« いろんな意味で スミマセン | トップページ | アンスリウム 2種 »

2007年6月25日 (月)

グリン グリーン

優勝と言う結果となった 今年の交流戦、

日ハムは あと 26日の横浜戦 1試合を 残すのみ。

横浜相手には 1勝 1敗 1引き分けと言う成績。

あと1試合、勝ち越せるよう 頑張ってほしいです。

 

昨日は 時々 雨の降る甲子園での 阪神戦。

ギリギリ勝っている と言った印象は 否めないのだけど

ここのところ 勝てているのは

打線 と言うより 投手が よくなって来ているから かな。

 

特に 去年まで 楽天にいた グリン ( Glynn ) 投手の活躍が めざましい。

今年の交流戦の MVPの 最有力候補 だそうで。

まぁ、それは それとして

今後のペナントレースでも 息切れしないよう 行ってもらいたいものです。

 

 

 

と、軽く 伏線を 張りつつ ・・・ (・m・) 

 

本日は

作品展で使った 葉物 = Green を いくつか ご紹介。

 

 

 

 

Img_0131_4_1

クッカバラ と言います。

これは とても 小さくて

葉の部分が 10 ㎝ くらい だったかなぁ。

 

 

クッカバラ と 言うものが

いつも そんなに 小さいのではなく

普段 買うものは 確か 15 ㎝ 以上は あるのです。

 

この 切れ込みの深い ツヤのあるグリーンが

アレンジの アクセントになりますね。

 

鉢植えなどでも よく見かけたりします。

 

 

 

< プロフィール >

・ 分   類 : サトイモ科 フィロデンドロン属

・ 原産地 : 熱帯アメリカ

・ 別   名 : オーシェ、 フィロデンドロン

 

クッカバラ って

オーストラリアに生息する 「 ワライカワセミ 」 のこと だそう。

どういういきさつで この名が ついたものなんでしょうね。

 

 

 

 

Img_0132_6_1

こちら モンステラ

これも 小さめで 13 ~ 4 ㎝ 程度でした。

 

 

これも 鉢植えなどで よく知られたグリーンですが

もっと 切れ込みがあって 大きな葉が 主流です。

 

 

そんなに 大きなアレンジを作らない時には

こういう 小さめの葉があると とても 使いやすいもの。

普通の リビングフラワーに 大きな葉だと

主役が 葉っぱになってしまいますものね。

 

 

 

< プロフィール >

・ 分   類 : サトイモ科 モンステラ ( ホウライショウ ) 属

・ 原産地 : 熱帯アメリカ

・ 和   名 : ホウライショウ ( 鳳莱蕉 ) 、 電信蘭

 

 

 

これ

実は 実家に 鉢植えがあります。

10号程度の鉢に 植えてあって

大きくしたくないらしく

いつも 葉を 3枚程度に 抑えているようなのだけど

その葉は 直径が 30 ㎝ ほども あるのです。

茎と言うか 葉柄と言うか は ほぼ 40 ~ 50 ㎝。

まさしく Monstera = Monster と言った 様相です (^^;

 

 

          花mame母、

          何でも 大きくするのが 得意だから ・・・ (・m・) 

          それにしても どんなことをして こんなに 大きな葉っぱにしてるんだろう。

          夜中に まじない でも してるんだろうか。

 

 

 

Img_0146_4_1

そして コレが

エメラルドウェーブ と 言うもの。

 

 

Img_0147_10_1

タニワタリの仲間 で

この 海藻のような ウェーブが 特徴的。

 

 

あれから 1ヶ月 経つのに

まだ しっかりしている 持ちのいい グリーンです。

 

 

これについては

詳しいサイトを 見つけましたので

どうぞ コチラ を ご参照くださいませ。

 

 

 

 

ところで

「 Green Green 」 と言う曲を ご存知ですか?

小学校で歌った、と言う方も いらっしゃるでしょうね。

 

最近だと

二足歩行ロボット と ともに 子どもたちが ぐるぐる走り回る

某 車メーカーのCMでも かかったりしてますょね。

 

この記事のタイトルを 決めた時から

頭の中で この曲の

「 グリーン グリーン 」 の部分が リピートされまくっているわけですが

曲だけ聴いていると 明るい感じがするのに

内容は 決してそうじゃないんですよね。

 

それも そのはず

反戦歌 なのだそうで

1963年の曲 と 言いますから

ベトナム戦争時代のもの と言うことでしょうか。

|

« いろんな意味で スミマセン | トップページ | アンスリウム 2種 »

花 - 花材」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

エメラルドウェーブって見事なウェーブですね。
まるで海藻のようです。

グリーンはいいですね。
目にやさしい色だし
落ち着きます。

投稿: N&RのN | 2007年6月25日 (月) 23:39

>Nさま
 
こんばんは♪
 
ホントに見事ですよね (^-^)
葉自体かたくて、しっかりとウェーブしてるんです。
自然のものなのに 手触りがちょっと人工的な感じがします。
 
そうですね~ グリーンは目にやさしい色ですね。
気がつけば 世の中は深緑の季節に。
花mame、もっとたくさんグリーンを見て
目と心を いたわらなくてはいけません (´ー`)

投稿: 花mame | 2007年6月26日 (火) 00:55

こんにちわ。

グリーンがまぶしい季節に娘も生まれたので
私の大好きな文字を名前にしました。

「モエ」・・・・でも最近はちょっと違った意味で
有名になっちゃった言葉です><;

私は萌葱色が大好きで、そんな時期に生まれた子だったので
主人に、よほどお願いしてつけました。

グリーンは癒しになるし、お部屋のアクセントにも
お花の中の引き立て役にもなりますよねぇ。

海草みたいな葉っぱは、おもしろいですね。
まだ見たことがありませんが・・・。
是非探してみたいですw


グリーングリーンの歌は、父親と別れの歌ですよねぇ。
父親を亡くして、昔の話を思い出すんですよねえ。確か・・。

なのに、なぜか明るい音楽になっています。
忘れてはいけないという事でしょうか・・・。

投稿: kerokero | 2007年6月26日 (火) 13:27

>kerokeroさま
 
こんばんは。
 
生まれた季節を表すような名前、素敵ですね (^-^)
そしてこれから
どんどん成長していくようなイメージのコトバでもありますよね。
花mameも 大好きな言葉のひとつですょ ♪
 
kerokeroさんがおっしゃるように
グリーンは どんな場面でもとても大切な色ですよね。
また いろんなものを紹介していきたいです。
 
そう、
じっくりと歌詞を読むと
深い歌だなぁと思います。
明るい曲だけに
その意味に重みがあるのかもしれませんね。

投稿: 花mame | 2007年6月26日 (火) 20:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いろんな意味で スミマセン | トップページ | アンスリウム 2種 »