« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

クレマチス 02

早いもので 7月も 最終日となりました。

今年も あと残すところ 5か月ですな catface

 

光陰矢のごとし ( Time flies like an arrow. )

時は金なり ( Time is money. )

 

時に関する ことわざ色々。

 

 

他にも

 

「 歳月人を待たず ( Time and tide wait for no man. ) 」 とか

「 少年老い易く学成り難し ( Art is long, life is short.

   一寸の光陰軽んずべからず ( Nothing is more precious than time. ) 」

 

なんてのも ありましたっけ。

 

 

いずれも

時を無駄にせず 有意義に過ごせ と言うことですな。

 

 

  

 

そうしないと

夏休みなんて あっと言う間に 終わっちゃいますからね bleah

 

 

さぁ、一日一日を 噛みしめながら 過ごしていきましょう sandclock

 

 

 

 

 

さてさて、

本日は 今月のレッスン花材から。

 

 

Img_0092 

まずは

デュランディ と言う名前の クレマチス。

 

先日の 「 涼を呼ぶ 」 の 画像にあったのが

この デュランディ。

 

名前のせいか キリッとした花姿のせいか わからないのだけれど

凛々しく 男性的な感じのする花で

あの酒器には とても よく似合ってました。

 

 

 

 

Img_0114 

こちらは

品種名は わからないのだけれど

小さめの花が とても可愛らしく

上の花とは 逆に

少女のような 趣きのあるクレマチスです cute

 

 

他の クレマチス記事。

クレマチスと花器

クレマチス

| | コメント (0)

2008年7月30日 (水)

特殊手法 - 湯呑み 02 -

今日は 朝から 快晴 sun

なので 大物 ( 寝具 ) を ドーンと 洗濯。

 

寝ている時には

普通でも コップ1杯の汗はかく、と言いますから

こう暑くなってくると

小さなペットボトル1本分 ( 500ml ) くらいは かいているんじゃないでしょうかね。

 

 

と 言うことは

水分や塩分が それだけ抜けていると言うことで

暑い中 寝ていると

熱中症になる、と言うのは 頷ける話です。

この時期、

枕もとに 水を常備しておいた方が いいかもですね。

 

 

  

 

さて、今年は この手法が マイブーム。

 

 

Img_0035

ちょっとした手を使った器 その4。

 

ブレンド土 ロクロ挽き。

φ 7.5 ㎝ H 8.5 ㎝

 

少々 大きめの湯呑くらいでしょうか。

焼酎のオンザロックあたりも いいかもかも。

 

ザラザラとした感触が

何だか ずっと触っていても 飽きないのですな catface

| | コメント (2)

2008年7月29日 (火)

芸術三昧

日中は 暑いので

パソコンも テレビも 夕方になってから、と言うことが多い 今日この頃。

 

意図せずエコ って とこでしょうか。

 

でも 野球のある日は

この時間から 数時間は TV もしくは 動画観戦。

打撃戦は 面白いけれど

早いとこ終わってくれると こちらも エコになるんですけどね。

 

毎度そんな うまくも 行かないわけで。

さぁ、今日は どんな試合を 見せてくれますか。

 

 

 

 

話は ガラリと 変わりますが

先日、友人のバレエの発表会に 出掛けてまいりました。

初めて 見せていただいたのが 2年前の ほぼ同じ時期。

それだけ 年も重ねているのに

友人は 2つのパートで 踊っていまして

前回 同様、その体力、踊りを覚えられる記憶力はスゴイ と思いました。

 

男性のバレエダンサーの方も 毎回 ゲストで出演していて

最後に 先生が その中の一人の方と踊るシーンは

溜息が出るほど美しく、今回も 感動して帰ってきました。

 

 

 

 

 

 

そして、

その次の日には こちら。

 

 

 

 

 

Image004402 

東京国立博物館平成館 で 行われている

「対決 巨匠たちの日本美術」 を 観てきました。

 

大好きな 伊藤若冲、

そして、長谷川等伯の 「 松林図屏風 」 ( 国宝 ) が 展示されるので

是非 観にいきたかった展覧会です。

 

 

「 対決 」 と なっていて

例えば、若冲には 蕭白、等伯には 永徳 と

ひとつひとつが コーナーになっていて

その芸術性を 比較できるようになっています。

 

実際に 同時代の ライバル同士だった人たちもいるし

時代を超えて 組み合わされている作家たちもいました。

 

 

昔は 西洋画の明るさや華やかさに 魅せられ

日本画には それほど 興味がなかったのだけど

ここ数年、間近で観る機会も 多くなり

その良さを 認識するようになってきました。

 

 

上記の 「 松林図屏風 」 など

墨の濃淡で 松の木を 数本描いてあるだけのものなのだけど、

その前に立つと

その湿潤な空気も さることながら、幽玄と言うものまでをも 感じ、

一瞬、時が止まったようにさえ 思えます。

 

残念ながら この屏風の展示は 27日まで。

東京国立博物館で 所蔵しているとのことなので

またいつの日か お目にかかる日も あるかもしれません。

 

 

感動したものは 多々あったけれども

もうひとつ、

「 鶴下絵三十六歌仙和歌巻 」 と言うのが 素晴らしかった。

俵屋宗達の下絵の上に 本阿弥光悦の書。

この時代 これ以上はないだろうと言うような コラボレーション。

 

 

無数の鶴が 飛び立ち、そして 着地する。

まるで 紙の上に描かれた アニメーションのよう。

 

その絵の上に これまた絶妙なタッチで 書が走っているのです。

 

 

絵があっての書、書があっての絵。

これは とても 見ごたえがあります。

8月17日まで 展示されているようですので

ご興味のある方は 是非 ご覧になってください。

 

 

今回は 初めて 音声ガイドなるものを 借りてみました。

こちらも 豪華声優陣による もうひとつの対決、と なっています。

 

               古代守 とかね、マスオさん とかね、

               アラン ・ ドロン とかね、ギル ・ グリッソム とかね ・・・ 。

 

どこかで 聞いたことのある声で 解説してくれていました。

全部で 40分ほどの解説なのだけど

移動しつつだし、解説のない作品も たくさんあるわけで

結局、ここの展示会場には 3時間ほど いたことになります。

 

 

 

この後、

表慶館 の方で 開催されていた

「 フランスが夢見た日本 - 陶器に写した北斎、広重 - 」 へ。

北斎などの絵が描かれた陶磁器と その原画を 展示してありました。

 

 

1500円で ゲップが出るほどの 芸術三昧。

時間があれば 西洋美術館で催されている コロー展にも、

と 思ったのだけど 無理でしたね。

これはまた 次の機会に ・・・ 。

 

 

Image005502  

「 フランスが夢見た日本 」 をやっていた表慶館を バックに

手前が 以前も紹介した ユリノキ。

相変わらず 堂々とした様子で

濃い緑色の葉が ワサワサと 風に揺れていました。

| | コメント (0)

2008年7月28日 (月)

夏のアレンジ

連日 暑い、と言うのが ご挨拶代りとなっていますが

本日は 曇っていて

朝は 北海道のように 清々しい空気だったし

ちょっとだけ 雨は降ったしで

いつもよりは過ごしやすくなるかな と 思ったら

結局 30度越え。

 

やはり

お暑うございました、と言う 挨拶になりますね coldsweats01

 

 

 

そんな今日は

少し 遅れましたが

今月のレッスン報告です。

 

今回は 「 夏のアレンジ 」 と言う タイトルにして

ガラスの花器と ビー玉で 涼しげなアレンジとしてみましたよ。

 

 

 

 

Img_0103 

メインのお花は 「 夏の花 」 ヒマワリ です。

 

< 使用花材 >

 ・ ヒマワリ ( ゴッホのヒマワリ、モネのヒマワリ )

 ・ クルクマ

 ・ クレマチス

 ・ アワ

 ・ リキュウソウ

 

 

 
 

Img_0122 

今回は ほぼ投げ入れのように 作りました。

ビー玉と アルミワイヤーで 花を留めてあります。

 

  

 

 

 

Image0044  

別のクラスでは こんな感じに 作りました。

 

< 使用花材 >

 ・ ヒマワリ ( サンリッチレモン、ダブルシャイン )

 ・ アンスリウム ( マキシマ )

 ・ クレマチス ( デュランディ )

 ・ アワ

 ・ アップルミント

 

 

レッスンですから 色々なお花を 使いましたが

お手持ちのグラスに ビー玉を 数個入れて

ヒマワリ1本と 何かグリーンをひとつ 挿すだけでも

十分 涼しげなアレンジが できますよ shine

| | コメント (3)

2008年7月25日 (金)

夏のフルーツ

本日も お暑うございます。

 

外気は ともあれ、

室内は 連日 猛暑日の 花mame家です。

 

そのせいなのか

ここのところ 真面目に運動しているので

汗腺が 開いたためなのか

もう、ちょっと動くと 汗だくにございます。

 

夏は 汗をかく季節、と 開き直って

汗を拭き拭き、生活しておりますですよ catface

 

 

それにしても 暑いですから

すでに 夏バテモードに入ってる方も 少なからず いらっしゃるのでは?

 

昨日の丑の日に

鰻を食べた方は いつもよりは ちょと 元気でしょうかね。

 

でも 暑さは まだまだ序ノ口。

本番は これからなので

皆様、どうぞ お身体には 気をつけてお過ごしくださいませ confident

 

 

 

さて、本日は

こんな器を。

 

 

 

 

 

 

Img_0075 

スイカの器。

 

何となく

こんなのも 可愛いかなぁ と 思って。

 

 

半磁土 ロクロ挽き。

φ 8 ㎝ H 6.5 ㎝

 

スイカを キューブ状にカットして デザートに出すとか

中に スイカのゼリーを流してみるのも 楽しいかもですな note

| | コメント (3)

2008年7月24日 (木)

Artistic SunFlowers

今日になって、

寝たばかりのところに ゆら~っと 揺れた気がして起きると

そこから さらに揺れ始め ・・・ 。

これは どこかで大きい地震があったのでは、と TVをつけると

東北、北海道で、との 報道。

 

花mameのイナカは 北の方なので 揺れてはいないと思ったのだけど

親戚の多くが青森にいるため 心配でした。

今日 実家に電話を入れたところ

青森では 立っていられないほど 揺れたものの

親戚に 怪我をした人はいない と聞いて、ひと安心。

 

でも、多くの人が 怪我をされたとのこと。

どうか 早く回復されますよう。

そして、被害が大きくならないよう 祈るばかりです。

 

 

 

 

 

さて、本日は夏の花 「 ヒマワリ 」 の 第2弾。

 

 

Img_0105 

これは 「 ゴッホのひまわり 」 と 言います。

ゴッホが描いたヒマワリに 似ているからでしょうか。

 

何だか 眩しいほどに 夏を感じるヒマワリです。

 

 
 

Img_0106_2 

ちょっと横から見ると こんな感じ。

 

ちなみに 絵の方の ゴッホのひまわりは

先日行った 「 損保ジャパン東郷青児美術館 」 で 観ることが出来ます。

 

 

 

 
 
 

Img_0112 

こちらは

モネのひまわり。

 

これも モネの描いたヒマワリに 似ているからなんでしょうか。

とても 繊細な印象の花、

確かに モネのイメージかもしれません。

 

 

他に 画家の名前のついたヒマワリは

ゴーギャンのひまわり、マティスのひまわり と 言うのがあるそうですよ。

 

美術鑑賞するように ヒマワリを見る、と 言うのも いいかもしれませんね。

| | コメント (0)

2008年7月23日 (水)

涼を呼ぶ

Img_0099 

春 まだ浅い頃

残雪の下に萌えいずる 淡い緑。

 

そんな情景が 頭の中に ふと浮かぶ。

 

 

暑いきょう日、

気持ちが涼む瞬間だ。

 

 

 

 

今年も 篠原希氏の個展に 出掛けてきた。

毎度のことながら とても魅力的な器の数々。

 

 

 

今回は 酒器から離れて 違うものにしてみよう。

 

そう思って行ったのに

手に入れたのは やはり酒器。

 

でも 様々なシーンで 活躍しそうな雰囲気を持った器だったので

まずは

花を 生けてみた。

 

うん、似合う。

 

 
 
 

Img_0101 

この時期、

冷酒を 入れても

氷を浮かべた水を 入れても

ただ 食卓に置いておくだけでも

涼を呼べそうな器である。

 

 

 
 

Img_0102 

もうひとつ。

これは 豆皿。

 

ざっくりとした土と

火の跡がついたような色が 気に入った。

 

ツマミや 薬味を 入れてもいいし、

刺身の醤油を入れると

いつもの刺身が ワンランクもツーランクもアップしそうな 一品である。

| | コメント (2)

2008年7月22日 (火)

大暑

Img_0124_2 

 

本日、大暑 だそうです。

 

いよいよ 夏本番。

 

ヒマワリのように

夏の暑さに 負けずに過ごしましょう。

| | コメント (3)

2008年7月21日 (月)

本日の観戦は

本日の観戦は
東京ヤクルトVS横浜戦。

今日は ネット裏観戦。
さぁ、頑張れ! スワローズ!!

| | コメント (0)

2008年7月19日 (土)

判断基準

ご無沙汰いたしておりました。

 

1週間ぶりくらいですか、

こんなに長らくお休みするのも 久しぶりですな。

 

暑い割には 元気でして、体調不良が 理由ではありません。

 

ネタがなかったわけでも ありません。

< つち * はな > の辞書に 「 ネタ切れ 」 の文字は ないのです smile

 

では、なぜか と言うと

年に 一度あるかないかの 多忙な時期で

出かけっぱなしだった のであります。

 

一度 サボり癖がつくと

なかなかアップしなくなりそうなので 今日は 1本 上げときましょう。

 

 

昨日 ニュースで やっていたのだけれど

新しいシネコンが出来て、映画館の間で 競争が激しくなっているとのこと。

VIPルームのような個室を 完備している所も あるそうで、

イタリア製のソファで 2人だけで観ることが 出来るのだとか。

1室 なんと、3万円 dollar

 

ここで観る映画は かなり 厳選しないと

3万円が 無駄になりそうだ。

 

無駄と 無駄じゃないの 境目は ・・・

 

まぁ、人それぞれでしょうけどね bleah

 

 

 

 

 

 

ところで

話は かなり 変わるのですがね。

 

花mame家の家電製品のいくつかが

ビミョ~に 不満足な状態 なんですわ。

 

 

 

 

 

まずは 掃除機。

 

うちの掃除機、そんなに古い機種じゃないのだけど

ホースの間を カシャッとジョイントするものではなく

むか~し あった、筒同士を スポンとはめるもの なんです。

 

なぜ そんなのにしたか、と 言うと

先代の掃除機が壊れて 買いに行った時

家電担当の人に

「 これの方が 軽くて使いやすい 」 と ススメられたから。

 

 

 

 

コレです。

 ↓

 

Image011303 

このホースの一部が

掃除機を かける時

スポーン と 抜けて 先が前の方に 飛んでいくことが あるのです。

そのたびに 少し強めに押し込んで 使っているのだけれど。

 

 

以前、友人の一人に

「 それは 壊れてるって 言うのよ 」 と 言われ ・・・ 。

 

ホースのはめ込みは 多少 ( かなり? ) 甘くは なっているものの

本体は 正常に動く ので 「 壊れている 」 とは 思っていないのですが。

この状態、世間一般では 「 壊れている 」 と 呼ぶのでしょうか?

 

 

 

 

 

次には ミキサー。

 

うちのは ほぼフードプロセッサーのような形をしていて

蓋をした時に カシャン と 爪がかかり、

それで初めて スイッチが入る状態に なります。

 

その蓋が割れて、爪にかかる部分と 蓋本体が 別れてしまったのです。

 

 

コレです。

 ↓

 

Image011802  

蓋をした後、この右側の部分を爪に はめ込み、スイッチを 入れる。

 

蓋を中途半端にした状態で スイッチを入れてしまうことがあったりしたら、

中身が飛び出て とんでもないことに ・・・ 。

 

元は 蓋が中途半端だと 爪がかからないようになっているので

スイッチを入れても ミキサーは 稼働しないもの なのだけどね。

 

 

でも、

これも 本体は 全然 何ともない のです。

 

蓋は 「 割れている 」 けれど

壊れているのではない、と 思っているのですが

世間一般では これを 「 壊れている 」 と 言うのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

もひとつは、炊飯器。

 

 

これは 買って まだ数年なんですが、

コンセントから プラグを抜くと

液晶の文字が 消えるようになってしまった のです。

 

前のは 10年以上使っていても そんなことはなかったのに。

 

 

Image006402  

これが 電源プラグを 入れている状態。

プラグを抜くと 一面 オレンジ色に なってしまいます。

 

何でも プラグを抜いている時のこの表示は

リチウム電池によるもの なのだそうで、

その電池交換は、時計の電池を変えるように 簡単にはいかないものらしく、

取り説には、販売店か修理相談窓口に相談しろ とある。

 

何でも そうだけど、

修理に出すと 数週間は 戻ってこないし

車と違って 代車 ならぬ 代炊飯器を 貸してくれるものでもない。

 

炊飯器は 日本人にとって 命のお米を炊くもの。

なくては 困るのです。

 

いえ、

土鍋でも 炊けるけれども

花mame、毎日 朝早く起きて きちんと炊く自信はないのです。

 

なので 文字が消えて 久しいのですが

プラグを抜いた場合は いちいち時計を合わせている状態なのです。

 

 

 

 

え?

プラグを 抜かなければいい?

 

 

 

そうなんだけどね。

 

 

どうにもね。

使っていない家電製品のプラグを コンセントに差し込んである と言うのが

 

許せなくて

 

 

 

で、

例にもれず

これも 本体は 正常に動く わけです。

 

でも

電池の交換は 「 修理相談窓口に 」 と なっているあたり

やっぱり

世間一般には 「 壊れている 」 状態なんでしょうかね?

 

 

故障の判断基準

世間一般と 花mame家では 隔たりがあるのかなぁ

ちょっと悩んだ一件、ぃゃ三件で ございました。

 

 

久々なもので

ダラダラと長い記事、大変 申し訳ありません。

そして、

最後まで読んでくださって ありがとうございました m(_ _)m

| | コメント (4)

2008年7月11日 (金)

特殊手法 - 湯呑み 01 -

何のために ジム通いをしているか と 言うと

 1) 運動不足解消のため

 2) 緩んだ身体を引き締めるため

 3) 体力をつけるため

 4) 健康増進

 

 

2)については、決して 「 ダイエットではない 」 のです。

ただ通うだけでは ダイエットにならないと言う事は、自ら 証明済み。

そして 周りを見ても ・・・ なのですな。

 

目標としては、筋肉をつけ 代謝をよくし、

あわよくば 太りにくい身体を作ろう てなとこです。

 

しかし、なかなか 思ったように行かないもので。

二の腕の振袖は そのままに

電車の吊革をつかむと ポパイのように 筋肉がポコンと ・・・ Ω

たくましさ倍増 って感じです。

 

 

3)、4)の 体力つけるのと 健康増進って言うのが クセモノで。

いまだに 行って帰ってくると 疲れて ヘロヘロ状態。

 

土higeさんには

「 健康になりに行ってるのに、帰ってくると 不健康になってるね 」

なぁんて 言われる始末。

 

ましてや 最近 暑くなってきたしね sweat01

 

 

 

 

長い前置きでしたが

つまりは 今日も不健康だ と 言いたいだけなんですな catface

明日には また 全身筋肉痛だなぁ。

 

 

 

 

さて、本題。

 

 

 

Img_0036 

ちょっとした手を使った器 その3。

 

ブレンド土 ロクロ挽き。

φ 7.5 ㎝ H 8 ㎝

 

 

 

え?

ちょっと 歪んで見える?

うん、まさしく 歪んでるのです。

この手法、

歪んでる器を 味わい深いものにするのにも

一役 買っているかもかも wink

| | コメント (2)

2008年7月 9日 (水)

ひまわり 2種

今日は お花のレッスン日。

 

7月と言うことで、涼やかなアレンジを してみましたよ。

 

けど、そのアレンジは また後日アップ と言うことにして

使用花材のひとつを ご紹介。

   

 

 

 

Img_0087 

ご存知、ヒマワリ です。

 

このレモン色のヒマワリは 「 サンリッチレモン 」 。

ずっと前には 「 サンリッチオレンジ 」 と言う

花びらが もっと山吹色のヒマワリを 記事にしたことがあります。

 

 

このサンリッチ系は F1品種 と 言われるもの。

以下、以前 hanaboroさんと言う方に 教えていただいた内容です。

 

F1とは、一代限りの交配種。

普通は、花が咲き、受粉して 種ができ、

それが 地面に落ちて、芽が出て 花が咲き、受粉して ・・・ と 続いて行くのですが

花粉が出ないので 受粉が出来ず、つまりは 種が出来ない。

このヒマワリの種を 得るためには

毎度 同じ親から 種を作らなければならないのです。

 

 

 

ちなみに、

レモン色の部分も 中の茶色い部分も 同じ 「 花 」 。

レモン色のは 舌状花、茶色いのは 管状花 と言います。

 
 
 

Img_0088_2 

こちらは、 「 ダブルシャイン 」 。

八重のヒマワリです。

内側の管状花が しっかり花弁になっています。

 
 

Img_0085 

両方とも 花径は 6㎝ 程度の ミニヒマワリ。

グラスにだって 挿せてしまえる可愛らしさです。

 

黄色系は 明るい気分にもなりますし、

何せ 夏を感じさせてくれる お花。

 

お部屋に 夏を一本 いかがでしょうか confident

  

 

 

【 過去のヒマワリ記事 】

サンリッチオレンジは コチラ

プラドレッドは コチラ

| | コメント (4)

2008年7月 8日 (火)

箸置きが ・・・

昨夜の七夕、

当地は 薄~い雲の向こうに かすかに星が見える程度で

天の川など 夢のまた夢、と 言った状態でございました。

皆さんの所では いかがだったでしょうか。

 

 

 

さて、

以前、父ちゃん拉麺さん に 紹介されて

FAKE MAGAZINE と 言うものを作って 記事にしたことがありましたが、

今回は こちら。

 

 

 

 

 

 

Img_0071 

これは FAKE ではなく、本物 です。

 

都内の あるデザイナーさんが 箸置きの記事 を ご覧になり、

お料理の本に使いたい との お話があったのです。

 

某製薬メーカーさんの ご依頼で

病院などに置いておく 配布用の冊子なのだそうです。

今回は 最近よく 目や耳にする 「 メタボ 」 の方のための、

タイトルにもなっている 「 お魚 」 がメインの料理本 と 言うことで

魚の形の箸置きが お目に留ったわけなのですね。

 

 

 
 
 

Img_0072 

ね?

間違いなく本物でしょう。

 

 

監修は、テレビなどでもお馴染みの 宗像 伸子 先生

花mameも 料理本を 参考にさせていただいております。

 

大きさは A4 版。

箸置きが実物大で ビックリしました。

 

さすがに プロのカメラマンさんの撮影ですと、

同じ箸置きでも 活き活きして 見えますね fish

 

 
 
 

Img_0073 

内容は、

主菜の魚料理と、野菜で作る副菜が ついていて

本の上段 下段に分かれて 配置されており、

ページの真ん中に 切り込みを入れると

主菜 副菜で 256通りの組み合わせ が 出来るようになっています。

 

 
 

Img_0074 

そして、嬉しいことに セットですべて 380kcal 以下

でも、見たところ 普通に ボリュームもありますし、

うちのように 夕食が遅い家庭には ピッタリだなぁ と 思いました。

さらに、塩分、コレステロール、たんぱく質、カリウム、リン、水分量などが

明確に 表示されています。

そのあたり、さすがに 病院配布用と思います。

 

お料理については

追々、 別館 の方で 紹介していきたい、と 思っています。

 

 

もし、どこかで 見かけることがありましたら

是非 手に取って ご覧になってみてくださいませ confident

| | コメント (7)

2008年7月 7日 (月)

竹林

七夕ですなぁ。

 

しかし、東日本一帯では

天の川を見ることは 出来なそうな空模様。

梅雨時期と重なるせいか

ここ数年、七夕に 星を見てないように思います。

 

とは言え、

天の川は 雲の上の話。

織姫さんも 彦星さんも

間違いなく 今年も 会うことが出来るはず。

そして

天気に関係なく 願い事だって していいのです。

 

さて、

あなたの願い事は何でしょう。

 

 

 

 

花mameは

    「 ストップ ・ ザ ・ 温暖化 」

 

                         これに つきます。

 

 

いえ、サミットのオープン日だからでは ありませんよ。

環境に伴って 生態系が変わるのは 困るし

今いる生き物に 50年後 100年後にも いてほしいと 思うし。

 

何より 必要以上に暑いのは 困る。

 

 

結局 自分たちのやってることのツケが

自分たちに回ってきてる と 言うことなのだろうけど

そのツケを

北極のシロクマさんたちにまで 負わせるのは

どう考えたって 間違ってるわけです。

 

 

何が 話し合われて

何が 決まっていくのか。

 

とにかく 切羽詰まった問題として

真剣に 話し合ってもらいたいものですな。

 

 

 

 

さてさて。

 

本日の本題は ・・・ 。

 

 

 
 

Img_0066 

笹の葉 さ~らさら ♪

 

 

 

Img_0065 

ではなく、

竹の葉 でしたわね。

 

ちょっと大きめの 湯呑のまわりに

竹林を 描いてみた。

 

ブレンド土 ロクロ挽き。

白化粧。

 

これも 手元にないため サイズは わからず。

 

最近 この 「 わからず 」 が 多いなぁ。

やる気が さ~らさらないような印象を 与えかねませんな coldsweats01

 

 

まぁ、

花mameのやる気がなくても 取り立てて 問題はないけれど

温暖化対策については

そんな気 さ~らさらない じゃ 済まされませんからねー。

しっかり踏まえて 頑張ってね、福田さん。

| | コメント (0)

2008年7月 4日 (金)

特殊手法 - 茶碗 -

風があるものの 蒸し暑い日ですわ ・・・ coldsweats01

 

今は 晴れ間も見えているけど

この後は 雨の予報が ・・・ 。

 

お出かけする頃に 当たらなければいいけどなぁ。

 

 

                

 

 

 

 

さて。

 

 

Img_0037 

本日も、ちょっとした 「 手 」 を 使った器を。

 

よく 建設現場に こんなコンクリートの塊が 落ちてたりしますが。

 

いあいあ。

セメントで作ったわけじゃあ ありませんよ。

 

ブレンド土 ロクロ挽き。

φ 12 ㎝ H 5 ㎝

 

 

外側が ザラザラしているので

お茶碗を 落としにくくて いいかもですね catface

| | コメント (0)

2008年7月 3日 (木)

クロトン

曇りがちながらも、洗濯をするなら 今日。

みたいなことを 朝 聞いたので

ジムに行く前に ダダダダダーッ と やって

干そうとした瞬間に

ポツポツポツ ・・・ rain

 

 

 

 

天気予報の嘘つきー!!

 

 

 

 

でも ポツポツ以上の 降り方もしないし

何となく 明るい感じもしたので

きっと 帰宅する頃には 雨もおさまっているだろうと

とりあえず 室内干しをして 出かけました。

 

帰ったら 案の定

雨は 止んでおりましたとさ。

 

しかし、風が 強かった。

 

ここのところ

シンビジュームを ずっと 外に出してあるのだけど

それが 倒れて 仕方ない程でした。

 

 

 

さて。

本日は

洗濯とも シンビジュームとも 何の関係もない ・・・

 

Img_0012 

クロトン と言う 個性的な グリーン。

 

先月のレッスンで使った 花材のひとつ。

この画像のクロトンは

1月に作った 「 頼まれものアレンジ 」 で 使ったもの。

 

 

鉢物でも 出回ってますわね bud

 

 

 

< プロフィール >

 ・ 分   類 : トウダイグサ科 クロトン属

 ・ 原産地 : マレー半島、オセアニア

 ・ 和   名 : 変葉木 ( へんようぼく )

 

変葉木の名の通り、葉の形が 変化しやすい。

広葉系、長葉系、鉾葉系、螺旋葉系、有角系、細葉系、飛葉系などの

種類がある。

斑点や 葉脈に 赤、黄、紫、白など

カラフルな斑が入るものが 多い。

 

 

画像のクロトンの大きさは 20㎝ 以上。

大きなアレンジを作る時などに アクセントとして入れると

とても 映えるグリーンです。

 

 

 

 

いつもながらに

本題より 前置きの方が 長いなぁ coldsweats01

| | コメント (2)

2008年7月 2日 (水)

特殊手法-片口もどき-

いやはや・・・。

 

久しぶりに

今日は 朝から 頭痛で起きられず。

夕方近くに やっと 復活です。

 

野球が始まるまでに 起きられるようにならなくては!

 

ひとつの執念 でしょうか。

そうまでして 頑張って 治したのに

今日も ネコ、否、ライオンに ビハインド。

 

いつも いつも

試合前は 絶好調と伝えられる グリン。

試合が始まると とても そんなふうには 思えないんだけど。

今年は 何かが違うぞ、グリン。

去年を思い出して 頑張ってくれ~ baseball

 

さぁ、後半。

頑張れ!ファイターズ!!

 

 

 

 

 

 

 

Img_0039 

グリン つながり、ではないけれど。

 

今日の器は

半分 織部をかけた 片口もどき。

 

ブレンド土 ロクロ挽き

φ 8,5 ㎝ H 8 ㎝

 

タイトルの 特殊手法 と 言うのは

この ザラザラとした質感を出すのに

ちょっとした 「 手 」 を 使った、と 言うだけの話 confident

| | コメント (3)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »