« その後のスティックブロッコリー | トップページ | 仙人の忘れ物 »

2007年8月24日 (金)

FLY WITH ME

意外に 元気そう でしたねえ。

 

うん、朝青龍。

あれなら モンゴルにも 無事 帰れそうだわ。

やっぱり 生まれた土地で しっかり治すが いいじゃない?

 

だけど 

肘が とんでもなく 傷んでいる とか

腰が 疲労骨折している とか

今度は 精神的にも キツイ状態で 

帰る 帰る って 言ったって

海を渡って 国をまたいで 帰るんだもの。

1時間やそこらじゃ 無理でしょ。

 

花mameが イナカに 帰るのだって

家を出てから たどり着くまで 7時間ほど かかるんだもんね。

成田空港と ウランバートル間を 考えたって 結構な時間。

ドア TO ドアだと もっとかかるでしょ。

体力 いりますって。

 

でも、あれなら 大丈夫そうだゎ。

 

 

 

話 変わって

みなさんのお宅でも そうでしょうが

色んな配達員の方が いらっしゃるんですゎ。

 

 

郵便や 宅配便の方 とか

乳酸菌飲料の方 とか

お掃除グッズ関連会社の方 とか

食材などの 宅配の方 など など。

 

 

乳酸菌飲料の配達員の方とは

もう 何年もの お付き合いなのだけど

このたび、配達の地域が 変わるのだそうで

今日は お別れの日でした

とても いい方だったので お別れは 寂しい限りです。

 

 

食材宅配の配達員の方は

「 ボク、虫が 苦手なんです 」

今時期、セミが 昇天して

そのへんに 転がってるのが イヤで 仕方ないんですって。

 

 

先ほど みえた 郵便の方は

「 ボク、 実は 高所恐怖症で ・・・ 」

花mame家は 最上階、

玄関の前には 落ちないように 柵は あるものの

とても 見晴らしのいい柵なもので

この方、そちらを見ないように そそくさと 帰って行かれました。

 

 

うちにいるだけでも 色々な人が いて

ホント、人付き合いと言うのは 面白いものです (*^^*)

 

 

 

 

 

 

さてさて。

 

今日は つちものを。

 

 

 

Img_0145絵が 出来上がるまでの

工程から。

 

 

 

 

 

 

 

Dscn5898上のものに 絵具を 乗せて 鳥の部分を 掻き落とす。

一緒に飛ぶ仲間は 多い方がいいから

バランスを見ながら 増やしていく。

 

 

 

 

 

 

 

Img_0167そして 出来上がったものが コレ。

夕景に群れ飛ぶ鳥 の図

くすんだような色合いが 気に入ってます。

 

 

 

 

 

 

 

Img_0164

コチラ、先日 近所の空を 飛んでいた 飛行船。

一緒に飛んで、 と言われても

高い所が苦手な方には 迷惑なだけの お誘いなんでしょうね (^-^)

|

« その後のスティックブロッコリー | トップページ | 仙人の忘れ物 »

陶芸 - 酒器」カテゴリの記事

コメント

こんにちは^^

相変わらず、センスの良い作品ですね。
今まで作った作品で個展とか開けそうですね^^

お花と土の作品展 by モリ花mame

って感じですかねw

投稿: まっしろ | 2007年8月27日 (月) 16:30

作品についてコメントを申し上げたかったのですが、

>花mame家は 最上階

こちらに反応してしまいましてなあ。
だって、最上階って地上からの高さだけでなく、
価格だってお高いでしょうからなあ~。
お引越しなさったころの夕日のお写真を見た限りでは、
かなり高い建物とお見受けいたしましたなあ。
もしかして夜景も綺麗だったりするのですかな。
イイですなあ~。

投稿: ゴン太 | 2007年8月27日 (月) 17:46

こんばんは。
お返事が遅くなりすみません m(_ _)m
 
 
>まっしろさま
 
いつも ありがとうございます (^-^)
 
いあいあ、
数だけなら 開けるくらいありますが
質で言うと まだまだですゎ (^^ゞ
 
いつかいつか ・・・
果てしなく いつかの夢ではありますがw
 
 
 
 
>ゴン太さま
 
ははは ・・・
なんだかと煙は 高い所が好き、と言うヤツですねw
 
まわりに それほど高い建物がないので
見晴らしだけはいいです。
夜景もそこそこ見られます。
決して 都会的な夜景ではないですが (^▽^)

投稿: 花mame | 2007年8月29日 (水) 20:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« その後のスティックブロッコリー | トップページ | 仙人の忘れ物 »