 睡蓮 | 2009年10月 8日 (木) 17:26

>睡蓮さま
 
こんばんは。
 
台風は 午前3時半頃に風が強くなり 目が覚めましてね。
朝のうちは 雨も伴って嵐の様相でしたが
午前のうちに晴れました。
いまだに風は強いのですが。
台風の位置によって風向きが変わりましたね。
 
こちらより
そちらの方が大変そうに見えましたが
大丈夫だったでしょうか。
 
 
さて、雨。
あは、
花mameは 時間がたくさんあって 色々考えましたが
睡蓮さんは こちらで一瞬の間に考えられたのですからw
それも確かに雨の歌ですよ rain

投稿: 花mame | 2009年10月 8日 (木) 18:15

おおお!
雨の歌、オンパレード♪ですな。
あは。

お外で「雨」が降っていて、
雨の「歌」が連想されるだなんて、
花mameちゃん、流石は芸術家さんですな!

ゴン太が思いつくものといえば
「あめ あめ 降れ 降れ 母さんが~♪」
の、童謡くらいですかなあ…。
雨、あめ、飴……。
ははは。

投稿: ゴン太 | 2009年10月14日 (水) 13:07

>ゴン太さま
 
こんばんにゃ cat
 
いあいあ、芸術家なのではなく
単に暇だったのでしょうなぁ happy01
 
雨 雨 降れ 降れ も
思いつきましたよw
 
これからは 秋雨の季節。
雨が降るたびに考えて記事にしていたら
雨の歌が なくなってしまうかもですねw
また違う歌を考えつつ 外を眺めることにしましょうw
 
飴で 思いつくのは ・・・
 
のどくろ~飴ぇ~♪
ですかね smile

投稿: 花mame | 2009年10月14日 (水) 17:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 節約菜園 その後 | トップページ | 優勝 »