« クロッカス ・ クロッカス | トップページ | フシギな光景と ・・・ »

2009年4月14日 (火)

日陰の雪

前回の記事で ちょっと触れた 2メートルの雪。

 

一昨日、昨日と 暖かかったので 少しは解けたけれども

約2メートル感は 伝わるかなぁ ・・・ ?

 

こんな感じです。

 

 

 

 

0904131151000  

右端下に チラッとあるのは 花壇のふちの縁石です。

 

 

0904131152000  

逆方向から。

屋根から雫が落ちいていた所は まだガチガチの氷状態。

 

あちこち 少し茶色や 黒っぽくなっているのは

道路の砂埃や土埃が 雪の上に 乗ったもの。

天然の融雪剤となって 雪を解かして行くのです。

 

0904131153000  

日陰は やっぱり解けにくい snow

今年は 例年より 50 cm ほど 積雪が多かったとか。

この残雪を見れば わかりますわねえ ・・・ 。

5月まで 残っていたりして coldsweats01

もし そうだったら またネタに致しましょう bleah

 

 

 

 

さてな。

 

 

 

 

0904131155000  

先日より 更に咲いたので 再びのアップ。

増えてるでしょう?

そのうち うちの春の花畑は

クロッカス畑になるんじゃないか って言うような勢いです。

 

 

 

 

 

0904131155001  

そして こんなのも 出てきましたよ bud

コレの正体は何か、と言うのは また次回。

|

« クロッカス ・ クロッカス | トップページ | フシギな光景と ・・・ »

北海道の暮らし」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花 - 実家の花」カテゴリの記事

コメント

うわー
やっぱ、ニメートルはすごいなぁ。
そう言えば、以前北の地に赴いたとき
やたら標識が上のほうにあると思ったら
こういうことなんですね、残雪でもこんだけの迫力あるんだから
冬場は本当にすごいんですねぇきっと。未体験ゾーンです。

それからクロッカスも可愛らしく♪
なんだろうこの芽は!
ふきのとうだろうか
あぁ、私の手にかかると全部食べ物に見えてしまってアワワ

投稿: R | 2009年4月14日 (火) 13:04

>Rさま
 
こんにちは。
 
ちと 多忙な日々を過ごしていたもので
お返事が遅れてしまいました。
申し訳ありません (*_ _)人ゴメンナサイ
 
さて、当地も 少し寒の戻りがあり、
昨日は 朝起きると 再びの雪景色でビックリしましたが
さすが春の雪、
太陽が昇るとともに すぐに消えてなくなりました。
 
しかし 2メートルの雪は少しずつ減りつつも
頑固に残っております snow
 
標識が上にあるのは 確かに雪のせいですねw
そのうち ご紹介しますが
消火栓なども 地面からかなり飛び出た風です。
 
ふふ。
この芽については 次回をお楽しみに happy01

投稿: 花mame | 2009年4月18日 (土) 14:23

おおお!
雪、スゴイですなあ~。
一瞬、平なところのお写真かと勘違いしたほどですぞ。
これが高さだなんて、
本当にびっくりですよなあ。
あは。

ビックリといえば、クロッカスもすごいですなあ。
ゴン太、驚きっぱなしですぞ。
あはは。
こんなにクロッカスが咲くなら、
「花mame(ちゃん)クロッカス公園」とか
名づけても良いくらいですよなあ♪
色も、数も豊富だなんてステキすぎですぞっ!

芽…
なんだろう?
チューリップくらいしか思いつきませんが、
絶対に違いますですよなあ。
気になりますですなあ~。

投稿: ゴン太 | 2009年4月20日 (月) 09:38

>ゴン太さま
 
こんにちにゃん。
こちらにも ありがとうです heart01
 
一昨日から寒い日が続いていて
今日など 雪がチラついたりしてますが
さすがに2メートルの雪は 少しずつ解けてきておりますw
また少し 解けるお手伝いもしたんですけどねw
 
おぉ、クロッカス公園 sign01
いいネーミングですw
地元の新聞社を呼んでもいいくらいの名前ですねw
あまり増えると、
花が終った後が とんでもない状態になるので
このくらいが ちょうどいいんでしょうね。
 
花の芽って
このくらいの状態だと 本当にわかりませんよね bud
小さい芽ばかり拾って
何の芽でしょうクイズが 出来そうなくらいですw

投稿: 花mame | 2009年4月23日 (木) 16:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クロッカス ・ クロッカス | トップページ | フシギな光景と ・・・ »