« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月30日 (土)

紫陽花 再々

Img_0240昨日に 引き続き

紫陽花坂の 紫陽花 紹介。

なんだかね。

よく見ると いろんな紫陽花が あるの。

この青紫は とても 綺麗だったゎ。

 

 

Img_0249

昨日のは 青になる前の 白だったけど

これは 白の紫陽花。

 

 

 

Img_0252

青のガクアジサイ。

この坂の青は 本当にいい青。

土のせいかしらねぇ。

 

 

Img_0234_1

紫のガクアジサイ。

よく見ると 萼の形も それぞれ違うのね。

 

 

 

Img_0238_1

ピンク色のガクアジサイ。

萼の枚数って

同じ花でも

3枚だったり 4枚だったり。

何か 規則でも あるんだろうか。

 

 

Img_0242

白の ・・・ と 言いたいところだけれど

日陰のせいか 色の薄いだけの

上と同じ ガクアジサイ。

 

 

Img_0237

ガクアジサイって

花が終わると 周りの花は

下を 向いちゃうのね。

 

 

今度は 紫陽花の色が 大きく変化したら

アップすることにしましょうかね。

と 言うことで

以上、 6月の 紫陽花坂レポートでした (*´▽`*) 

| | コメント (2)

2007年6月29日 (金)

紫陽花 彩々

朝から 吹いていた風も やっと おさまったよう。

気温も 湿度も 高いせいで 風が 吹いてたって

まるで 温風でしたゎ。

 

誰か ヒーター 止めて ~~~~ !!

                    ってな 感じ (・m・) 

 

3時過ぎあたりから 雨の予報が 出ていたのだけど

曇りがちながら まだ 雨が降っていない当地です。

風が 止まったから

まもなく 降るのかな (^-^)

 

 

 

 

6月も残すところ あと 2日。

早いねー

土曜日には 7月突入ですぜ~ ダンナ。

 

 

なので

今日と 明日は

紫陽花坂の紫陽花を 上げときましょう。

 

 

 

Img_0248_1

ツボミが出来て

間もない頃。

 

 

 

Img_0230_2

すこ~しずつ

開きかけてきた頃。

 

 

 

Img_0247_3

開いた 開いた ♪

 

 

 

いや、もちろん 同じ花では ありません (^^ゞ

 

 

 

Img_0231

これは 同じ木の花だけど

奥のものは まだ 色が浅い。

結構 前の画像なので

今頃は きっと

手前のと 同じくらいの青になっていると 思います。

 

 

 

Img_0251

この色は

海の青より 空の青かな。

 

 

 

Img_0244_4

たそがれに 近づくと

赤味がさすのは 空と 同じ。

 

 

たそがれるには

まだまだ 早い 紫色だけど (^▽^)

 

 

 

Img_0241

花びらに見えるものは 萼 ( ガク ) 。

真ん中に チラチラ見えるのが 紫陽花の花 。

  

 

 

あ、

雨が 降ってきた。

 

やっぱり 紫陽花には

雨が 似合うからねぇ ・・・ (*´▽`*) 

| | コメント (4)

2007年6月28日 (木)

節約園芸 ?

来春、臨海副都心に ワンワン警察署が 出来るんだって ・・・ 。

 

 

へぇ~

で、

やっぱり いぬのおまわりさんが いたりするのかねぇ。

 

 

そうそう。

迷子の こねこ専門の、ね。

 

 

 

 

って ・・・ 。

そんなわけないじゃん。

 

  

 

 

 

湾岸警察署 だよっ。

 

 

 

あぁ、

青島とか スリーアミーゴスの方かぃ ・・・ 。

 

 

 

 

 

 

いや、本当の話。

 

来年の3月に 臨海副都心に 新しい警察署が出来る ってことらしいんです。

人口も 増えてきている地区ですから

事件や 事故も 増えてきている と言うことで

「 湾岸署 」 が 新設されるんですってさ。

 

正式決定は 9月の都議会で可決された後 らしいんですけどね。

何でも 23区で 一番広い面積を 管轄するそうで。

いやはや ・・・ ご苦労様でございます。

 

 

 

 

さて、今日は。

そんな時事ネタとは

何の関係もない うちの今年のベランダ花でも (・m・) 

 

 

 

Img_0272

暖かくなっても なかなか 出てこなかったので

消えたかナァ と 思っていたら

ひょっこり 出てきて いつのまにか 咲いていた リトルチュチュ

 

 

Img_0273

これも同じく 消えたかなぁ と 思っていたら

いつの間にか 咲いていた フェアリーベル

 

 

 

Img_0271

3月末に 食べた柑橘類の種を 蒔いたもの。

遅々として 成長せず (^^ゞ

残念ながら 今年 蝶は来ないなぁ~。

 

 

 

Img_0269

こちら 新顔。

去年の10月に レッスンで使った

ハツユキソウ の種を 先々週に 蒔いたらば

すぐに 芽が出て来た♪

 

 

 

Img_0327

今の状態。

ほんの 数センチ 伸びた程度。

太陽がまぶしいのか、はたまた 雨よけか (^m^)

まだ 種の帽子を かぶってます (´ー`)

根元が赤くて なんだか カワイイ。

 

 

Img_0326

いやいや

赤いのは 根元だけじゃないってのも 見っけ。

こんな芽が ヒョロヒョロと

何本も 出ているんです。

双葉が 開いてるのも あったなぁ。

 

 

 

切花も 花が終われば

ハイ、 サヨウナラ じゃない って ことですょね。

しっかり 結実してくれる。

 

カーネーションは 失敗したけれど

実は 赤いアルストロメリアも 種を採ったんですゎ (^▽^)

いつ どうやって 植えていいか わからないので

そのままにしてあるけれども (^^ゞ

 

 

受粉してやって

気長に様子を見てあげる 根気があれば

こうやって 増えてくれる花もあるのだ と言う 節約園芸の お話 ♪

| | コメント (4)

2007年6月27日 (水)

ユリ ・ リアルト

ここのところ

< はな > の記事が 続いてますなぁ ・・・ 。

 

まぁ ・・・ 。

近いうちに

< つち > の記事も 上げようと思ってますので

もう少々 お待ちくださいませな。

 

 

 

と 言うことで

本日も < はな > の 話。

 

 

 

Img_0157_10

昨日と同様、作品展の センターアレンジに使った

純白のユリ、リアルト

 

 

 

< ユリの プロフィール >

 ・ 分   類 : ユリ科 ユリ属

 ・ 原産地 : 北半球の亜熱帯 ~ 亜寒帯

 ・ 和   名 : 百合 ( ゆり )

 ・ 英   名 : リリー ( Lily

 

ユリはきわめて多種で その分類の仕方も いろいろとある模様。

今日は ふたつの分け方を 紹介しておきましょう。

 

 

1) 花の形状で 分ける方法

 ・ テッポウユリ系 ・・・ ラッパ状のもの

 ・ ヤマユリ系    ・・・ 漏斗状で 花弁が大きく反り返るもの

 ・ スカシユリ系   ・・・ 杯状 または 星状のもの

 ・ カノコユリ系    ・・・ 鐘状 または 球状で 花弁が大きく反り返るもの

 

2) 品種で 分ける方法

 ・ オリエンタルハイブリッド系

     日本原産のヤマユリ、 カノコユリ、 ササユリ等の交雑によって 出来た品種。

     大輪で 香りのよいものが 多い。

     カサブランカ、 シベリア、 ソルボンヌ など。

  

 ・ アジアテックハイブリッド系

     エゾスカシユリ、 オニユリ、 ヒメユリなど アジア原産のものの交雑によって 出来た品種。

     香りは それほどしない。

     スカシユリは これに分類される。

 

 

リアルト は

形状で行くと ヤマユリ系、

花は 大きめで 香りが とてもよかったので

オリエンタルハイブリッド系のユリ と 言うことになります。

 

  

 

 

Img_0155_10

メシベ と オシベ。

白い花弁には お似合いの色なのだけど

この花粉が クセモノで (^^ゞ 

 

 

花弁に付くと キレイじゃないし、

受粉してしまうと 花は すぐに終わりを迎える。

それに

衣服に付いて 下手にこすってしまったら 取るのが 大変。

 

 

ヒメユリの記事でも 書きましたが

衣服に付いた場合には

手ではらわずに、粘着テープで やさしくペタペタすると

比較的 取れやすいです。

 

 

 

 

 

 

Img_0159_4

と 言うことで アレンジする時には

オシベのサヤが開いて 花粉が出る前に

こんなふうに 花粉は 取ってしまうと言うわけです (´ー`)

| | コメント (2)

2007年6月26日 (火)

アンスリウム 2種

明日会う予定の友人と

今朝ほど 電話でも 話していたのだけれど

体調って 天気に 左右されやすい。

 

今日は 曇りの一日だった当地。

花mameにとっては

雨の日より 身体が 重ダルイ感じがしますですよ。

 

こんな時は

どこかで ちょっとつまづくと 泥沼の体調不良に 陥りがち。

シャキッとして

明日は 楽しいランチを してきましょう (^-^)

 

 

 

さてさて。

ここのところ続いている 作品展の使用花材。

今日も 行っちゃいましょう ♪

 

 

 

 

Img_0139_11

センターアレンジに使った

白の アンスリウム

必ず欲しかったので 発注しておいたら

それは 立派なものが 届いたです (^▽^)

ハワイ産だったかなぁ ・・・ (^^ゞ

 

 

 

Img_0140_8

同じく 発注をかけた

グリーンの アンスリウム。

台湾産だったかなぁ ・・・ (^^ゞ

 

 

産地は どっちかが どっちかだった、 うん。

忙しい最中 仲卸の社長が わざわざ説明してくれたのに

一ヶ月経ったら 忘却の彼方に ・・・・ (^-^;A

社長、 ごめんね。

 

 

 

< プロフィール >

 ・ 分   類 : サトイモ科 アンスリウム属

 ・ 原産地 : 熱帯アメリカ、 西インド諸島

 ・ 和   名 : 紅団扇 ( べにうちわ ) 、 大団扇 ( おおうちわ ) 、 牛の舌 ( うしのした )

 ・ 英   名 : テイルフラワー ( tail flowr ) 、 フラミンゴフラワー ( flamingo flower

 

アンスリウムとは 「 尾のような花 」 と言う意味で

ギリシャ語の 「 anthos ( 花 ) 」 と 「 oura ( 尾 ) 」 が 合わさったもの。

肉穂花序が 動物の尾に見える と言うことから ついた名前。

 

 

日本で 花材として 普及したのは

昭和20年代後半に 進駐アメリカ軍によって 紹介されてから。

前衛生け花の 最盛期に流行し、一般花材としても 用いられるようになった。

実際の花は 真ん中に飛び出た 肉穂花序にあるのだが

周囲の仏炎苞全体が 花のように見える。

小型のものから 大型のものまで 種類が多く

花材としては オオベニウチワの和名を持つ アンスリウム・アンドレアナム

ベニウチワの和名を持つ アンスリウム・シェリツェリアナム が よく出回っている。

 

 

 

また 舌を噛みそうな 名前が (^▽^)ゞ

もっとも よく出回っているのは、今日 ご紹介のものも そうだけれど

仏炎苞に 光沢のある アンドレアナム 。

 

色も、赤や 今日の白、 グリーンは もとより、

ピンク、 チョコレート色、 赤とグリーンの複色のものなど 多彩で

苞の大きさも 10 ㎝ 前後のものから、

長さが 30㎝ほどの オバケアンスリウム と呼ばれるものまで あったりします。

  

 

また

小さめで スパティフィラムに 色がついたような

チューリップアンスリウム と言う 可愛らしいものも あります。

 

 

 

アンスリウムは

花だけが 花材となるわけじゃなくて

仏炎苞と同じように 光沢のある葉もまた 花材として 使うわけです。

 

 

Img_0103_9

今回使った アンスリウムの葉 。

ツヤツヤしていて 綺麗でしょ (´ー`)

 

 

 

 

アレンジの際に 気をつけたいのは

苞の形 と 方向

上の2種類を 見てもわかるように

ハート型と その逆 と言う 方向性があるので

挿す時には そんなことにも ちょっと 注意するといいですね。

| | コメント (3)

2007年6月25日 (月)

グリン グリーン

優勝と言う結果となった 今年の交流戦、

日ハムは あと 26日の横浜戦 1試合を 残すのみ。

横浜相手には 1勝 1敗 1引き分けと言う成績。

あと1試合、勝ち越せるよう 頑張ってほしいです。

 

昨日は 時々 雨の降る甲子園での 阪神戦。

ギリギリ勝っている と言った印象は 否めないのだけど

ここのところ 勝てているのは

打線 と言うより 投手が よくなって来ているから かな。

 

特に 去年まで 楽天にいた グリン ( Glynn ) 投手の活躍が めざましい。

今年の交流戦の MVPの 最有力候補 だそうで。

まぁ、それは それとして

今後のペナントレースでも 息切れしないよう 行ってもらいたいものです。

 

 

 

と、軽く 伏線を 張りつつ ・・・ (・m・) 

 

本日は

作品展で使った 葉物 = Green を いくつか ご紹介。

 

 

 

 

Img_0131_4_1

クッカバラ と言います。

これは とても 小さくて

葉の部分が 10 ㎝ くらい だったかなぁ。

 

 

クッカバラ と 言うものが

いつも そんなに 小さいのではなく

普段 買うものは 確か 15 ㎝ 以上は あるのです。

 

この 切れ込みの深い ツヤのあるグリーンが

アレンジの アクセントになりますね。

 

鉢植えなどでも よく見かけたりします。

 

 

 

< プロフィール >

・ 分   類 : サトイモ科 フィロデンドロン属

・ 原産地 : 熱帯アメリカ

・ 別   名 : オーシェ、 フィロデンドロン

 

クッカバラ って

オーストラリアに生息する 「 ワライカワセミ 」 のこと だそう。

どういういきさつで この名が ついたものなんでしょうね。

 

 

 

 

Img_0132_6_1

こちら モンステラ

これも 小さめで 13 ~ 4 ㎝ 程度でした。

 

 

これも 鉢植えなどで よく知られたグリーンですが

もっと 切れ込みがあって 大きな葉が 主流です。

 

 

そんなに 大きなアレンジを作らない時には

こういう 小さめの葉があると とても 使いやすいもの。

普通の リビングフラワーに 大きな葉だと

主役が 葉っぱになってしまいますものね。

 

 

 

< プロフィール >

・ 分   類 : サトイモ科 モンステラ ( ホウライショウ ) 属

・ 原産地 : 熱帯アメリカ

・ 和   名 : ホウライショウ ( 鳳莱蕉 ) 、 電信蘭

 

 

 

これ

実は 実家に 鉢植えがあります。

10号程度の鉢に 植えてあって

大きくしたくないらしく

いつも 葉を 3枚程度に 抑えているようなのだけど

その葉は 直径が 30 ㎝ ほども あるのです。

茎と言うか 葉柄と言うか は ほぼ 40 ~ 50 ㎝。

まさしく Monstera = Monster と言った 様相です (^^;

 

 

          花mame母、

          何でも 大きくするのが 得意だから ・・・ (・m・) 

          それにしても どんなことをして こんなに 大きな葉っぱにしてるんだろう。

          夜中に まじない でも してるんだろうか。

 

 

 

Img_0146_4_1

そして コレが

エメラルドウェーブ と 言うもの。

 

 

Img_0147_10_1

タニワタリの仲間 で

この 海藻のような ウェーブが 特徴的。

 

 

あれから 1ヶ月 経つのに

まだ しっかりしている 持ちのいい グリーンです。

 

 

これについては

詳しいサイトを 見つけましたので

どうぞ コチラ を ご参照くださいませ。

 

 

 

 

ところで

「 Green Green 」 と言う曲を ご存知ですか?

小学校で歌った、と言う方も いらっしゃるでしょうね。

 

最近だと

二足歩行ロボット と ともに 子どもたちが ぐるぐる走り回る

某 車メーカーのCMでも かかったりしてますょね。

 

この記事のタイトルを 決めた時から

頭の中で この曲の

「 グリーン グリーン 」 の部分が リピートされまくっているわけですが

曲だけ聴いていると 明るい感じがするのに

内容は 決してそうじゃないんですよね。

 

それも そのはず

反戦歌 なのだそうで

1963年の曲 と 言いますから

ベトナム戦争時代のもの と言うことでしょうか。

| | コメント (4)

2007年6月24日 (日)

いろんな意味で スミマセン

いやいや ・・・ 。

土曜日、日曜日の ネットは 重いですなぁ ・・・ 。

 

え ? そんなことない ?

 

やっぱり、花mamePCのせいか ・・・ (+_+)

 

 

結構 チャレンジは してるのだけど

なかなか 皆さまのところへ 移動出来ないのです。

 

ですので お伺いするのは

もう少し様子を見てから と 言うことで お許しくださいませ m(_ _)m

無理そうなら Macに頼ろうと 思います。

 

 

 

もうひとつ、

2周年記念プレゼントについて ですが

6月末までには 告知が出来るはず だったのだけど

教室の窯が 壊れちゃって ですね ・・・ (^-^;A

まだ 焼けてないんですょ。

 

なので

告知は 7月中に、と言うことで

ご了承くださいませね。

 

去年と同様

こんなに 引っ張るほど 立派なモノでも ないのだけど ・・・ 。

ホント、いろんな意味で スミマセン。

 

 

 

 

 

こんなんで 終わっちゃ

ちょと さみしいので ・・・ 。

 

 

 

 

Img_0151_2

作品展で使った 花材のひとつ

SPション ・ カスタード

 

 

 

 

Img_0150_4

この名前、

よく付けたなぁ と 思うほど

カスタードクリーム に そっくりな色。

これを見てたら

なんだか シュークリームが 食べたくなっちゃったですょ (´ー`) 

| | コメント (3)

2007年6月23日 (土)

飛んで帰る

今日もね。

32度 あるんだって (^-^;A

 

今日も 快晴の当地でございます。

 

 

 

さて、

今日は 久しぶりに つちもの を ・・・ 。

 

暑いから 涼しげなものを、ね (^-^)

 

 

 

 

 

 

 

Img_0140_9

前に アップした

寿司屋のビヤマグ と 同じ手法で。

 

 

 

飛んでるのは トビウオ ではなく 「 鮭 」

ふるさとの川に 向かって

飛んで 帰ってる最中 (・m・) 

 

 

鮭の遡上は

北海道では 確か 9月あたりから始まると 記憶しているのだけど

育った海から ふるさとの川へ 戻り始めるのは いつ頃からなんだろう。

 

 

 

 

 

Img_0277

コレ 実は ビヤマグではなく 片口 ( 風 ) 。

冷酒なんかを 入れると イイかな。

 

 

 

右側の出っ張りが 注ぎ口 で

左側の引っ込みは 指を かけるところ。

 

          左手の人差し指 ね。

          右手だと ちょと かけにくい。

          と言うことは コレ、左利き用 だ (^▽^)

 

 

半磁土 ロクロ挽き。

φ 7 ㎝ H 9 ㎝

 

 

今日も 外で お仕事の方は

この鮭たちのように おうちへ 飛んで帰ろうょ ♪

 

 

この暑さだと

ビールや 冷酒が おいしい夜に なりそうだから (´ー`)

| | コメント (4)

2007年6月22日 (金)

夏のリース

梅雨に入って以来 2度目の 雨の日

ちょうどいいお湿り、と言う感じの 降り方でした。

 

そう、

当地では 雨は もうやんでしまいました (^^;

 

 

週間予報を見ると

週末は 晴れて 暑くなって

その後は 雨、そして 晴れ ・・・ と

今年の梅雨は 飛び石状態。

ますます 水がめが 心配になりますよね。

 

 

 

 

さてさて。

本日は 6月のレッスンについて。

 

今回は 夏に向けて

ドライのリース を 作りました。

 

 

 

 

Dscn6867

白仕立てのリース。

直径は 30 ㎝ ほど あります。

 

 

 

 

ベースになっているのは

  ヤマイモのツル

オーナメントは

  シダーローズ、 ソーラーローズ、 ブナの実、 スケルトンリーフ、 そして リボン。

 

 

 

Dscn6869

これが シダーローズ

ヒマラヤスギの実 ( マツボックリ ならぬ スギボックリ? ) を

晒したもの。

 

 

Dscn6870

こちら ソーラーローズ

これの元は 木の皮 なんだとか。

乾燥後 晒して スライスしたものを 組んだ と言う 手間のかかっている資材。

 

 

材料は どれひとつ取っても 同じものがなく

生徒さんそれぞれの感性で 作っていっているので

これまた 全て 違ったリースが 出来上がりました。

 

 

おうちのドアや

飾りたい場所の 大きさに 合わせて

リースの大きさも 決めて作ると いいと思います。

 

お好みで

貝殻 クリスタルストーン などを 付けてもいいでしょう。

 

 

今年も 暑い夏に なりそうなので

白いリースで 涼を呼んでみる と言うのは いかがでしょうか (*^^*)

| | コメント (4)

2007年6月20日 (水)

千葉産

いやいや ・・・ 。

今日も 暑い日でしたなぁ ・・・ (^-^;A

 

お花のレッスン日 だったので

日中の ほとんどを

地下の快適な空間で 過ごしたわけですが

教室へ行くまでの 少しの間には

太陽がジリジリと 容赦なく 照りつけ

着いた頃には 汗だくでございましたょ。

 

今日も 真夏日だったようで

今現在も 25度以上はある様子、

最高気温は 言うまでもなく

最低気温も 気がつけば 20度台 になっているんですな。

今からこれじゃあ 夏にはどうなる? と

いささか 心配な花mameでございます。

 

明日は 曇りの予報、

少しは 涼しくなるんでしょうかねぇ ・・・ 。

 

 

 

 

さてな。

天気話は このくらいにしておいて。

 

 

  

 

 

先日 紫陽花の記事 を 上げたので

今日は この花にお似合いの このコ の記事 を。

 

 

 

 

Img_0214_4_2

でんでんむしむし

かたつむり ♪

 

 

 

 

Img_0215_2_2

の次は カタツムリ かぃ ・・・ って?

まぁ 季節モノ ですから (^^ゞ

 

 

 

Img_0221_2

飼育ケースがないので

花器に 三角コーナー用のネットを かけておいたら

そこが お気に召したようで。

 

 

Img_0216_4_2

キャベツを ムシャムシャ ・・・ 。

これ、食事 ベッド です。

 

 

 

 

タイトルの 千葉産 と 言うのは

この キャベツ のこと

 

 

 

そして

その キャベツに付いてきた このコも また 千葉産

 

 

 

と言うことで

ウチでは このコのことを  ちばちゃん と 呼んでいます (´ー`)

| | コメント (9)

2007年6月18日 (月)

紫陽花坂

曇り空、

ここ数日に比べると 涼しい朝を迎えている 当地です。

 

今週の後半には 梅雨空が戻ってくる とのこと。

雨が降る前に やった方がいいことは

済ませておくことにしましょう。

 

 

 

さてさて。

今日は 紫陽花

 

もう 街のあちこちで 咲いていたり

紫陽花祭なども 行われていたりしますね。

 

 

 

Img_0226_2

これは うちの近所の

紫陽花の咲く坂。

勝手に 紫陽花坂 と 名づけました。

この坂に面したお宅の方が 植えられたようで

ここ数年の間に 見事に 咲くようになりました。

 

 

最初は 薄い黄緑から始まっていて

それも 撮影しておこうと思っていたのだけど

何だかんだと 気ぜわしくしているうちに

こんなに ブルーになってしまいました (^^ゞ

 

 

 

Img_0243_2

坂の上から 撮ったもの。

すでに 少しずつ

紫っぽく なってきている花も。

次に アップする時には

また 色が変わっているかな (^-^)

 

 

雨の似合う花だけれど

意外にも 日当たりを好む植物らしいです

| | コメント (6)

2007年6月17日 (日)

6月の富士山

今日も 快晴。

 

ここのところ、

 

     雨が降らない とか 梅雨期の長さ

     水の心配

     今現在の暑さ や 夏の暑さ

 

などが あちこちで 話題になっていますね。

 

 

なんでも

ラニーニャ現象 と言うのが 影響しているのだとか

テレビで 伝えられたりしていますね。

 

この現象の際には

梅雨期の雨量は 多く

梅雨明けは 早い傾向にあるそう。

 

ただ 西日本では

少雨が懸念されていて

水や 農作物の管理に 注意が必要 とのことです。

 

 

いずれにしても

節水 節水。

 

1回の蛇口のひねりを 少し 小さくするだけでも

一日、 一週間、 一ヶ月 のスパンで 考えると

結構な節水に なりますからね。

少し意識して 心がけてみましょう。

 

 

 

さて

一昨日、 昨日 と

久しぶりに見えた 富士山を。

 

まだ 上の方に 雪を頂いていて

よく 絵などで見る

いかにも富士山 と言った様相を 呈しています。

 

 

 

Img_0211_1_3

Img_0210_3

Img_0212_1_2

Img_0219_2

 

 

 

 

時間を追って

雲が取れていく様子を。

 

 

これらの画像は

クリックすると 大きくなるのだけど

大きくして 右端の方を見ると

 

先日

山梨側に現れた と言う

「 農鳥 」 ではないか? と 思われる 雪の形が 見えるのです。

                             ( ちょっと わかりにくいかな? )

もちろん

東京側から 見ているので

かなり 薄ぺったい形では あるのだけど (^^ゞ

 

 

 

Img_0220_1_2

日が高くなると 今度は 下の方に雲が。

青い空に 雪の白さが 目にまぶしい富士です。

 

| | コメント (4)

2007年6月15日 (金)

梅雨入りした と思ったら ・・・

当地は

確か 昨日

梅雨入りした んだったよね?

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_0225

青空深緑

この画 って

梅雨時どころか

まるで

じゃん ??

 

 

 

 

 

 

 

Img_0253_2

飛行機雲も 鮮やかに

真っ青な空 ♪

 

 

 

 

 

Img_0254_1

これは どうみても

真夏の空だよねえ ・・・ 。

と 思ったら 今日の最高気温は

どうやら 32度ほど あったみたい。

そり ゃこんな空にもなるゎ。

 

 

 

 

そんな中

スポクラに行って 汗を 流してきました。

今日は そんなことしなくても

家でも 十分 汗は流せたでしょうなぁ (^^ゞ

 

スタジオレッスンの先生が

「 今年の梅雨は 短めで

          夏は 暑く 長い 」

と 言うようなことを おっしゃっておられました。

  

 

当地の 週間予報なんかを 見るに

傘マークが 消えてるんですょ。

そして 気温が 軒並み 夏日以上 (^-^;A

 

 

今年は 雪も 少なかったし

水不足が 気になるところ。

今から 節水 を 心がけることにしましょうかね。

| | コメント (2)

2007年6月14日 (木)

オーニソガラム 02

予報通りの 雨模様 ですねぇ。

 

昨日までの暑さは どこへやら。

過ごしやすいは 過ごしやすいけれど

少し 肌寒さも感じさせる 当地の気温です。

 

 

最近 なんだか

密かに 風邪が流行っている みたい。

これから 梅雨本番なので

どちらさまも 気をつけて お過ごしくださいね。

 

 

 

 

 

本日は

ここ しばらくで使った オーニソガラム と言う お花を。

 

「  0 2 」 と言うからには

以前にも 「 オーニソガラム 」 と言う タイトルで

記事を書いたことが あるのだな。

この時 紹介したのは 「 サンデルシー 」 と言う 品種。

 

 

 

 

今日の オーニソガラムは ・・・

 

 

 

 

 

Img_0159_3_1

約100種あると言う オーニソガラムの中でも

「 オーニソガラムと言えば コレ! 」

と言うくらい 出回っている

オーニソガラム ・ シリソイデス

と言う 品種。

 

 

Img_0160_4_1

先の先まで 咲いてくれる 優秀なコなんだけど

こんなふうに はげしく曲がっているものも (・m・) 

光の方向とか 関係あるんだろうか。

 

 

< プロフィール >

・ 分   類 : ユリ科 オーニソガラム属

・ 原産地 : 南アフリカ

・ 別   名 : オルニトガルム ・ ティルソイデス、 オーニソガラム ・ シルソイデス

 

純白で ウェディング用の花として 最適。

アメリカでは イースターの花としても 用いられるそう。

 

 

 

 

 

Img_0183_2

こちら

オーニソガラム ・ アラビカム

近年の

輸入切花の流行で

人気が出たんですって。

 

 

< プロフィール >

・ 分   類 : ユリ科 オーニソガラム属

・ 原産地 : 地中海沿岸

・ 別   名 : オルニトガルム ・ アラビクム

・ 和   名 : 黒星大甘菜 ( くろぼしおおあまな )

・ 英   名 : スター ・ オブ ・ ベツレヘム ( star of Bethlehem )

 

 

 

Img_0182_3_1

和名は メシベが 黒褐色で 目立つことから

黒星 と名づけられたんですって。

お相撲さんには イヤな名前よねぇ ・・・ 。

 

 

 

 

で 

このふたつを 比べてみたら

 

 

 

 

Img_0186_3_1

右が シリソイデス、 左が アラビカム。

アラビカムが 怖いくらい 大きかったのでした。 

 

 

 

 

 

 

Img_0136_5_1

最後に 先日の作品展で使った

オーニソガラム ・ ジューンブライド

 

 

この時に 購入したものの 質がよかったのか

これは 花の大きさは それほどでもなかったのだけど

背の高さと 花序の長さは 群を抜いていました。 

 

 

Img_0138_6_1

これも 穂の先まで

きっちり 咲いてくれましたょ。 

 

 

 

そうねぇ。

6月だもの。

ジューンブライドの時季 だゎねえ。

 

今月 結婚される皆さまに

このオーニソガラムのように

たくさん たくさんの 幸せの花が 咲きますように (*´▽`*)

| | コメント (8)

2007年6月13日 (水)

シロバナノカスミソウ

昨日 今日 と 夏のような天気でしたねぇ。

 

でも

明日からは 雨の6月が やってくるようですょ。

 

 

               いよいよ 梅雨 だぁねぇ ・・・ ( ´△`)

 

 

うっとうしいなぁ と 思いがちだけど

梅雨も 風情だし

雨も 大切な資源ですからね。

 

じめじめ とか 湿気っぽい とか 思わず

しっとりした季節として楽しむのも ひとつの 過ごし方。

                         ・・・ これは 自分に 言い聞かせているのだね (・m・) 

 

 

そして

水がめには たっぷりと 降って

夏には 水不足 なんてことのないように してもらいたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

さてさて。

お誕生日記念に 種を蒔いた シロバナノカスミソウ

今を盛りと 咲いていますょ (^-^)

 

 

 

 

Img_0174_6_1

2cmにも 満たないような大きさの 花。

よく見ると キレイでしょ ♪

こんな花が たくさん たくさん 咲いているの。

 

 

 

Img_0170_3_1

これは

今日のような お天気の日に

青空をバックに 撮ってみたもの。

空に向かって 手を広げて

精一杯 伸ばしているようにも 見える。

 

 

小さな花も

一生懸命 生きているんだねぇ (´ー`)

 

まだまだ ツボミが いっぱいなので

しばらく 楽しめそう。

 

こぼれ種から

来年も 咲いてくれるといいな と

今から

鬼の笑うようなことを考えている 花mameなのであります (^▽^)

| | コメント (2)

2007年6月12日 (火)

カエルもの ・・・ か ??

6月は カエル月間 の はずなんだけどね。

 

ここしばらく カエルものは 作っていないし

在庫も ほとんど アップしてしまっているようで

魔法の戸棚からも

カエルの 「 カ 」 の字すら 出てこない んですゎ。

 

                      あ、さっき 部屋の中に

                      「 蚊 」 は 飛んでいたけどね ( 関係ない話 )

 

 

 

今度 暇を見て

魔法のダンボール箱の中も

探ってみようとは思うのだけど

多分 期待薄だ と思うのだゎ ・・・ (^-^;A

 

 

 

 

 

 

 

 

てなことで。

 

6月を 半分以上も 残して

最終のカエルもの かもしれない器 の ご紹介。

 

 

 

 

 

 

Img_01972_1

とは 言っても

メインが スズメ と言うのは

否めなかったりするのだゎ (^^ゞ

え~?! カエル どこよぉ~??

って 感じでしょ (・m・) 

 

 

 

 

 

Img_0199_8_1

でも、ほらほら、

よく 見てケロ?

左下に ピッタリ くっついているのが

ケロケ~ロ ♪

カエル なのだケロ。

 

 

 

  

 

Img_01982_1

こっちにも 一匹

顔を出しているのだケロ。 

 

 

 

φ 6.8 ㎝ H 9.7 ㎝

備前土 タタラ作り。

 

 

 

 

 

 

用途?

そうねぇ ・・・ 。

 

 

 

上が デコラティブだから

飲み物を入れて 使うのは

ちと 難しいケロ ・・・ 。

 

 

 

一応 カップ ( コップ ) 状に なっているので

 

     スティックシュガーを 入れるとか?

     スプーンを 立てるとか?

     ペンを 立てるとか?

     伝票入れとか? ( 謎

 

 

 

 

うちでは

美術品 ( 単にお飾 り) として 扱っているのだケロね (^▽^)

| | コメント (4)

2007年6月10日 (日)

マム ・ シャムロック

一昨日は 一日

なんだかんだと

忙しくバタバタ動き回っていたので 疲れたのか

昨日は 頭痛に悩まされておりまして。

 

                             ホント、体力ないゎ ・・・ (+_+)

 

こんな時間に 復活 !

したけれど

PCに向かっていて また頭痛も 「 復活 」 しては 困るので

簡単に 上げておきまする。

 

 

 

 

 

Img_0145_10

5月のレッスンに使った

マム ・ シャムロック

 

 

 

Img_0147_9

形は 昔ながらの 糸菊のようだけれど

このグリーンと 細い管状の花びらが

なんとも おしゃれな マム。

 

 

直径が 約14 ~ 5 ㎝程と 大きめ。

もう 何年も前から 使ってみたかったのだけど

出回り時期と アレンジのタイミングが合わなくて 使えずにいたのです。

 

 

何度も紹介している スプレーマム とか ピンポンマム も

色や 種類が 豊富になって来ているし

何せ マム類は 日持ちがします。

 

リビングフラワーとして 飾るのには

おしゃれで 日持ちがする というのは

嬉しい限りですょね ♪

| | コメント (5)

2007年6月 8日 (金)

ジューク と フェア・ビアンカ

もう 金曜日だゎ。

 

今週は 何か 人の役に立つようなことを しただろうか。

 

 

 

否。

またもや グータラな週 であったような気がするゎ。

 

 

 

 

やらなきゃいけないことは

山ほど あるのに。

 

                あるなら サクサク やっちまいましょうね @ 花mameさん。

 

 

 

 

でもね。

やらなきゃいけないことがあると

ついつい 余計なこと に 気持ちが走るんだ。

 

 

 

 

そんな こんなで

最近 気持ちが走っている先は コレ なのです (^^;

 

 

 

 

 

 

 

ジグソーパズル って言ったら

ピースに

頭とか 手とか 足とか ( かなり 意味不明? ) が ついていて、

その形で 入れる場所を判断する場合も あるのだけど

このジグピーの場合、

それで 判断出来ないのも あるのだね。

例えば こんなの ね。

 

それを 除けば

ピースの数も 少ないし

暇つぶしには いいお遊びと 思います。

 

               あくまでも、 「 暇つぶし 」 に、ね。

               本気になって 何時間もやっちゃぁあ イケマセン。

 

 

 

 

  

と言うことで 本題へと 走っていきましょう (^-^)

 

今日のタイトルは まるで

映画に出てくる 登場人物の名前のよう。

 

イメージ的には

イギリスあたりを舞台にした

中世の 恋物語だぁねえ (*´▽`*)

 

 

 

 

でも これは

5月に使った花材、バラの名前 なんだ。

 

 

 

Img_0178_5

こちらは ジューク

すっきりした感じの いい香りのするバラ。

色は 白と言うか クリーム色と言うか ・・・ 。

 

 

バラの咲き方にも 色々 あるようで

とは 言っても 詳しくはないのだけれど

一重咲きや、高芯剣弁咲き、半剣弁咲き、

丸弁咲き、カップ咲き、ロゼット咲き などなど ・・・ が あるみたい。

 

このバラは 剣弁咲き でしょうかね。

花びらの端が 丸まって

先が 剣のように 尖った感じになる。

昔は バラと言えば こんなふうだったなと 思ったりもするのだけど。

何だか 高貴な感じのする バラです。

 

名前の ジューク って

ひょっとして

デューク ( 公爵 ) が なまった ??

                なんて (^^ゞ

 

ちと その名の由来を 知りたくなりました。

 

 

 

 

そして

もう ひとつは

 

 

 

 

Img_0166_3

イングリッシュローズ

フェア ・ ビアンカ

 

 

これは 友人が 個人的に購入したもの。

それを 分けてくれました。

 

甘く、とても とても いい香りのするバラです。

 

 

Img_0165_2

写真を撮るのが 遅くなっちゃって

花びらの端が 痛みかけているけれど

こんなふうに咲くバラ と言うのが わかれば、と思って。

 

 

何でも、割と小さめに 仕立てて 育てられるとのこと、

これは ちょっと育ててみたくなったですね~ (´ー`)

             病気に弱いと言う 注意書きも あったので

             初めて手を出すには ちょっと 難しいかな。

 

でも いつか

ベランダを この香りで いっぱいにしてみたいものだゎ♪

                       と 思う 花mameなのでありました (*^^*)

| | コメント (4)

2007年6月 7日 (木)

オダマキ

去年 帰省した折に

実家の家の周りに咲いていた オダマキ

 

小さい時から 当たり前にあったので

そう珍しいとも 思わなかったのだけど

よく見ると なんて 綺麗な花。

そんなこんなで

少しずつ 好きになっていった花のひとつ。

 

何かの魅力に 気づくには

ある程度の 年月が必要なことがある。

年齢だけの話じゃなくてね。

 

 

それにしても

植えた覚えもないのに

どこから来たのか

いろんな種類が そこ かしこに。

 

 

 

 

Dscn5689

この紫色は 割と プレーンな感じね。

よく 見かけます。

ミヤマオダマキ って 言ったっけ。

 

 

Dscn5690

開くと

まるで カザグルマみたい。

 

 

 

 

 

 

Dscn5688

こちら

ピンクと白の

可憐な感じの

オダマキ。

 

 

 

Dscn5687_1

こう見ると

バレエなどの

舞台衣装のような感じがするねぇ (*´▽`*)

 

 

 

 

実家には この他にも

上の画像のような紫 一色のものや

クロユリのように 濃い紫色のもの、

白いものも あったかな。

 

 

黄色いのも あった気がしたのだけど

先日 確かめたら

「 黄色いのであるのは 牡丹だねぇ 」 

とのこと。

 

 

 

最近の園芸種では

色も 様々なら 形も 様々。

ダリアと見まがうような 八重のオダマキなども あるのね。

 

好きな花のひとつで

ウチでも育てたいのだけれど

これは はまると とんでもないことになりそうだ (^▽^)

 

 

実家から 株分けしてもらって来ようか。

               気候が合わないだろうかなぁ。

 

それなら

どこかで 仕入れてこようか。

 

 

 

 

いえいえ。

ネタのためではなく

純粋に 好きだからょ (^-^)

| | コメント (4)

2007年6月 6日 (水)

葉っぱじゃないよ?

6月6日に 雨 ざーざー 降って来て ♪

 

 

と 言うのは 歌の話で

本日も

当地は よく晴れて 暑くなりました。

 

 

やっぱり 6月 6日 には

カエルもの を 上げなくちゃね (^-^)

 

 

 

と 言うことで

戸棚の奥から 探し出してきましたのは、

 

 

 

 

 

Img_0197_2_1

 

こんな カエル と、

 

 

 

 

 

Img_0198_3_1

 

こんな カエル 。

 

 

 

 

主役は

 

葉っぱ じゃないょ

カエル だょ 。

 

            って ことで (^▽^)

 

 

 

 

土は

上のが 赤白のブレンドで

下のが 備前だったはず ・・・ (^^ゞ

 

 

昨日に 引き続き

記憶が曖昧なのは

これは確か 8年くらい前のもの だから。

 

 

 

ある記念プレゼントに

数が必要だったため

石膏型を作るところから 始めたもの。

 

顔は ひとつひとつ 手でつけているけれど

そのものの形は 型で取ってある のです。

 

 

 

 

 

用途は、と 言うと

箸置き なんだな。

大きさは φ 3 ~ 4㎝ と 言ったところ。

 

 

 

 

 

 

 

Img_0204_2_1

こんな箱を 作って

こんな感じに 入れて、

 

 

 

 

 

Img_0205_2_1

こんなふうに 蓋をして

皆さまの元へ 届けました。

 

 

 

 

 

また そろそろ

箱作りの時期 が やって来るなぁ ・・・ (・m・) 

 

 

お待たせしております 2周年の記念品

押しに 押して

月末になりそう な予感 (^-^;A

 

申し訳ありませんが

もう 少々の お時間を くださいませ m(_ _)m

| | コメント (4)

2007年6月 5日 (火)

かえるぴょこぴょこ

まぁ~どぉ~ にぃ~

にし~びぃ がぁ~~~~

あたるぅ~ へやぁ~はぁあああ~♪

 

 

 

 

 

これから迎える夏には

ヒジョ~に 暑く なります (^-^;A

 

 

 

 

最近

ココログさん提供で

新しいブログパーツが よく紹介されているもので

ちょくちょく サイトに 見に行ってるんですが

今日も 見つけちゃいました。

 

「 あまいっしょ 」

 

何でも

ちゃぶ台の上の お皿に乗っているのは

十勝産小豆の 「 あんこ 」北海道弁の 「 きなこ 」 だそうで

これがまた

どうにも ちぐはぐな会話 を するのだけど

何だか かわいくて 和んでしまう ・・・ と 言うもの。

 

ちと 色白のあんこちゃんを クリックしてみたらば

 

あんこ 「 自分を信じてやってみます 」

きなこ 「 ゴミ 投げといてー 」

 

                かなり ちぐはぐ (・m・) 

 

          ちなみに

          北海道では ゴミを 「 投げる 」 のであって 「 捨てる 」 のではない。

          だからと言って 放り投げては いけないのです。

 

                 

 

あんこ 「 当たりが出ました 」

きなこ 「 なまら いいことあったしょ 」

 

                たまぁ~に かみ合う会話も (・m・) 

 

 

右の 下~の方、

メロメロパークの下に 位置しております この 「 あまいっしょ 」

ちょいと クリックして

和み系の会話を お楽しみくださいませ。

それに

北海道弁も 覚えられるべさ? (^▽^)

 

 

 

 

 

 

 

さて 本題を ぴょこぴょこと ・・・ 。

 

 

 

 

 

 

Img_0200_5

ほら、6月と言えば

つち*はな的 には カエル月間 だし?

 

 

 

Img_0201_3

でも 今年は 月間って言うほど

カエルものも ないので

ひょっとしたら コレで終わりかも、だけど (^^ゞ

 

 

 

W 10.5㎝ D 10.5㎝ H 2㎝

土は ・・・・ 多分 赤土と 白土の ブレンドで

釉薬は ・・・ 多分 青磁で カエルの部分は 織部だった と ・・・ (-"-;)

 

と 言うのも

これ、もう何年も前に 作ったもので

データを書いたノートが 見つからないのです (^▽^;)

 

 

 

Img_0202_4

お皿になっている部分は 型作り。

おつまみ入れ とか 小物入れ に よさげな感じ。

 

 

 

 

 

Img_0203_4

これの優れた点は

カエルが ついているのに

重ねられるので 収納しやすい ってとこなんだな ♪

| | コメント (4)

2007年6月 4日 (月)

ツツジ

夏のような 一日で ございましたねぇ。

全国的にも 概ね 晴れだった模様。

仕事始めの月曜日は こうあらねば、 ね。

 

 

 

 

えーと。

今日のタイトルになっている 「 ツツジ 」

当地はすでに その季節を 終えているワケだけど

北海道では 今頃の花。

 

そぅ、

去年の今頃は 北海道 ・・・ と 書いた、

昨日の記事で 思い出したんでございますよ。

 

 

 

去年の帰省時に 撮った写真が あったことを。

 

               またもや お蔵入り するところだった (・m・) 

 

 

 

 

Dscn5745_1

花mameの実家の

レンゲツツジ

 

 

 

これは 一部しか 写っていないのだけれど

樹高は とうに2mを 越えていて

南側の 小さな花畑の ほとんどを占める 大きな木なのです。

 

満開になると

ベランダのガラス戸の向こうが

燃えるような オレンジ色に 染まります。

 

 

そして 花が終わったら

脚立に乗って

ひとつひとつ 花がらを 摘む。

 

何せ大きいし、花の数も 多いので

それは 手間のかかる作業なのだけど

この ひと手間を かけることで

来年 また燃えるような花を 咲かせるのです。

 

 

 

Dscn5694_1

忘れちゃいけない。

コレが 「 燃えるような 」 レンゲツツジの アップ。

 

 

 

 

 

Dscn5691_1

これは キレンゲツツジ

木は まだまだ小さいけれど

花の大きさは オレンジの方に 負けてないです。

 

 

 

 

Dscn5698_1

エゾムラサキツツジ

一番最初に咲く ツツジなので

写真を撮った時季には

すでに 花のほとんどが 終わっていました。

 

 

 

イナカの小学校の運動会は

ちょうど レンゲツツジの咲く この6月。

なので

ツツジを見ると 運動会を 思い出すんですよねぇ ・・・ (´ー`)

 

 

そうそう!

先ほど 実家に 電話を入れたら

今日は 気温が 29度まで 上がったとか !Σ( ̄□ ̄;)

6月の北海道、あなどりがたし!

ぃゃぃゃ、やっぱり 気候が おかしいんだろうなぁ ・・・ 。

| | コメント (5)

2007年6月 3日 (日)

金次郎鉢が 完成したよ

昨年の今日は 北海道に 帰省した日。

あれから 1年かぁ ・・・ 。

早いなぁ ・・・

ってのは 一昨日の記事の話 でしたね (^^ゞ

 

 

 

6月 と言えば

当地では 梅雨の季節。

今年は 今週 ~ 来週 には 入梅 と 聞いています。

 

 

北海道の 6月は

花も 多くなるし

爽やかで とても いい季節。

観光客の多くなる時季でも あります。

 

天気予報を 見るに

今日の北海道も 晴れて 爽やかな一日になっているよう。

 

いずれの地域の方も

よい休日を お過ごしくださいね (^-^)

 

 

 

 

 

さてさて。

 

 

「 みかんの木専用鉢 」 で 作りかけを 紹介した、

「 金次郎鉢 」 が 完成したです。

 

 

 

Img_01602_1

半磁土 ロクロ挽き。

φ 10.7㎝ H 6.8㎝ 重さ 270g

 

 

 

素焼きに出す前に 比べると

サイズは 若干 小さくなっています。

重さが 4g 重くなっているのは

釉薬の重さ かな。

 

 

 

 

 

Img_0163_5_1

金次郎も

より 鮮やかに。

 

 

 

 

 

 

Img_01652_1_1

サインも くっきり ♪

いや、作り手のではなく、金次郎を 偲んでのもの。

と言うのは 前にも 書いたね (^^ゞ

 

 

 

 

 

Img_01662_1

底には

飛び立つ 金次郎の姿。 

 

 

 

 

 

 

Img_0167_2

金次郎を なくした日に植えたみかんが

芽を 出したです。

 

 

 

 

もう少し 大きくなったら

この鉢に 植え替えましょうかね。

| | コメント (3)

2007年6月 1日 (金)

作品展追加

早くも 6月です。

本当に 早いです。

 

まるで

カウンターウェイトが 付いているかのような このスピード。

 

 

 

 

ちなみに ・・・

 

  

Img_0181_2

どうでもいいことだけど

カウンターウェイトって 蒸気機関車の場合、この部分。

 

                                 ぃゃ、

                                 だからって 花mame、

                                 鉄子じゃありませんょ! 

 

 

 

人が感じる 時のスピードと言うのは

1年を その人が生きてきた年数で割ると 出るのだとか。

 

1歳の子は 1年を 1年として まるまる感じられるけれど

 

30歳の場合の1年は 1/30 になり、

50歳の場合の それは 1/50 になると言う。

 

そう考えると

1年が おそろしく短い ですょねえ。

 

 

                     でも

                     逆に 考えると

                     小さい頃の1年 と言うのは

                     大人の 何倍 ~ 何十倍 と言うことになるのだから

                     色々なことを たくさん経験させて

                     豊かな心を 育ててあげたいものです。

 

 

 

まぁ 

これは 心理学上の話であって

実際に 時計が早くなっているわけではないワケで ( 当たり前 )

年々 時の経つのが 早くなるのは

こう言ったことで 説明が出来る、と言うことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて。

前置きが かなり 長くなりました (^▽^)

 

 

本題の方は サクサクッと 済ませてしまいましょうね ( ぉぃ ・・・

 

 

 

 

先日の作品展の 追加画像を 何枚か。

 

 

 

 

Img_0124_8

これは 中央アレンジの

この前のとは 逆方向から 撮ったもの。

こちら側のアンスリウムは 白を 使ってあります。

花器を3本 使ってあるのが よくわかりますね。

向こう側に お客様がいらっしゃるのも わかりますかね (^-^)

 

 

Img_0140_7

テッポウユリ、ピンポンマム、

オーニソガラム、フトイなど を使っています。

 

 

 

 

 

Img_0117_11

これは

ちょっと アジアンチックなアレンジ。

高さは 1m以上 ありました。

赤と緑でまとめた

大きな作品です。

 

 

 

 

 

Img_01422

お茶のサービスコーナーに置いた アレンジ。

昨日 書きましたが

こういうのを 「 スウィート 」 なイメージ と言います。

 

 

 

 

Img_01412

教室の 様々なご案内の横に置いた アレンジ。

緑一色に見える所も

色々な花材を 使ってありますょ。

 

 

 

この作品展にかけた時間は 約半年。

  

場所の選定から 始まって

作品展の コンセプトを 決めたり、

当日までの スケジュールを 考えて

生徒の皆さんへの ご案内。

 

本番が近づくと

繰り返し 打ち合わせ、

持ち物の確認、搬入、花材の買出し などなど。

 

考えてみたら あっという間。

 

 

時間が早く過ぎるのには

もうひとつ 理由があるように 思うのね。

 

この半年

大変だなぁ とは 思いながらも

イヤだなぁ と 思ったことは 一度とてなかった。

 

充実していたり

楽しかったりしても

時間の経つのは  早いですよね。

 

 

 

 

同じ早く過ぎるなら

楽しく 充実した時を 過ごそう♪

 

花mame、

6月も 頑張りまーす (*^^*)

| | コメント (4)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »