« サンタさんの査定 | トップページ | 雪景色 »

2007年12月26日 (水)

登り窯で

登り窯で  

11月のはじめに

「 制作中 」  と言う記事に

アップした ぐい呑みが 出来上がってまいりました。

 

 

お師匠様の お知り合い関係の方たちで

登り窯で 器を焼く、と言うイベントを 行うと言うことで

教室のみんなの器も 一緒に焼いていただくことにしたのです。

 

何せ 電気窯以外で焼くのは 初めて。

いろんな土で 試してみたかったけれど

そこは 先立つものも 関係してくるし

焼き締めでも いい味の出る 備前土でお願いしました。

 

何の木で 焼くんだろう ( 赤松かなぁ ) 。

自然釉って どんなふうなんだろう。

どんなふうに 出来上がってくるんだろう。

でも 焼いている途中で 割れたりしないかなぁ。

 

なんて、期待と不安の 入り混じった気持ちで

出来上がりを 待っていました。

 

 

画像のぐい呑みは みんな 同じ土を使っています。

上の白っぽいのは 藁を巻いて 電気窯で 還元焼成したもの。

火襷 と 言います。

そして 下の2個が 先日の記事のもの。

かたく焼き締まって、いいツヤが 出ました。

そして 器の底と 縁の部分に 胡麻が。

焼いた木の灰が 薄くかかったのでしょう。

いい感じに 出来上がり、満足満足 です。

 

いつかは

お願いするのではなく

実際に 自分で薪をくべて 焼いてみたいもの。

それまで しっかり体力を 付けておかなくていけませんなぁ (^▽^)

 

 

以上、久々の つちもの でしたな。

今年 つちものが少なかったのは

基本に立ち返って ひたすらオーソドックスな器を 作っていたから。

< つち * はな > っぽいのが なかったのだな (^^ゞ

来年は もう少し紹介出来るようなものを 作っていきたいと思います。

 

 

 

と 言うことで

明日 北海道へ帰省します。

また 北海道の様子など ボチボチ アップしていきます♪

|

« サンタさんの査定 | トップページ | 雪景色 »

陶芸 - 酒器」カテゴリの記事

コメント

おおお!
いよいよご帰省ですか~。
いってらっしゃいませですなあ~。
あちらは雪でしょうかなあ。
ふふふ。

再び、おおお!
久々の「つち」作品ご登場ですな☆
へえ~、同じ土を使っても、
焼き方?で、こんなにも表情が違うものなのですかあ。
少々、ビックリですな。

登り窯かぁ。
以前 仕事で、登り窯を持っている方の工房に
オジャマしたことがありますが、
火との戦い、みたいなことを聞いたような記憶がありますなあ。
あれって、女性の皮膚には、ちょっと過酷そうでしたぞ。
火傷しちゃうカモですぞ。
火傷したら痛いですぞ。

投稿: ゴン太 | 2007年12月26日 (水) 15:45

>ゴン太さま
 
こんばんは。
 
はい~ 年末年始は北海道です。
雪がいっぱいで 寒いのだろうと 今から覚悟を決めています ^^
 
そうなんです、焼き方とか窯の種類で 違ったりするんですね。
熱で焼くのと違い、火で焼くことと、
木の灰が 釉薬となるので
出てくるまで どんな状態なのかわからないのも 魅力です。
 
あは、火の近くで薪を投げ入れるのですから 熱いし、
三日三晩焚き続けるとか聞きますから 確かに過酷ですよねえ。
器の前に 人間が焼けそうw
皮膚も鍛えておくことにしましょう ( どうやって? w )
 
いやいや、
登り窯は無理としても
穴窯では焼いてみたいものです ♪
ぃぁ、その前に 電気窯が欲しい www

投稿: 花mame | 2007年12月26日 (水) 17:52

いってらっしゃ~~い。
ゆっくりくつろいできてくださいね。
ぐい呑み、とってもきれいで、いい雰囲気に出来上がったんですね。
自分で焼くのはとっても大変そうです。
来年もよろしくお願いします♪

投稿: Amy | 2007年12月26日 (水) 21:58

>Amyさま
 
はぁい ^^
ありがとうございます。
 
なかなか携帯カメラでは良さが出ないんですが
雰囲気だけ伝われば、と思います♪
 
そうですねえw
焼くだけでなく火の回りを予想して 配置をするところからですから
ホントに大変なんですよね。
まずは 電気窯から始めなくてはいけないってことですね w
 
こちらこそ 来年もよろしくお願いいたします m(_ _)m

投稿: 花mame | 2007年12月26日 (水) 23:39

い…今頃のコメントを失礼致します(^^ゞ
きちんと気に掛けておりまして(*≧艸≦)
拝見した瞬間に゚+.(ノ。'▽')ノ*.オオォォ☆゚・:*☆
感嘆の声があがったのは内緒ですw
ん~相変わらず素晴らしい出来栄えですなぁ!
と言いますか、ワタクシには芸術のゲの字も備わっておらず
人様の作品の批評なんぞ持っての外なのですが
本当に溜息モンでございます(*- -)(*_ _)ペコ
いやぁ~しっぽりと熱燗頂きたくなってきましたなぁ♪
色具合、なんとも手にしたくなるような質感。
どれをとっても嗚呼、、、アタクシにも才能があったならw
そう思わされる一品でございます!あっぱれ~ヽ(*´∀`*)ノ

投稿: 恋水 | 2008年2月11日 (月) 16:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サンタさんの査定 | トップページ | 雪景色 »