« ガラスの花器を使って | トップページ | 蝶舞 »

2007年7月20日 (金)

初花火

昨夜、8時も過ぎた頃 だったでしょうか。

外で ドーンドーン ・・・ と言う 音がするので

もしや ・・・ と思って 窓の外を 見ると

 

 

Dscn6909

花火が 上がっておりました (^▽^)♪

遠いのと あまりに 慌てて撮ったので ブレブレなのは ご勘弁。

今年の 初花火見物です。

 

 

 

 

Dscn6907

今日の写真は 大きくすると

どれも 笑っちゃうくらい ブレてますが、

雰囲気だけは 伝わればいいなぁ と思います。

 

 

Dscn6904

今の花火は 色も 様々なら 形も 様々。

上がるタイミングが つかめずに 撮れなかったのだけど

ちゃんと触覚のある 蝶の形の花火も 上がってました。

花mame的には 次回は 是非、カメラに 納めたいものです。

 

 

 

Dscn6911

一番 花火らしい色合い。

形としては オーソドックスな 「 菊 」 でしょうか。

 

 

 

 

もう 何年も

上がる音が おなかに響くような 近い場所で

花火見物を していないのだけれど ・・・ 。

 

下で 落ちてくる火の粉を 見ていて

まるで 自分が天に上がっていくような 錯覚に 陥ったり

花火を包んでいた紙の破片が 降ってきたり

大きな音や 人の歓声、

火薬のにおい などなどを 思い出しながら

ベランダから 遠ーーーくの 花火見物をするのが 恒例となっています。

 

 

 

花mameのイナカでは

今年も 7月末 ~ 8月初めにかけて 行われる夏祭りで

花火大会が 開催されるとのこと。

 

花火って 夏のイメージ なのだけど

実は 冬祭りでも 上がるんです。

2月の雪景色の上、

キンキンに冷えた夜空に 上がる花火。

また 趣きが 違うんですよね (*´▽`*)

 

 

 

 

Img_0161_4

さて、こちらは

器に 上がる花火。

 

 

磁土 ロクロ挽き

φ 9.5 ㎝ H 5 ㎝

汲み出しくらいの大きさです。

 

 

Img_0104_5

バックが 黒の方が

より 花火らしく 見えるでしょうかね (´ー`)

 

|

« ガラスの花器を使って | トップページ | 蝶舞 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

陶芸 - 茶器」カテゴリの記事

陶芸 - 食器」カテゴリの記事

コメント

うわ~花火の写真!すごい~・・・と、思って
次々に見せていただいていったら、なんと!
花火の器がお出ましになりました。

かっこいいです。なんだかこの器で芸者さんとかが
お茶飲んでいそうな、ちょっとアダルトな雰囲気で
しかも伝統的な漆みたいなイメージを感じるのは
黒い色だからかしら~。(´▽`)はぁぁ・・♪(うっとり)

素敵な器ですねぇ。綺麗でかっこいいです!

投稿: N&RのR | 2007年7月21日 (土) 07:56

こんにちは^^

すご~い、素敵な器ですね。
黒ってのが渋くていいし、そこに花火が栄えてますね^^

花火の写真って、タイミングが難しいですよね。
今年も花火撮影にチャレンジしてみようと思います。

投稿: まっしろ | 2007年7月21日 (土) 10:18

こんにちわ。

花火といえば、うちの近所で
夏になるとやっていた
「中日花火大会」というのがあったんです。
でも、愛知万博の年に人が増えすぎて危険というのと、それに対する警備がしきれないという理由から
、ずーっと続いていた花火師さんの大会だったのにいきなり中止となりました。

それ以来万博が終わったのに、行われません。

何かあったら、大変だから・・・。
責任問題が・・・・。
そんな理由で伝統が薄れていく事、
日本の風物詩が消えていくのが
残念でなりません。

子どもの頃に見ていた日本の風景が
子ども達とは、ほど遠くなっていくのでしょうねぇ・・・。
寂しいkerokeroです。

この器の花火は、感動ものです。
夏、蚊取り線香をたいて
この器で冷やしぜんざいなんか
食べたいなーって思います。

投稿: kerokero | 2007年7月21日 (土) 15:21

>Rさま
 
こんにちは ♪
 
ありがとうございます。
 
いやぁ~ ある意味スゴイ写真になってしまい スミマセン (^^ゞ
コンパクトデジカメの 夜景モードで撮ってみたんですが
うまくいかないものですねえ。
今度は デジイチマニュアルでチャレンジしてみようと思います。
 
漆のような感じに見えますか。
芸者さんがお茶を ・・・
そのコトバで 頭にその様子が浮かびました。
確かに そんな雰囲気が合っているかもしれないですね (^-^)
 
 
 
 
 
>まっしろさま
 
こんにちは ♪
 
ありがとうございます。
花火の色とのコントラストが
クッキリしているせいでしょうかね (^-^)
 
ホントに難しいですねえ。
何せ一瞬のことですし、
距離があるので 音との時間差も計算しなくてはいけないし
シャッターが落ちるのにも 時間がかかるし ・・・ (-.-)
 
今度は もう少しましな写真が撮れるように 頑張ります (^▽^)
 
 
 
 
 
>kerokeroさま
 
こんにちは♪
 
今は何でも 何かがあったら、とか
責任の所在が、とかが 多いですねえ。
昔と何が違うのか ・・・ 。
花mameも 思う所は多々あります。
 
花火は 日本の夏にとって一番のイベント。
家庭での花火とは違う 非日常の極みのように思います。
小さい頃から そういう風物詩に触れることで
育つものも多々あるのに。
そういう意味で 失うことも多いでしょうね。
 
こんな小さな器で感動していただけて
とてもとても嬉しいです ♪
子供たちには いつまでも
ホンモノで 感動させてあげたいものですよね (^-^)
 

投稿: 花mame | 2007年7月22日 (日) 11:53

ふふふ。
2種類の花火、艶やかですなあ~。
夏はやっぱり花火ですよな。

総ての「色」がそうなのでしょうが、
空にあがる花火も、
器の花火も化学変化で色がでるのですよなあ~。
昔の花火は色数が少なかったように思いますが、
最近のは微妙な色具合が綺麗ですな。
焼き物の色の調合と花火、
共通するものがあるのですかなあ。
ははは。

投稿: ゴン太 | 2007年7月24日 (火) 09:13

>ゴン太さま
 
こんにちは (^-^)ノ
 
おぉ、そうですね~!
化学変化での発色、
言われて初めて 共通点に気がつきました (^^ゞ
 
最近は パステルカラーのような
微妙な色合いのものも 多くなってきましたね。
花火師の方たちも
日々 研究を重ねられているのでしょうね ♪

投稿: 花mame | 2007年7月24日 (火) 12:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ガラスの花器を使って | トップページ | 蝶舞 »