« 真冬に咲く花 ー アデニウム | トップページ | 寒さがつくる造形 ー 樹氷 ( じゅひょう ) »

2009年2月 5日 (木)

春夏秋冬

季節のない~ 街に~ 生まれ~

風のない~ 丘に~育ち~

夢のない~ 家を~ 出て~

愛のない~ 人に~ あう~♪

 

 

泉ちゃんの歌ですわね。

 

 

 

この歌は

どう言うことを 歌ったものなのだろう。

そう、深い意味の部分で、です。

 

 

 

 

まぁ、

この歌の意味は さておいて。

 

 

 

 

今回のタイトルの 「 春夏秋冬 」 はコレ。

 

 

 
 
 

 

 

Dscn8216

 

 

Dscn8215 

まだ 素焼きの状態の 飯茶碗 2器。

 

「 春夏 」 と 「 秋冬 」 で 分けてあるので

これは 組茶碗 と言うことで。

 

 

 

文字のデザインは

昨年 購入した本を 参考に。

 

 

焼き上がりは

また後日 アップすることに致しましょう。

|

« 真冬に咲く花 ー アデニウム | トップページ | 寒さがつくる造形 ー 樹氷 ( じゅひょう ) »

陶芸 - 食器」カテゴリの記事

コメント

ほぉ~。
春夏と秋冬のお茶碗ですかあ。
文字ものも、イイですよなあ~♪

これから、この器は釉をかけて焼くのですかな。
飯茶碗でしたら、ガラス質の表面でないと
ご飯粒がつきやすそうですものなあ。
でも、このままの感じ、
素焼のザラっとした雰囲気や
ちょっと沈んだ(暗いという意味でなく、しみ込んだみたいな?))感じの色も良いですなあ。
花mameちゃんの、仕上がり前の器を拝見するたびに、
「このままでも十分素敵だなあ」といつも感心いたしますですなあ。
もちろん、仕上がった作品は、さらなり。ですがなあ♪
あは。

投稿: ゴン太 | 2009年2月 6日 (金) 11:46

>ゴン太さま
 
こちらにも ありがとうございます shine
 
これは 年末に教室へご挨拶に伺った際に
撮ってきたものなのです。
 
このマットな感じも捨てがたいのですが
ご飯茶碗と言えども
食器は やはり色や味などが染みてはいけないので
釉薬は必須ですね。
多分、このオレンジは本焼きすると
かなり鮮やかになるものと思います。
 
さて、どうなりますか。
後日のアップをお待ちくださいませ confident
 

 

投稿: 花mame | 2009年2月 6日 (金) 13:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 真冬に咲く花 ー アデニウム | トップページ | 寒さがつくる造形 ー 樹氷 ( じゅひょう ) »