« 同じ日本なのに 同じ季節なのに | トップページ | パラレル花器を使って 02 »

2008年12月18日 (木)

SAKURA

冬と言っていい 12月に

何 すっとぼけた タイトルをつけているのだ?

花mameさん、季節をまたいで移動して来たので

ちょっとちょっと キチャッタかね ・・・ ?

 

 

 

いあいあ。

花咲くのは 春だけど

桜は 春だけのものじゃあないのだ。

 

年から年中

桜の木は すっくと立っておられるのだ。

 

 

 

 

 

 

081218

こんなふうに。

 

 

これは まだまだ初冬の桜の木だけれど

風雪に 厳寒に 耐えて

春に 見事な花を 咲かせるのです。

 

何だか 力をもらえるような姿ですな。

 

 

 

 

 

 

 

さて、桜を もうひとつ。

 

 

 

Dscn8213 

先日、陶芸教室に

年末のご挨拶のために 伺ってきました。

 

まだ素焼きを終えたばかりの 作りかけの器ですが

たまたま カメラを持っていたので 撮ってきましたよ。

 

 

たまに 「 つち 」 も 載せておかないとね confident

それを楽しみに おいでくださる方も いらっしゃるでしょうから。

 

 

 

これは、

いつか 出来上がったら

また 載せることにしましょう。

 

 

 

 

サクラサク

春までには ・・・ ね cherryblossom

|

« 同じ日本なのに 同じ季節なのに | トップページ | パラレル花器を使って 02 »

花 - 実家の花」カテゴリの記事

陶芸 - 食器」カテゴリの記事

コメント

サクラ…
小学校だったか、中学校だったか
その頃の国語の教書に、桜で染めた染物の話が載っていて
「桜の染物のピンクは、花びらだと思っていたら、
あのゴツゴツした木から色が出るのだと知って驚いた」
みたいなのがあって、
なんか感じ入った記憶があったのを、
今、花mameちゃんの記事を読んで
思い出しましたですなあ。
そう、桜は、際立って評価されるときも
そうでない時も、サクラなのですよなあ。

陶のもの。
久々に拝見できて嬉しい一人ですなあ。
あは。
仕上がり前の作品っていうのも
味があっていいですよなあ♪

ええと、関係ない話なのですが書かせてくださいませ。
風邪、旅、などの理由で、もしかしたら
花mameちゃんとすれ違いそうなので。
ゴン太は何事も好きでやっておりますので、
ご心配なくですなあ。
そう、好きなのですなあ。
いえ、違う方でなくて…って
なんか余計に怪しい感じになってきましたですな。
失礼。

投稿: ゴン太 | 2008年12月19日 (金) 08:18

こんにちわ。
コメントいつもありがとうございます。

ところで、サクラってやっぱりすごーく強い植物ですよね。
大体、葉っぱのないところから、花だけドバーっと咲かせちゃうんだからすごいって、以前から思ってましたが、こーんなに寒い状況でそれを好んで咲くなんて・・。

お花が恋しいこの時期は、あー心がホッとするわ~って言いたくなる、そんな植物ですね。

それから、このお茶碗・・・じーっと見ていたら、子どもの頃のクレヨンを思い出しました。

また出来上がったら、載せてくださいね。
楽しみにしています。

投稿: kerokero | 2008年12月19日 (金) 13:48

>ゴン太さま
 
おはようございます。
ここのところ、コメントが遅れがちで スミマセン!
 
そう、花mameも 桜で染めたものを見た時
花びらで染めたものだと 思い込んでいたのですが
木から染めるのですよね。
考えてみたら あの薄い花びらで染めるのは
無理な話ですよねw
 
桜の花が あの優しいピンク色になるのは、
木の中にインクが入っていて それが 花開くとともに
花びらに 染まり始めるに違いありませんw
 
 
久しぶりの陶のもの、喜んでいただけて 嬉しいです。
今年は どうにも休みがちで
思ったようにアップ出来ず 申し訳ありません。
来年は精力的に、と思っております。
 
いつもながらに お心遣いをありがとうございます confident
花mameは そんなゴン太さんが好きなのですなぁ happy01
 
年末年始は またどこかに旅されるのでしょうか。
どうぞ お風邪など召しませぬよう
お過ごしくださいませね。
 
 
 
 
>kerokeroさま
 
おはようございます。
そして、お返事が遅れて 申し訳ありません!
 
そうですねえ。
うちのイナカは
マイナス30度になることもあるような 厳寒の地。
そんな場所でも しっかり生きているのですから
強いものです。
 
     話はそれますが
     もっと気温が下がると
     木の中の水分が凍って膨張し、
     木が裂けることがあるそうです。
 
自然と言うのは
常に 真剣勝負をしているようなものかもしれません。
 
ふふ。
クレヨン。
確かにそんな感じですね note
 
完成まで しばしお待ちくださいませ confident
 

投稿: 花mame | 2008年12月23日 (火) 10:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 同じ日本なのに 同じ季節なのに | トップページ | パラレル花器を使って 02 »