« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

お花見 - 市ヶ谷 ~ 四谷の土手編

Img_0024 

今年のお花見ツアーは いつもと違う所に 行ってみようか。

と 言うことで、まずは 市ヶ谷の外濠沿いの桜を。

向こうを行くのは 中央線の電車 E233系 ですな。
 
 

Dscn7559 

桜が 水の上にせり出して、たっぷり咲いてる感があります。

水面にも映っていて 綺麗でした。

水鳥も お花見していた模様です。
 
 

Dscn7564 

そして、恒例の 四谷の土手の桜。

もう 桜のトンネルが ずーっと 続いてます。

 

そして、木の下には

花見客も ずーっと 続いてまして

老いも若きも 宴を 繰り広げておりました。

                               ( つづく cherryblossom

 

 

** 2009年 市ヶ谷・四谷編 **

・ 3月末の四谷の桜は・・・

・ 四谷の桜 と 北の桜

・ 満開の桜、桜、桜、そして 夜桜の ・・・
 
 

| | コメント (0)

2008年3月29日 (土)

日本フラワーデザイン大賞

日本フラワーデザイン大賞 

昨日から 東京国際フォーラムで行われている

日本フラワーデザイン大賞の展示会に 行って来ました。

 

アレンジ、ブライダルブーケ、花束、オブジェ、ウィンドウディスプレイ など

様々な部門に分かれておりまして、その展示数は 400にも届くほど。

 

お花と言っても 生花だけではなく、

ドライもあれば プリザーブドもあり。

ディスプレイには 様々な資材を使い、

色々な お花の可能性を 感じました。

 

特に目を引いたのが フローラルアクセサリー。

お花を使った装飾品と言えば コサージュが 頭に浮かぶのだけど

これは、小さなお花などの花材を使って

ネックレス、チョーカー、髪飾り などが 作られているのです。

それは 繊細な作品が 並んでおりました。

 

体験レッスンや デモンストレーションなども ある様子、

明日の16時まで 行われております。

ご興味のある方は 是非 足をお運びください。

NFD大賞サイトは コチラ

| | コメント (2)

2008年3月26日 (水)

チューリップ ・ 4種

先日、「 春爛漫 」 の記事でアップした

花mame購入のチューリップを ひとつずつ ご紹介しましょ。 
 
 

Img_0236 

「 バラード 」 と 言います。

ふくよかな 花の根元、ツンと尖った 先端。

ピンクに近い紫色に 白い縁取り。

何となく 大人の女性を思わせるチューリップじゃありません?

開くと また違った様子を見せる 百合咲きの花です。

 

 
 

Img_0238  

「 アラジン 」 と 言う、同じく 百合咲きの花。

赤に近いオレンジ色に 黄色い縁取り。

ちょっと キッチュな感じもする この花は

差し詰め 元気のいい女の子、と 言ったところ?

生きが いいだけに 持ちも いい花です。

 
 
 
 

Img_0241  

こちらは 「 バレリーナ 」

同じく 百合咲き。

華やかな オレンジ色、すらりとした 立ち姿。

画像は 軽やかに踊っているようにも 見えたりして

まさしく バレリーナ と 言ったイメージ。

これ、香りも いいんです。

 

 
 
 
 

Img_0243  

これも 百合咲きの 「 カボタ 」 。

エンジと黄色のコントラストが 印象的。

エレガントな 花姿です。

 

 

 

Img_0207 

今日のチューリップは どれも 茎が細め。

しなやかなラインを作るには うってつけかもしれないですね。

| | コメント (4)

2008年3月25日 (火)

チューリップ・ベロナ

Img_0212  

今月のレッスンで使った やさしい黄色の八重 ベロナ

 

花束がテーマだったため、必要のない葉を 落としたら

その葉のあった所から 折れてしまった花が 何本かあり、

帰宅してから 丸い花器に 生けてみました。

 

茎が しっかりしているせいか

長い方のチューリップに 少し 硬さが見えます。

 

 

 
 
 

Img_0234  

それが 数日経つと こんな風に。

上との違いが わかります?

花が開いて 重くなり 茎がたわんだ感じもするのだけど

ポイントは 葉っぱ。

花が開くとともに 葉っぱも成長して 茎から離れて 丸まったんですね。

 

自然に こうなっただけなのだけど、何だか

アレンジとしては こうした方がいいんだよ、

と チューリップに 教えられたみたい。

 

 

ベロナは、他の八重に 引けを取らない豪華さを持った花。

ただ 満開になると ちょっと 花粉が気になる所。

画像のように 横に生けると 下に 花粉が落ちて来ます。

 

 

< 花器 >

半磁土 ロクロ挽き

口径 3 cm 胴径 10 cm 高さ 9 cm

 
 
 

| | コメント (3)

2008年3月24日 (月)

花の小鉢

Img_0254 

一昨日、東京では 桜が 開花したとのこと。

昨日の暖かさで さらに 開花した様子、TVで 見ました。

 

「 開花 」 と言うのは、ご存知のように

靖国神社の標本木が開花した と 言うことで

東京のすべての桜が 開いたわけではないのですな。

 

いえ、もちろん その桜だけでなく、咲いている桜も あるでしょうが、

うちの近所は まだ ツボミ状態。

でも、木が 全体に赤っぽく見えるので、

かなり膨らんでいることは 確かなようです。

このままの気候が続いて この次の土日が晴れれば、

いい お花見日和となることでしょうね cherryblossom

 

 

さて、今日の画像。

かなり昔に 作った 花模様の小鉢です。

ふだん随分と 使っているので

アップする器として 考えていなかったのだけど、

さっき ふと見て

「 あら、春 らしいゎ 」 なんて 思ったもので happy01

 

赤土 型作り

φ 11 cm H 3,5 cm

 

型作りって、タタラ ( 板 ) にした土を

石膏の型にかぶせて その型を取って

必要のない土は 「 針 」 と言う道具で 切り落とすのですが、

まだ 慣れていない頃で その針の入れ方が 悪かったんですな。

小鉢の口にあたる部分が ギザギザ ・・・ coldsweats02

それを見た お師匠様が

「 これは これで 面白いから 」 とおっしゃったので

そのまま作った と 言うシロモノ。

 

小鉢に 直接 口をつけて 食べることはないし、

釉薬をかけたせいもあって

アブナイほどの ギザギザではないのです。

 

そして、

素焼の前に 黄色 と ピンク で 花を描いて

白萩を かけてあります。

でも、ピンク系の花にしか 見えないでしょ。

それが 釉薬のマジックなんだなぁ ・・・ wink

| | コメント (4)

2008年3月21日 (金)

チューリップ ・ サッポロ 02

Img_0105_4 

先週、市場で手に入れてきた サッポロ の その後です。

 

Img_0104

上2枚は その次の日に

明るく暖かい場所に置いて 開かせたもの。

明るい黄色が とても綺麗 shine

 

 

 

Img_0159

これは 今週の初めに 撮ったもの。

色も外側は白っぽくなってますが

中はまだ黄色っぽさが残っています。

 

チューリップって 切り花でも どんどん成長して

花も 大きくなれば、茎も 伸びてくる。

 

昔、写真などで チューリップが花瓶から

たおやかに しなだれている様子を見て

すごくおしゃれで 素敵に 見えたもの。

 

でも 当時、

アレンジで チューリップを 横向きに挿しても

次の日には ピンと 真上を向いていたりして

あれには 何か特別なテクニックがあるものだ と 思っていました。

 

いや、あったのかもしれないんですが coldsweats01

 

そして チューリップの種類や 茎の具合によって

違うのかもしれないのですが。

 

 

ここのところ、うちに豊富にある チューリップの様子を見ていると

茎が きれいなカーブを描いて 花首を下げるのは

自然のなせるワザなのかもしれない と 思ったりしています。

 

2枚目の画像のチューリップに対して

花mameは 何も 手を加えていません。

           ・・・・・ だから 茎がバッティングしてたりして bleah

自然が造る形って 一番 美しいのですよね。

 

 
 

 

Img_0162
 

サッポロは 百合咲きのチューリップ、と 前に 紹介しましたが

この姿、まさしく 百合ですよね。

白からクリーム色へのグラデーションも 綺麗です。

 

 

 

 
 

Img_0209 

これは 昨日 撮ったものですが

3枚目と比べても 白味が 増してます。

前回や1、2枚目に比べると かなり 白に近くなっています。

花が大きくなったせいも あるんでしょうけどね。

でも、雪のように白い とまでは ・・・ どうでしょう? snow

 

 

  
 
 

Img_0158  

そして、散る時は 花ごと スルッと

茎とメシベから 抜け落ちる感じ。

さわると パラッと 一枚ずつに 分かれます。

散り蓮華 ならぬ 散りチューリップ note

花弁に オシベがくっついてるのが オモシロイです。

 

 

一口に チューリップと言っても

種類が様々なら 性質も様々。

出来るだけ その性質を知った上で 使って行きたいものですが

何せ、種類が多すぎる上に

年々 新しいものが出てきて 古いものが消えて行ったりするので

なかなか 思うようにはいかないものです。

 

切花チューリップの季節も もうすぐ 終わり。

でも、もう少しの間は たくさんの種類がありますから

お好みのものを選んで

時間の経過とともに 変わりゆく姿なども

楽しんでみてはいかがでしょうか tulip

| | コメント (2)

2008年3月20日 (木)

春爛漫

Dscn7462 

昨日の レッスン花材です。

 

先週に 引き続き、

チューリップと ラナンキュラスの 「 キュートな花束 」 を テーマに 制作。

肝心の花束は 写真を 撮り忘れ coldsweats01

 

クリーム色のレースのシートで ラッピングをして

名前のとおり キュートに 出来上がりました。

 

使用花材は

チューリップ ・・・ アンジェリケ、 ベロナ、 ラルゴ

ラナンキュラス ・・・ ベニテマリ、 Mオレンジ、 Mピーチ

 

今回のレッスンは

あらかじめ チューリップと ラナンキュラスを 10本ずつ 組み合わせておき、

お好みのものを 生徒さんに 選んでいただきました。

 

この生徒さんなら この組み合わせを選ぶかな? と 思って見ていたら

そのとおりだったり、意外にも 違うものを選んだり。

後で 聞いてみると

好きなものとは違う色に 挑戦してみた なんて方も いらっしゃいました。

 

何だか 選ぶことも 楽しそうだったので

そのうち、花の種類も 自由に選べるようなレッスンもしてみたい と 思いましたね。

 

 

 

さて。

上の画像の花材、使用花材に書いたものより 実は 多いのです。

友人と 花mameが 自分用に購入したものも 入っているのですな tulip

 

 

 

 

 

 

Img_0163_2

これは 花mameが買った チューリップ。

ちょっと お祝の花束を 作りたかったもので

40本 仕入れて来ました。

 

家に これだけあると 春爛漫 って 感じがします。

 

 

帰宅してから 水揚げをして

花束を作って ペーパーとリボンで ラッピングして持って行きました。

 

見慣れないチューリップもあったので

贈った相手の方は とても 喜んでくださいましたょ shine

| | コメント (2)

2008年3月18日 (火)

ポット - ハウス -

Img_0156 

久しぶりに つちものを。

 

白土 ロクロ挽き 透明釉 還元焼成

φ 6,5 cm H 7 cm

 

ちょっと キュートで

急須と言うより ポットと言う方が 似合う感じでしょ。

 

さてさて、

これで飲むのは

どんなお茶でしょうかな japanesetea 

 

 

 

 

そうそう、

つちものは 「 陶芸 」 と言うカテゴリーに 一括で 突っ込んであったんですが

自分で探しやすいように、は もちろんのこと、

検索をかけて来てくださる方にも 目的のものが 早く見つかればいいかな と 思い、

陶芸の中から さらに用途別に 分けてみました。

ゆくゆくは 動物もの とか 花もの とか

もう少し わかりやすいように 分けられたらな と 思ってますが

当面 こんな感じでいきたい と 思います confident

 

 

花カテゴリーの方も ずっと前に 分けてあったんだけどね。

ダレか 気づいた人いたかな smile

| | コメント (3)

2008年3月17日 (月)

はて? 何の花

先日アップの チューリップの その後です。

 

 

 

 Img_0002

 

これが、マウントタコマ。

言われてみれば ・・・ って とこで

これを 最初に見せられたなら

「 はて? 何の花 」 って 感じじゃないでしょうかね。

 

 

 

 

Img_0134

 

こちらが 「 イエローポンポネット 」 。

八重のチューリップは

ここまで開いても 見苦しい感じは ないですな。

 

 

 

Img_0129_2

 

で、一緒に飾ると こんなふう。

今は 花の重さで ちょっと花首が 下がってきてますが

本数が少なくても 豪華な感じになってます。

| | コメント (2)

2008年3月15日 (土)

チューリップ ・ イエローポンポネット

Img_0115  

チューリップ 3種類目。

春 ですからね。

どうしても 花ものが 多くなりますな。

 

本日は 「 イエローポンポネット 」 と 言う

明るい黄色の 八重咲チューリップ。

 

           「 ポンポネット 」 って 中世の婦人帽なんだそうだけれど

           それに 似ているんでしょうかね。

 

 

 

ここのところ 暖かい日が続いているせいもあって

昨日のマウントタコマもそうですが 満開状態。

そのうち 画像を アップしてみますが

パッと見、チューリップには 見えません。

 

咲いた~ 咲いた~ チューリップの花が~ ♪

の 時代と 今とでは

花も かなり 様変わりしているようです。

 

もちろん、オーソドックスな 一重のチューリップも 健在ですけどね tulip

| | コメント (3)

2008年3月14日 (金)

チューリップ ・ マウントタコマ

Img_0111 

今日は ホワイトデー

朝から 土higeさん 大忙し (・m・)

 

ちょいと 準備が悪く

制作物が間に合わないので

引き換え券を お作りになってました happy02

 

金曜 と言うこともあり

デートの方も 多いでしょうに

当地のお天気は あいにくの雨 rain

でも、ラブラブの方たちにとっては

天気なんて関係ない ってとこでしょうかね heart04

 

 

さて、そんな本日は

レッスンで使った

マウントタコマ と言う 八重の 白いチューリップを。

 

                         うん、

                         ただ 白いから ってだけのことよ bleah

 

 

マウントタコマ と 言うことは

タコマ山 と言うのが あるのかと思い、ちょいと 調べると ・・・ 。

 

アメリカは西海岸、ワシントン州にある レーニア山 の 別名でありました。

先住民の方たちが 「 水の母 」 を意味する 「 tacobet 」 と 呼んでいて

それが転じて 「 タホマ 」 や 「 タコマ 」 と 呼ばれるようになった とのこと。

この地に移住した日系人たちが 「 タコマ富士 」 と 呼んでいたように

同じ 成層火山、富士山に似た?形を しております fuji

詳しくは ウィキペディア を 参照くださいませ。

 

 

花の方は。

ツボミのうちは グリーンが 少し目立つ感じですが

茎が しっかりとしていて

花弁は 純白で 品のいいチューリップです。

満開になっても 綺麗。

小ぶりだけど 牡丹か 芍薬のような 感じすらします。

| | コメント (3)

2008年3月13日 (木)

チューリップ・サッポロ

Img_0088 

ずーっと以前、そう 2年ほど前かな。

新潟物産館で 開かれていた 「 チューリップ展 」 で

初めて出会った チューリップ ・ サッポロ。

 

その すっきりとした 百合咲きの花姿に とても魅せられて

市場で出会ったら 絶対 手に入れよう、と 思っていたのですが

その後 なかなか機会に 恵まれず。

 

先日 やっと出会えたので 迷わずGET tulip

 

サッポロは

雪のように白いチューリップ、と 紹介されていることが 多いのだけど

チューリップ展で見たのも これも 薄いクリーム色。

確か 咲き始めはクリームで 後に白くなる、と 聞いた覚えがあります。

経過を 観察してみたいと思います。

 

名前から 日本のチューリップか と 思いきや

作出は オランダ。

他に ヨコハマなど、

都市名の付けられたものが 作られているようですょ。

| | コメント (2)

2008年3月12日 (水)

今日の レッスン花材

Dscn7443 

今日は お花のレッスン日 tulip

春らしい花束を作ろう と 言うことで

チューリップと ラナンキュラスを たくさん 仕入れて来ました。

 

いや~ 花も 何百本もだと、かなり 重いものですゎ wobbly

 

 

向かって 左の方が チューリップで

右の方が ラナンキュラス。

チューリップは 八重のものばかりだったせいか

チューリップなものか ラナンキュラスなものか

一瞬 わからなくなるものも。

 

チューリップは

アンジェリケ、マウントタコマ、マルガリータ、イエローポンポネット、

あと一種類の名前が どうも わからず ( 左上の赤白復色のもの ) 。

 

 

ラナンキュラスは

キミ、ナンシー、アンティーブ、オモシロ咲き ( P ) 、Mオレンジ、Mブルー。

 

Mオレンジ、Mブルーの 「 M 」 は 「 宮崎県 」 の 「 M 」 なんだそう。

いろんな分野で 宮崎県は 頑張ってますなぁ happy01

 

 

 

でもさぁ ・・・ 。

 

 

同じ 「 M 」 の頭文字を持つ

「 宮城県 」 と 「 三重県 」 の立場は どうなるんだろうね ・・・ ?

| | コメント (2)

2008年3月11日 (火)

黄色のアルストロメリア 02

Img_0009 

暖かい日でしたなぁ。

関東など 4月下旬の気候とか。

こんなに暖かいと 気温が少し下がっただけで

寒~い、と 感じてしまうのではないか なんて思ったりします。

 

雨の次の日の 晴れの日 と言うことで

花粉も いっぱい飛んだ模様。

晴れてる割に 景色が かすんで見えたのは

そのせいではないでしょうが

花粉症の方には ちと 辛い日だったでしょう。

                        ぃゃ、まだ 続くのかな ・・・ coldsweats01

 

 

画像は 2月5日 に載せた アルストロメリア。

新鮮なうちに 撮ってあったものを 見つけたので

再度 アップです。

ケータイのカメラとの 違いもあるけれど

シベも ピーンとして いかにも フレッシュ って感じ。

やっぱり花は 新しいうちに 撮っておかなきゃね tulip

| | コメント (2)

2008年3月10日 (月)

異動の季節

異動の季節 

土higeさんの会社でも

ぼちぼちと 送別会が催される季節となってまいりました。

 

画像は

先日の会で いなくなる方からいただいた 記念の品。

ピンチの際には

是非 使わせていただきたいものと思います。

| | コメント (4)

2008年3月 8日 (土)

とろりん茶碗

Img_00702 

いいお天気、気温11度 sun

でも 何だか 気だるい。

春って感じの日です。

 

そんな本日は お茶碗。

 

ブレンド土 ロクロ挽き。

φ 11,5 cm H 6,5 cm

白マット釉

 

釉薬の中に 削った土を 加えてみた。

土の中の鉄分が 何か反応してくれるかなぁと。

何となく 粒々があちこちに出てたりしてるので

何らかの効果はあったのかな とは思います。

 

それよりも

とろっとした風合いが この茶碗の特徴になったみたい。

きめ細かいビールの泡のような

アイスクリームの溶けた部分のような ・・・ 。

持つと トロ~ンと溶けて なくなっちゃったりして sweat02

 

 

話 変わって

只今 TVで 野球観戦中。

日ハム VS 巨人

今年も 野球の季節が やって来た baseball

本日 花mameの誕生日 birthday なので

記念に 是非 勝って欲しいものですな scissors

| | コメント (5)

2008年3月 7日 (金)

月 と 街灯

Dscn7383_3  

まだ 街灯も 灯らないうちに

天高く 昇った月。

 

この少し前

航空機が 月の横を 通り抜けて行った。                   

| | コメント (2)

2008年3月 6日 (木)

デルフィニウム・サクラ

Img_003104  

昨日、気象庁の 桜の開花予想 が 出ましたね。

今年は 寒い冬だったせいか 開花は 比較的遅めだそうで

東京は 3月27日 とのこと。

お花見の予定は 例年より遅くしておいた方が 無難かも。

 

ところで

気象協会の方の 開花予想 も あるんですね。

日にちが 微妙に違うのが オモシロイところ。

さて、どちらが 当たりますやら ・・・ 。

 

 

 

 

   賭けますか?

        ( ちりとてちん 加藤虎ノ介 演じる 四草風 )

 

 

 

 

 

 

 

 

                          いや、賭けませんから、ね?

 

 

 

 

 

そんな話は 置いとくとして

本題は 2月のレッスンに使った 花材

デルフィニウム ・ サクラ 」 です。

 

前置きとの共通点は この 「 サクラ 」 と言う名前だけだったりする ・・・ coldsweats01

 

色は 桜の花のような 優しいピンク、

形も 何となく 似てたりして

この名前は イメージピッタリ。

 

今日は、

少し早めの お花見をどうぞ cherryblossom

と 言ったところでしょうかね。

| | コメント (2)

2008年3月 5日 (水)

焼締めの急須

Img_0068 

日中 日が照ったものの 何やら風が強く 寒い一日でして。

これから 少しずつ 暖かくなるとのこと、

春は もうすぐ そこまで来ているのですよな。

 

さて

寒い日には 温かいお茶が 美味しかろう、と 言うことで

本日は お久しぶりに 急須などを アップしてみましょう。

 

黒土 ロクロ挽き

φ 5 cm H 8 cm

 

釉薬をかけずに 焼締めてあります。

土の手触りそのままに ちょっとイイ感じの出来上がり ♪

 

水の切れ具合がね、

ちょっと 惜しいんだ。

口の先に ほんの一滴 残るのです。

これが 口の中に スゥーッと 吸い込まれるようになれば

売りに出してもいいんじゃないか と 思うんですがね wink

| | コメント (2)

2008年3月 4日 (火)

梅まつり

Img_0059 

この前の土日 続けて、とある会合に 出席したんですが

何だか 心身ともに ヒジョーに疲れまして shock

 

近くの公園で 「 梅まつり 」 と言うのを やっていたようなので

疲れを癒して来ようと 出かけてまいりました。

 

ちょうど 白梅が 満開で

梅の香いっぱい漂う中の 散歩、

とても リラックス出来ましたなぁ。

 

香りまでは お届け出来ませんが

梅の花を 一輪、皆様に お裾分け致しまする confident

| | コメント (3)

2008年3月 1日 (土)

カーネーション・レリシア

Img_00474_2  

先日の市場で購入した カーネーション ・ レリシア。

従来のカーネーションより 大きく ヒラヒラ感が あるような気がします。

 

レリシア と言う名前は

「 Release - 解放 - 」 と言う意味合いで つけられたとのこと、

新しい栽培 加工法によって 作られているそうです。

サイトは コチラ

 

 

今日はお試しで PCから 画像をアップしてみました。

買い換えてから、どうにも Macちゃんとの 相性が悪く、

固まりがちだったのですが

今日は ご機嫌よく 付き合ってくれました。

うまく行きそうなら

これから少しずつ PCからの画像アップを 増やしていきたいと思います pc

| | コメント (6)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »