« 亀十の「どら焼」 | トップページ | フラワーバッグ »

2007年10月16日 (火)

大きな器

大きな器
最近 あまり良いニュースを 聞かないような気がするなぁ … 。

「何か いい事や いい話はない?」
「うーん … ないねぇ。」
なぁんて 会話を 友達としてみたり。

でも
たとえば 誰かにいい話があったとしても
別の人には いい話じゃなかったり …

 
と言う事も あり得るわけで。

 

 

 

昨日さぁ、
ファイターズが勝って、王手だよ~!

と言う ファイターズファンには
この上ない いいニュースも

マリーンズファンには
悪いニュースだったりする。

これは 極端な例だけどね (^-^)

 

 

 

どこかで 誰かに いいニュースがあったら 一緒に喜んであげたいもの。

利害とか感情がからむと
なかなか そう行かない事も
往々にして あるようだけどねぇ … 。

 

 

 

さて、本日は。

多分 作った中で 一番 大きな器。

φ 25.5㎝ H 10.5㎝
ブレンド土 ロクロ挽き。
素焼きした後で 口の一部が 欠けてしまったので
丸く削って お箸やサーバーを置いたり
ワインクーラーとしても 使えるようにしたもの。

人をお呼びした時などに
サラダや煮物などを ドッサリ入れて お出しするのに
こう言う 大きな器は 便利だったりしますね。

それと 手前にある小さなモノは
以前 紹介した ハムスター の 角砂糖入れです (^▽^)

花mame、
人間としての器も
大きなものに憧れるのだけれど

実のところは
まだまだ このハムスター並だったりするかも (-.-;)

 

 

 

 

をい …

 

 

 

…いくらなんでも そりゃ 小さすぎだろう (^^;

|

« 亀十の「どら焼」 | トップページ | フラワーバッグ »

陶芸 - 器」カテゴリの記事

コメント

おおお!
口が欠けたことで、
器の利用方法が広がるなんて、
なんだか昔話にありそうなお話ですなあ~。
あはは。


人間としての器ですか。
花mameちゃんは、随分と難しいことを考えますなあ。

多分、お教室などを持たれている方は、
自分が選んでお付き合いしている友人以外の、
普段は自分から近づかないようなタイプの方とも
関わりを持たねばならないでしょうから、
フツーの人より器がデカリン」なのではないでしょうかなあ。
こらのブログのカキコに対する、
花mameちゃんのお返事の柔軟性からみても、
器の広さを感じますぞ。
お世辞じゃなしに。
ははは。

投稿: ゴン太 | 2007年10月17日 (水) 09:40

>ゴン太さま
 
こんばんは。
 
あはは ・・・
窮すれば通ず、ってとこでしょうか www
せっかく 大きなものを作ったのに
欠かしてしまうと言うのが なんとも ・・ (^^ゞ
 
いやいや
大きく見えるかもですが 実はそうでもないのですょ w
教室も 友人つながりの生徒さんたちなので
気心も知れてますしね w
 
そういう意味で言うと、
お仕事上でお付き合いの多い方の方が 大きいように思いますよ♪
ゴン太さんもそうでしょう (^-^)
 
花mameの大きいのは 勘定の方で。
あー、それでも大きさは ドンブリ程度ですなぁ ww

投稿: 花mame | 2007年10月17日 (水) 20:07

おはようございます。

花mameさん、大きな器、私大好きなんです。
器の用途は限定しません、その時の気分でいろいろ・・・
お花を入れたり、小物を入れたり
大勢のお客様の時は大量のサラダだったり、煮物だったり・・・(笑)
器って心が和むのですよね~~
器を眺めていると使い方、、、
どんどんアイディアが浮かんで止まらない。
口の欠けた話に、似たような話が・・・
ある会場で50センチ位の大きな花器が、
運送中に口が欠け・・・売り物じゃない。。
展示してました、口の一部はお花で隠せばイイし・・・
売れないと言うのを納得した上で売って下さいと・・・
座り込んで粘った記憶思い出しました(笑)
今では玄関でお客様のお迎え・・・
水換えが大変なんです。。。

投稿: けいな | 2007年10月18日 (木) 07:48

こんにちは^^

ご無沙汰しておりました。
花mameさんの器は太平洋のように大きい器だと
思います。
僕は、まだまだお猪口くらいかなぁw

投稿: まっしろ | 2007年10月18日 (木) 12:53

>けいなさま
 
こんにちは。
 
おぉ、
売り物ではないものを 粘って手に入れられましたかw
売れないと言う 作り手 ( 売り手? ) さんの気持ちも
よくわかりますし、
そこまで請われるならお譲りしましょう と言う気持ちも
よくわかります (^-^)
その器は、けいなさんの元に来て
しあわせだったと 思いますねぇ♪
 
先日行った展示会でも
やはり 大きな花器 ( つぼのような ) がありまして
それは 寝かせて焼き、土の重みで わざと穴をあけてあるのです。
大きな枝ものや 大輪のユリなどを 活けてみたくなるようなものでした。
でも、そういうものは
お店や旅館の入口にこそ 似合うのだろうなぁ と。
いえ、もちろん 拙宅に置く場所などなく、
それ以前に とても手の出る価格ではなかったんですけどね (^^ゞ
 
 
 
 
>まっしろさま
 
こんにちは。
 
こちらこそ ご無沙汰してました (^^ゞ
お忙しいのだろうと思っていましたょ。
 
あはは。
太平洋と来ましたかぁw
そりゃまた得体が知れない感じで
まさしく 花mameっぽいかもしれませんねw
 
きっとね、
みんな自分が思っているよりも
人から見ると 器は大きいのだと思いますょ♪
 
お猪口と言うのは
いくら入れても ( お酒?w )
いっぱいにならない器なんです。
だから 形は小さくても
その実は大きかったりするんですよ (^-^)

投稿: 花mame | 2007年10月18日 (木) 17:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 亀十の「どら焼」 | トップページ | フラワーバッグ »