« 桜の花芽 | トップページ | 鉢植えスイトピー »

2009年1月26日 (月)

蝦夷しぐさ

0901192221000  

ここのところ、低気圧が 次々と 来ていたせいもあって

降雪量も かなり増えた当地です。

 

雪が降った翌朝は

市の方で 歩道や車道の除雪をしてくれるわけですが、

その除雪が 間に合わない程の雪が降った場合

雪の壁で囲まれた歩道には

人の足跡で けもの道のように 細い道が作られるのです。

 

 

      車道は当然、自動車のタイヤが 道を作っていくのですな。

 

          車通りの多い道は

          フラットな道が出来上がるのが 早いのですが

          住宅前の細めの道は

          降った所と タイヤの跡のギャップが 20センチ程にも。

 

          歩きにくいったら ありゃしない。

 

 

 

話の中心は 歩道の方。

 

細い道だからと言って

一方通行では 決してなく、

当たり前のことですが

自分の進行方向の方からも 人はやってくるわけです。

 

 

そんな時には。

すれ違う相手が 小さなお子連れであったり

お年寄りであったりすると

細く出来た 歩きやすい道を相手に譲り、

自分は まだ雪の積もった所を通るか、

比較的 広く開けた部分で 相手が通り過ぎるのを待つ。

 

相手が 自分と同じくらいの年恰好か 若い方の場合は

細い道を 身体を斜めにして すれ違うわけです。

 

 

どちらの場合も ここで お互いに一言あると 気持ちもいいものですが。

 

 

 

これが なかなか そうは行かない。

 

別に お礼を言われる為に 道をあけるのではなく

単に 人間としての良識なのですけどね。

 

 

それでも やっぱり

当たり前のような顔をして 通り過ぎていかれると

なんだかなぁ ・・・ と 思ってしまうことも 確か。

 

 

              はい、花mameの器が小さい ってことですわ ・・・ think

 

 

あ、これに 年齢は関係ありません。

若くても 軽く会釈をして サッと通り過ぎてくれる人、

経験豊富であろう年齢層であっても 何もせずに 通り過ぎて行く人。

まぁ、様々に 事情があるのでしょうけどね。

 

 

 

  

江戸には 「 江戸しぐさ 」 と言うものが あったそうで。

東京近郊にお住まいの方は

テレビのCMであるとか

駅のポスターなどで ご存知の方も多いことと思います。

 

雨の日に すれ違う際、傘をかしげるとか、

乗り物や 待合室の椅子に座る場合など

一人でも 多くの方が座れるように

少しだけ腰を浮かせて 拳ひとつ分くらいずつ 詰めるとか、

そして

やはり 狭い路地を通る場合などには

肩を引いたり 相手が通り抜けるのを 路地の入り口で待つとか。

 

人情厚い江戸人のこと。

その後は 当然 会釈程度のお礼は あったものと思います。

 

 

 

何だか 最近、

そういう人の触れ合いと言うのが 希薄になっていると言うのか

相手に やってもらって当たり前、

だから 感謝の気持ちが表せない、

なぁんて人が増えてきてるのかな、

と 思うことが しばしばです。

 

 

いや、もちろん

そんな人ばかりでは ないのですが。

 

そして、最近 思っているからと言って

うちのイナカに そう言う人が多い と言うことではありません。

 

ほかの土地でも 結構そう言う光景は 目にしております。

 

 

 

雪の多いこの時期、

雪国では 「 雪 」 のことで 色んなトラブルがあったりするのです。

 

他人の家の敷地内に

勝手に 自分の家で除雪した雪を置いていくとか、

屋根の雪が落ちても 何の挨拶もないとか。

 

何も言わなくても 人と言うのは

そう言うことで 相手の人間性を測っていることがあるんです。

 

 

人のことは いいとして。

自分が そんなことをしないように 心がけなくてはいけないですな。

 

 

 

季節は 寒いのですから

気持ちだけでも 温かく過ごしていきたいものです。

|

« 桜の花芽 | トップページ | 鉢植えスイトピー »

北海道の暮らし」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

まったくそう思います。
人と人とのふれあいって大事ですよね。
ちょっとした会釈だけでも全然違う。
そういう情ってのにすごく惹かれます。
知らない人でも、知らない人だから・・・
そういう譲り合い、心遣いって素敵だと
思うのですけどねぇ・・・。

車の運転にしても、この頃は荒い奴らばかり。

嫌な世の中になりましたなぁ・・・

投稿: そらお | 2009年1月26日 (月) 19:24

あっ。
ちょっと心当たりアリですなあ~。
いえ、逆の立場(悪い方)にて、ですがなあ。

ゴン太は車での移動時間が多いので、
必然、人に譲る機会も多いのですな。
すると、花mameちゃんのおっしゃる通り、
お礼のアクションをする人、しない人といますですな。
んで、お礼をする人の話なのですが、
お礼としてお辞儀する相手に対するアクションを
ゴン太はしないことが多いのですよ。

分かりづらくてごめんなさい。
ゴン太が、道を譲ったことに対するお礼のお辞儀をされた場合に、
ゴン太が返事のお辞儀をしないのです(車中限定ですが)。
実際には頭を下げると同時に、ゴン太の前に入ったりするので、
一瞬だから、下げかえすタイミングを失っているというのあるのですがなあ。
お礼のアクションをした方は不愉快なのかなあ、とか思ったりするのですよなあ。
外国の方だったりすると、お礼のアクションが
なんとなくフレンドリーで、さらに申し訳なく感じますですな。
あはは。

人は、人とかかわらずには生きられませんから、
コミュニケーションに関して、
できる限りの努力をすべきですよなあ。

花mameちゃんのおかげで、反省&再認識できましたですな。
ありがとうございますですなあ~。

投稿: ゴン太 | 2009年1月27日 (火) 09:51

>そらおさま
 
こんにちは。
 
いや、ちと愚痴っぽい記事になってしまったようで
反省しているのですがw
 
知らない人だからこそ、その時だけの付き合いだからこそ
礼は尽くしておきたいなと 思いますよね。
 
今の時代、こういうことが 「 粋 」 だったりするんじゃないか、
なぁんて 蝦夷っ子は思います happy01
 
確かに 車のマナーもヒドイことがありますわね。
これはまた 別の記事にて 愚痴りたいと思いますw
 
 
 
 
>ゴン太さま
 
こんにちは。
 
あ~ お礼のお礼って言うこともありますかぁ ・・・ 。
 
車の場合って、
道の中ですから、流れが停滞してはいけないとか
信号が変わりそうだとか
頭を下げたり 何かアクションを起こすと
キケンが伴うとか
色々事情がありますよね。
 
ゴン太さんも おっしゃっているように
譲っていただいた方は おそらく
お礼をして すぐに動かなければいけないので
お礼のお礼を受けている余裕がないのではないかと思いますよ。
 
車で譲ると言う行為自体が 素敵なことなので
それはそれでいいと思います。
 
花mameは 運転中に相手に何かしていただいた場合は
片手を上げて 挨拶に代えるようにしていますが
それを見てもらっているかどうかは わかりませんし、
そのお礼も された記憶はないように思います。
 
 
人は 人とかかわらずには 生きられない。
本当にそうなんです。
出来る限りの努力もすべきなんです。

でも 一人で生きてるんだ!と 勘違いしている人も
少なからず いたりするのですよねえ ・・・ despair
 
そうならないように
努力していきたいものです catface
 
いえいえ、
再認識されたのは
ゴン太さんにそのお気持ちがあるからと思いますよ confident

投稿: 花mame | 2009年1月27日 (火) 13:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桜の花芽 | トップページ | 鉢植えスイトピー »