« 箸置きが ・・・ | トップページ | 特殊手法 - 湯呑み 01 - »

2008年7月 9日 (水)

ひまわり 2種

今日は お花のレッスン日。

 

7月と言うことで、涼やかなアレンジを してみましたよ。

 

けど、そのアレンジは また後日アップ と言うことにして

使用花材のひとつを ご紹介。

   

 

 

 

Img_0087 

ご存知、ヒマワリ です。

 

このレモン色のヒマワリは 「 サンリッチレモン 」 。

ずっと前には 「 サンリッチオレンジ 」 と言う

花びらが もっと山吹色のヒマワリを 記事にしたことがあります。

 

 

このサンリッチ系は F1品種 と 言われるもの。

以下、以前 hanaboroさんと言う方に 教えていただいた内容です。

 

F1とは、一代限りの交配種。

普通は、花が咲き、受粉して 種ができ、

それが 地面に落ちて、芽が出て 花が咲き、受粉して ・・・ と 続いて行くのですが

花粉が出ないので 受粉が出来ず、つまりは 種が出来ない。

このヒマワリの種を 得るためには

毎度 同じ親から 種を作らなければならないのです。

 

 

 

ちなみに、

レモン色の部分も 中の茶色い部分も 同じ 「 花 」 。

レモン色のは 舌状花、茶色いのは 管状花 と言います。

 
 
 

Img_0088_2 

こちらは、 「 ダブルシャイン 」 。

八重のヒマワリです。

内側の管状花が しっかり花弁になっています。

 
 

Img_0085 

両方とも 花径は 6㎝ 程度の ミニヒマワリ。

グラスにだって 挿せてしまえる可愛らしさです。

 

黄色系は 明るい気分にもなりますし、

何せ 夏を感じさせてくれる お花。

 

お部屋に 夏を一本 いかがでしょうか confident

  

 

 

【 過去のヒマワリ記事 】

サンリッチオレンジは コチラ

プラドレッドは コチラ

|

« 箸置きが ・・・ | トップページ | 特殊手法 - 湯呑み 01 - »

花 - 花材」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。
お久しぶりです^^

このヒマワリちゃん、可愛らしいです。

でもでも八重咲きのヒマワリは初めて知りました。

しかもかなりオレンジ色なんですねー。

知らずにいたら、もし、見かけたとしても絶対にヒマワリだなんて思いませんよ( ̄ー ̄;

お部屋に「夏を一本」いいですねー。

投稿: kerokero | 2008年7月11日 (金) 11:53

>kerokeroさま
 
こんばんは night
こちらこそ ご無沙汰してます。
 
そうですかぁ、八重のヒマワリは初めてでしたか w
今回の花は ほんとに小さいので
ヒマワリと名前がなければ
そして 葉がついていなければ
他の花と間違えそうでした。
 
もし育てていらっしゃるなら
買うことはないと思いますが
買われる時のポイントは
茎の細いもの、中心部分が咲き切っていないものを
選ぶと言うことですね happy01

投稿: 花mame | 2008年7月11日 (金) 20:47

おおお!
暑い今日このごろにピッタリな
お花の紹介ですなあ♪

6センチ程度ですかぁ。
それは小さいヒマワリですよなあ。
小さくても元気!みたいな感じがして、
愛らしいですなあ~。
シャトーの隣のお家のヒマワリは、
背丈なんか2メートル以上で、
花も大きいのがガバガバくっついていますぞ。
逞しいかぎりですよなあ。
あはは。

八重のヒマワリは、
お花だけ拝見すると別の花のようですが、
葉や茎のモサモサ具合は
やはりヒマワリなのですなあ。
あは。

投稿: ゴン太 | 2008年7月14日 (月) 14:00

>ゴン太さま
 
こんにちは。
お返事が大変遅れて 申し訳ありません m(_ _)m
 
ひまわりはやっぱり夏の花ですよね sun
市場にあるのは、アレンジなどに使うことが多いせいか
大きくても10センチ程度の 小さなひまわりが主流です。
でも、夏休みの絵日記などに描いていたのは
ゴン太さんのお隣のように 大きなものでしたよね。
 
八重のひまわりは 生徒さんからも
言われなければ他の花と思ってしまう、珍しいと 評判でした。
 
昨日も ひまわりを使いましたが
また違った種類のものなので
後日 アップしたいと思っています confident

投稿: 花mame | 2008年7月17日 (木) 15:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 箸置きが ・・・ | トップページ | 特殊手法 - 湯呑み 01 - »