« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月31日 (土)

自然はキビシイ

気がつくと

3月も 最終日じゃありませんか。

 

1週間のご無沙汰でございました。

花mameです。

 

 

コメントのお返事もせずに ( 本当にごめんなさい )

何をしていたか と言いますと

何も しておりませんでした。

 

ぃぇ、

ちょっとだけ 沈み込んでおりましたのです。

 

 

 

 

 

 

 

今週の月曜日

20度を越える 暖かな陽気になると

気象予報士の皆さんが こぞって 言っていたので

今日しかないかなぁ ・・・ と ぼんやり考えつつ

それでも かなり 迷っておりました。

 

 

 

金次郎のこと です。

 

 

 

 

羽化して 2週間。

飼う場合は 1週間 から 1ヶ月 の寿命なんて 聞いていたので

初めてのことだし

せいぜい 1週間だな と 覚悟をして

飼育を 始めたわけですが

 

1週間を 過ぎ、

10日も 過ぎ。

 

 

  

でもね。

蝶は 大きな翅で飛ぶもの なんです。

それも

明るい方を 目指して 飛ぶわけです。

ガラスなんてものは 知らないわけです。

毎日 少しの時間とは言え

バタバタと ガラスに向かって ぶつかって行くんです。

ダンボール箱の中でも

少しでも 暖かさとか 光を感じると

中で 暴れるわけです。

 

いつしか 金次郎の 綺麗な翅の 両翼が欠け

少しずつ 鱗粉も はがれていったんです。

 

 

飛ぶ様子も 日々 見ていると

だんだんと 弱ってきているのが 見て取れて

アゲハが 飛ぶ季節まで

金次郎が 生きていることは かなわないなぁ ・・・ と 思うようになりました。

 

長く生かすには

三角紙にはさんで 密封容器に入れて

温度の低い所に 「 しまって 」 おくんだそうです。

 

今 考えると

そうやっておけば

翅を痛めることも なかったし

その季節まで 「 保存 」 出来たのかな とも 思えるのだけど

 

金次郎は 生きているんだもの。

可哀想で これは出来なかったです。

 

 

で、

ずーーーーーーーっ と

考えていたわけです。

 

少しでも 長生きさせるために

ダンボール箱の中で 飼育を 続けるか。

それとも

短い一生になることは 覚悟の上で

憧れの空を 自由に 飛ばせてやるか。

 

 

その日の朝ギリギリまで迷って

もし

飛べそうだったら

放してあげよう。

でも 外には 鳥もいるから 気をつけて。

 

 

 

ベランダのガラス戸を 開けた途端

 

 

金次郎

まっしぐらに 外へ。

 

意外に 力強く

一気に 視界から消え去った

その瞬間

 

聞こえて来たのは ヒヨドリの声。

この鳥は どこから 出てきた?!

 

恐るべし 鳥の目。

 

      まぁ、この時季の 蝶

      確かに 目立つわなぁ ・・・ 。

 

 

今度は 鳥の飛んだ先を 見ると

そこには

ヒラヒラと 落ちていく 金次郎の翅のカケラが。

 

 

あああああああ

なんて 短い自由時間。

 

 

この時の 気持ちを

なんと言うコトバで 表したらいいものなんだろう。

 

自然とは 厳しい?

自由の代償は 大きい?

 

ただただ 悲しい、かな。

 

 

 

いくら

手塩にかけて

蝶よ 蝶よ と 育てた金次郎も

自然界に 出た途端に

食物連鎖の 一部なんですよね。

 

 

それに

目の前で 繰り広げられた と言うだけのことで

こんなこと 自然界では

日常茶飯事。

 

 

 

とは 言いつつ。

あたら 命を失うようなことを してしまったことに

心が 痛い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも

いつまでも

打ちひしがれても いられないので

その日の昼前に

  

 

 

 

 

Img_0159_2

みかんの種を 蒔いたですよ。

もう 鉢の中に たっくさん 蒔いたですよ。

 

 

 

 

Img_0161_3

去年 引っ越したから

蝶の道を 再度 作り直さなくてはいけないので

今年 この種が みかんの木になったとしても

蝶は 来てくれないかもしれないのだけど。

 

 

 

でも

ここから また

新たな プロジェクトが 始まるんです。

 

今度こそ

無事 飛ばすための。

 

 

 

 

 

 

 

Img_0151_1

最後になりましたが

今まで 金次郎を 見守ってくださった 皆さん

本当に どうも ありがとうございました m(_ _)m

| | コメント (2)

2007年3月24日 (土)

ボンテボック

只今の 当地、

すごい

 

でも 雨は まだ降ってない。

 

千葉マリンでは

ロッテ - 日ハム戦が 7回で 降雨コールド、

甲子園も 第3試合が 雨天中止と

あちこちで 雨と言う情報が 入っているのだけど。

 

これから 降ってくるのかな。

 

 

 

 

本日は

お久しぶりの 「 つち 」 ものを。

 

 

 

Img_0115_6

半磁土 ロクロ挽き。

φ 6.6㎝ H 5.1㎝

 

 

ぐい呑み くらいの 大きさ。

 

 

描いてある動物の名前が

ボンテボック

レイヨウの仲間です。

 

南アフリカ特有の 野生動物で

かつては かなりの大群で 棲息していたとのことだけれど

乱獲などにより

その数は 十数頭にまで 激減したのだとか。

その保護のため 設立された ボンテボック国立公園 などで

現在は 三千頭ほどに 回復しているのだそうです。

 

 

< プロフィール >

・分 類 : 偶蹄目 ウシ科

・体 長 : 140~200㎝

・角 長 : 35~45㎝

・英 名 : Bontebok

・学 名 : Damaliscus dorcas ( ダマリスカス ・ ドルカス )

 

 

 

Img_0117_10

茶褐色と白の コントラストの美しい この動物は

日本では 千葉市動物公園 で 観られるようですょ。 

| | コメント (4)

2007年3月23日 (金)

マルチネス

春の高校野球 が 始まりましたねえ。

 

北海道 は 北の 旭川南

初出場 と 言うことなので

雰囲気に飲まれることなく 力を出し切ってもらいたいです。

そして どこのチームも

怪我なく 楽しんで やってもらいたいものですね。

 

今日は 甲子園も 当地も 快晴で 暖かい日和。

土日は 全国的に お天気が 崩れるそう。

気温は 高めなのだけどね。

 

このあと 気温は 最低でも 10度前後のよう。

金次郎を放す日も 近づいてきているかな。

 

 

 

 

 

さて、本日は

バラ 「 マルチネス 」

 

 

Img_0144_8

花びらが 濃いピンク、

外側は 薄めのピンクで

花のアタマは 大きめ。

大人な雰囲気 の バラです。

 

 

 

 

Img_0145_9

花も 葉っぱも 立派だけれど

トゲ も かなり立派 (^▽^)

花mame、

かなり イタイ目を みました。

 

 

 

今回の ウェルカムボードでは

花首しか 使わなかったので

ちょっと もったいない気もしたのだけど、

この色味は 捨てがたかった (^^ゞ

 

少し濃いめのグレイとか

黒のペーパーなんかで ラッピングされたら

ほんの 1本でも

おしゃれな雰囲気が 出そうだな~ (*^^*)

| | コメント (0)

2007年3月22日 (木)

アルストロメリア

今日は 暖かかったですねえ ・・・ 。

これから どんどん 暖かくなるんでしょうか。

 

 

と 言うか

暖かくなって~~~ !!

 

     金次郎ちゃん

     もう 10日目よ~ !!

     早く 本物の空を 飛ばしてあげたいの。

 

 

 

金次郎は 飛べないけど

花mameは 今日も

ヒョイヒョイと 飛ぶように お出かけしてきました。

 

某百貨店で 行われていた

「 お招きの花展 」

     と 言う フラワーアレンジの展示会に

     友人とともに 行ってきたのです。

 

なんだか 年々

中身が 少なくなってくるような ・・・ 。

 

でも

一流の方たちの作品が たくさん、

それも 普段 見られないような花材でのアレンジが 見られたりしますから

それなりに 得るもののある 展示会でした。

 

 

 

そして

友人が 招待券を持ってきてくれた

ジュエリーの展示会 へ。

 

ダイヤに ルビーに エメラルド、

サファイヤに イエローゴールドに プラチナ などなど で 出来ている

ブローチやら クリップやら なんやら かんやら ・・・・ 。

 

世界のセレブが 身につけたと言うものも 展示されていました。

キラ キラ キラ キラ ・・・・・・・・・・・・・・・・ ☆゜・。・゜★・。・。☆

 

いえ

宝石に それほど興味はないんですが

デザイン とか その職人の技術 が 素晴らしい

と 思いながら 見て来ました。

 

それにしても

女の人は ヒカリモノが お好きですよね ( ← 他人事 )

平日の昼間なのに

女性で ごった返しておりました。

 

あいや、男の方も もちろん 見えてましたょ。

ルーペを持って 鑑定をしているような感じでしたが (^-^)

人によって 見方も 様々ですね。

 

 

 

さて、本日は

ルビーのように  赤いアルストロメリア  です。

 

 

 

Img_0142_6

これ たった2本なんだけど

素敵な ボリューム ♪

 

 

花持ちもいいし 好きな花のひとつです。

詳しいことは

以前 載せた コチラ  を 参照くださいな。

 

 

 

Img_0130_5

赤い 赤い 花。

何だか 蝶にも 似てるような。

 

 

蝶が 花に惹かれるのが

わかるような気がします (*^^*) 

| | コメント (4)

2007年3月21日 (水)

四ツ谷の桜

四ツ谷の桜
陽気に誘われ、フラフラと散歩に出かけて参りました。

靖国神社の桜は 開花したとのことだけれど、
四ツ谷の桜は まだ ツボミのかたいものが 多かったです。
一番ふくらんでいるもので 写真くらい。

それでも すでに花見で盛り上がっている 気の早いグループも いくつかありましたょ♪

| | コメント (2)

2007年3月20日 (火)

国立博物館 と ユリノキ

Dscn6429きっと ここは 今日から

普段にないような

賑わいを 見せるのでしょうね。

 

 

本日 3月 20日 から 6月 17日 まで

ここ、東京国立博物館

「 レオナルド ・ ダ ・ ヴィンチ - 天才の実像 」

と 題した 特別展を開催 するのです。

 

                         写真の右下にあるのは

                         某国営放送の車両。

                         ふむふむ。

                         主催する側のひとつ ですからね。

 

 

 

日本初上陸の

「 受胎告知 」 が 大きな目玉で

その他、手稿を元にした 映像とか 模型なども 展示されるとのこと。

 

芸術の分野から 科学の分野に至るまでの

ダ ・ ヴィンチの 天才ぶりを 紹介する 展示会のようです。

 

ちなみに

一般の観覧料金は 1,500円、 中学生以下は 無料 ですと。

これからを担う 子ども達にも

是非 こういう機会に ホンモノに 触れていただきたいものですね。

 

 

 

 

さて。

花mameが先日 ココに行ったのは

たまには 芸術にも触れてみましょう と言うことで、でした。

 

東洋館、本館、平成館 の 3つを

5時間ほど かけて

見て回りましたですょ。

 

  仏像から始め、

      ・・・ そぅ、やはり 心を洗ってから 芸術に触れないとね。

  東洋や 日本の 焼き物の歴史を たどり

  もちろん

  画や 書も 堪能し。

  国宝や 重要文化財も たくさん見てまいりました。

  

 

                     はい。

                     もう ゲップが 出るほどに (^^ゞ

 

 

 

で、

こういう普通の観覧料金は 600円。

 

そして、花mameの行った 土曜日には

30分程度の時間で

いくつかの展示物の 説明をしてもらえたのです。

 

時間も 短いので

数点の作品について 駆け足で、なのだけど

ただ 行って見るだけでは 知りえないようなことも 解説してもらえるので

これは よかったですょ。

 

確か 平日にも 1日

行っている日があるようなことを 聞きました。

 

 

 

 

そんな芸術三昧を 終え、

外に出たら。

 

 

 

Dscn6426

どっかーん

       と、こんな木が。

まだ 冬を引きずっているような

その姿には 見覚えが ・・・ 。

 

 

 

 

 

 

 

 

Dscn6427

枝先に

特徴ある実をつけている その木は

われらが

ユリノキ

 

 

実の数を 見るに

花の頃は それは 見事だったろうと思います。

 

よぉ~く 見ると

新芽の出ている枝も。

 

 

 

Dscn6430

さぁ、今年も ユリノキが 芽吹く季節になってきました。

ゆりのきファン倶楽部員

また 頑張って ユリノキを 観察するぞ (^▽^)ノ 

| | コメント (2)

2007年3月19日 (月)

鉢植えチューリップに

Img_0103_5

ツボミ

出てまいりましたとさ。

 

 

今月の 初めの頃の話だけどね (*^^*)

今は もうちょい 大きくなって

ツボミの先の方が

すこ~しだけ 色づいてきている。

 

 

Img_0102_6

ここしばらく

日中は 暖かいけれど

朝夕など 冬並みの寒さのベランダ

そんな中

ちゃ~んと を 感じているのねん ♪

 

 

でもねー。

去年のツボミより

小さい気がするのょ。

花が咲いてみないと

大きさは まだ わからないんだけれど。

 

 

 

 

 

いずれにしても

今年は 早めに 花を切って

肥料を た~んと やることにしますゎ (^▽^)ゞ

| | コメント (2)

2007年3月18日 (日)

金次郎その後

晴れてます。

予報では とても 寒いはずだったのだけど

日の当たる所は 意外にも ポカポカしている。

確かに 風は 冷たいのだけどね。

 

今週の半ばあたりからは

少しずつ 暖かくなるみたい。

 

早く

早く 暖かくな~れ ♪

 

 

 

 

 

そんなわけで

外が まだ寒いので

金次郎家の中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_0108_4

箱から 出してやると

まずは ベランダの レースのカーテンに飛びつき

そのまま パタパタと 上へ 上っていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_0109_5

そして

一番上の タックの部分で 一休み。

ここ お気に入りの様子。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

砂糖を ぬるま湯で 溶いたもの

 

濃さは

甘味を感じるかなぁ

と 言う程度。

 

あんまり濃いと

消化器官が 詰まってしまうことも あるらしい。

 

翅を 持って

金次郎の ストロー ( 口吻 ) を 爪楊枝で 伸ばし

先を 砂糖水につけてやると 飲んでくれる。

グビグビ 飲んでいるのが

ストローの先が わずかに 動いているので わかる。

 

こんなふうに

1日 1回 与えているのね。

 

今日で 1週間。

無事に

この餌で 生きているわけだけど

元々は 花の蜜を 食べ物とする蝶。

栄養的には どんなものなんだろう。

 

なので

今度は はちみつを 薄めたものを

与えてみようと思っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

餌の後は

 

 

 

Img_0116_8

手乗りアゲハ

形が とても美しい。

 

 

 

 

Img_0118_7

モスラ~ やっ ・・・ ♪

なんてのを 思い出す。 

 

 

 

でも

だと

手に 乗せるのは

ちょっと

ヤ かも ・・・・ (^^;

 

 

 

 

 

 

 

しばらくすると

エネルギー満タン状態になったのか

 

 

ひとしきり 飛び回った後

 

 

 

 

 

 

 

Img_0129_4

出窓へ。

そして 外を ジーーーッと 見ている。 

 

 

 

 

何だか

外に出たいのに

出してもらえない 子どものよう ・・・ 。

 

                  まさしく

                  そうなんだけどね (^^ゞ

 

 

今も

この場所から 離れない。

 

 

ねぇ 

季節の神様。

金次郎の為にも

早く 暖かい春に してくださいませ。

| | コメント (4)

2007年3月17日 (土)

Welcome Board

昨日は

観測史上で 一番遅い初雪 の 降った当地。

やっぱり 2月より 寒かったのね。

 

と 言うか

これは まるで 1月の気候。

季節が 逆行してる?

 

明日の日曜は

もっと 寒くなるとか ・・・ 。

 

早く 暖かくなってくれないとー

金次郎を 外に放せないょ ・・・ (+_+)

 

 

 

 

と 言うことで、

外は 寒いので

せめて 春を感じさせる

3月のレッスン内容を (^-^)

 

 

 

 

 

Img_0130_4

生徒さんから 要望のあった

ウェルカムボード

 

 

ウェルカムボード とは

結婚式や 披露宴、パーティなどの 入口に設置する 案内板。

 

 

土台になる ボードは

木製 だったり、額のようなもの だったり

ミラー製のもの など 様々。

 

 

花材も

生花は もちろん

プリザーブドや シルクフラワーなど。

 

 

 

 

今回は

ネットのような フレームに

生花での ウェルカムボードを 制作。

 

 

Img_0134_4

真ん中の

案内の部分がないと こんな感じ。

 

 

これは

フレームの角に

アレンジを 沿わせる形の デザイン。

 

 

 

Img_0133_7

上の部分の

アレンジ。

 

 

 

Img_0132_5

こちら 下の部分の

アレンジ。

 

 

  

< 使用花材 >

 ・ バラ ( マルチネス )

 ・ SPバラ ( ビビアン )

 ・ SPション ( 濃P )

 ・ 宿根スイトピー ( P )

 ・ デルフィニウム ( クールラベンダー )

 ・ ライスフラワー ( P )

 ・ ピットスポルム ( シルバークィン )

 ・ アイビー ( ピッツバーグ )

 

 

 

花材を たくさん 使わなくても

お庭で 育てた花などを

ブーケ状にして つけてあげたりするのも OK。

 

ご自宅に お友だちや お客様を  お迎えする時

そんな 可愛いボードがあっても いいかもしれないですょね (*^^*)

| | コメント (4)

2007年3月16日 (金)

フリージア 03

ここ数日

< はな * はな >  と なっておりますが

春は 花の季節。

もう少しの間 お付き合いくださいませ。

 

 

いやいや、

「 つち 」 に 行き詰まっているわけでは ありませんぞ (^▽^) 

そちらは また後日、

た~んと アップしますに。

「 つち 」 部門を 楽しみにされている方は

今しばらく お待ちくださいね。

 

 

 

さて、本日は。

 

 

 

Img_0199_1

タイトルにあるように

フリージア。

初めて ご紹介の 黄色い花。

その名は アラジン

 

 

 

 

Img_0198_1

昔、フリージア と 聞くと

この黄色い花を 思い浮かべたもの。

 

 

和名が 浅黄水仙

野生のフリージアは 黄色 と 言うことなので

今は 様々な色が 出てはいるものの

黄色とは 切っても切り離せない花  なのかもしれないですね。

 

                  以前に 紹介した フリージアは コチラ

                  去年の 花mame家の フリージアは コチラ

 

 

そして

 

 

Img_0111_7

今年の 花mame家の フリージアも 

順調に 育ってますょ♪

 

| | コメント (0)

2007年3月15日 (木)

ラナンキュラス 02

昨日に 引き続き

ラナンキュラスを いくつか ご紹介なのだ。

 

 

 

Img_0157_3

ピンク色の

ラナンキュラス

 

黄緑色から 薄いピンク色へ変わる花びらが 綺麗。

 

 

あ~ でも

この 花びらに見えるものは 「 萼 ( ガク ) 」 なんだそうで。

中心に カラーの花の中心にあるような形の 小さなものがあって

それが どうやら コレの 「 花 」 であるらしい。

 

                  ガク とか ホウ とか 

                  ホント 区別が つきにくい (^^;

 

 

 

 

 

Img_0158_4

全体の図。

真ん中の黄緑が

キャベツに 見えるゎ。

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_0197

こちらは

チョコ

花mameの好きな 深い色。

春 と言うより

秋っぽい色かな (^-^)

 

 

 

Img_0171_6

開くと こんなにゴージャスな感じに。

まるで ベルベットで出来てる 花みたい。

 

  

 

 

 

 

  

 

 

 

Img_0203_2

湘南の虹

白に ピンクの差しが 可愛らしい。

ウィキ によると

ラナンキュラスの園芸種の系統に

「 浜の虹系 」 と言うのがあるのだそう 。

 

 

それの 系統かしら。

湘南も 浜ですからね (^-^)

 

 

 

Img_0204_1

色は こっちの方が

実物に 近いゎ。

 

 

 

 

< プロフィール >

 ・ 分   類 : キンポウゲ科ラナンキュラス属

 ・ 原産地 : 南西アジアからヨーロッパ

 ・ 和   名 : 花金鳳花 ( はなきんぽうげ )

 ・ 英   名 : ペルシアンバターカップ、 ターバンバターカップ 

 

正式名称 は

ラナンキュラス ・ アジアティクス ( Ranunculus asiaticus

 

原種は 一重咲き なんだそう。

アネモネ みたいな感じ なのかしらね。

| | コメント (2)

2007年3月14日 (水)

ラナンキュラス 01

晴れても 

お寒い日が 続いておりますな。

 

日中でも 日陰に入ると

そして、日の落ちた後は 格段に

寒さが 身にしみます。

 

ひょっとして

2月より 寒いんじゃないの??

なぁんて 思ったり。

 

気持ちが 春に向かっているから

この足踏み状態が 必要以上に 寒く感じるんでしょうかね。

 

 

 

 

本日、 3月の レッスン日。 

 

市場も 寒うございましたょ (+_+)

 

 

ふと 考えてみるに

2月の レッスン花材のご紹介も 済んでいない。

 

なのに

3月の花材が 家に わんさか 。

 

この1ヶ月 何してたんでしょ (^^;

 

 

そんなわけで

あわてて ご紹介の 第1弾は ・・・ 。

 

  

 

 

 

 

 

 

Img_0147_4

オレンジ色の

ラナンキュラス

 

 

はっ! と するような 綺麗なオレンジ。

 

 

あんまり 綺麗だったから

いろんなアングルで 撮ってみたです。

 

 

 

 

 

Img_0149_4

これは 窓の近くで

斜光で、 だったかな。

 

 

 

 

Img_0150_3

これは

ちょっと 日陰で。

 

 

 

 

Img_0153_2

日の当たる所で

逆光で。 

 

 

 

同じ花なのに

色や 表情が 違って見える。

 

 

 

 

オレンジ色は

日の当たる場所が いちばん お似合いかなあ (*^^*)

| | コメント (2)

2007年3月13日 (火)

ネコ と コトリ の関係は

今日も 1日

金次郎 に 振り回されてました 花mameです。

 

 

 

 

 

 

え?

 

 

 

  金次郎 って ダレ?

                 って・・・?

 

 

 

 

 

 

 

あぁ、

クロアゲハの名前 です (^-^)

 

サナギの時の姿が

二宮金次郎 を 思わせると言うことで

まっしろさん が 名づけてくださいました (^▽^)

 

 

 

 

 

 

日の落ちた今は

ダンボールの中で

おとなしくしておりますが、

明るいと 暴れるのですよ。

 

 

 

体力 落ちるっつぅの ・・・・ (-"-;)

 

 

 

 

金次郎の話は

また後日、と言うことで

本日は コレ。

 

 

 

 

Img_0133_6

半磁土 ロクロ挽き

φ 12.5 ㎝ H 4 ㎝ 

 

 

浅めの鉢 ですかね。

 

 

 

 

絵は

ネコ と コトリ。

 

 

Img_0131_3

つち*はな の世界では

なかよしさんの関係で

花など 贈っているわけですが。

 

 

 

 

 

実際の関係を 考えるに

この 差し出した 前足は ・・・・・ (・◇・;;)

 

 

 

 

 

 

ブンブン (>_< )三( >_<)  ブンブン

 

 

 

  

いや いや いや いや ! 

あくまで メルヘンチックな関係ですからぁ !!!

| | コメント (3)

2007年3月12日 (月)

羽化!!

Img_0105_10_1 今朝ね。

いつものように

何気なく サナギちゃん の方を 見たらば

あら ?

なんか変よ ???

 

 

 

 

 

 

ガーデニング用の人形の前を 見ると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_0104_3_1

あら!

クロアゲハのお誕生!!!

 

 

 

 

 

 

 

生きてたーー!!

もう 何年も 夢見てきた この瞬間!!

感動です (T_T)

 

 

 

 

 

 

それにしても

まだ 3月の半ば。

いくら 暖冬とは言え

外気温は まだ10度を 越える程度。

 

そんな時季に なぜ羽化か と言うと ・・・ 。

  

 

 

 

 

先日の

ものすごい風の日に

外で サナギを背負った ガーデニング用の人形が

風に吹かれて フラフラしていたわけです。

 

せっかく ここまで来て

また 人形ごと 吹っ飛んでいってしまっては イケナイと思い、

室内に 避難させたわけ。

 

やっぱり、室内は あったかいよねぇ。

 

 

そんなわけで

早めの羽化を 迎えたようです。

 

 

見つけてすぐ 

行方不明に ならないように

少し 大きめのザルを かぶせておいたのだけど 

 

先ほどから

翅も ピンと伸びて 飛ぶ準備が 出来たのか

パタパタと 動き回っていたので

翅を 痛めてはいけない と思い、

段ボール箱に ネットを張ったものに 移しました。

             

 

外が文句なしに暖かければ

すぐにでも放してあげたいのだけど。

 

もう少し暖かくなるまで

室内で様子を見た方がいいのかなぁ。

自然の時季を 待たずに

羽化させてしまった 責任も あるしねぇ。

 

  

 

さてさて。

これから どうしたらいいものか。

 

蝶に 詳しい方が いらっしゃいましたら

どうぞ ご指導くださいませ。

ヨロシク お願いいたします m(_ _)m

| | コメント (3)

2007年3月11日 (日)

紫色のスイトピー

2月のレッスンで 使ったスイトピーを

もうひとつ アップしておきましょう。

 

 

Dscn6370_1

紫色のスイトピー。

品種名は

特に ありませんでした。

 

 

同じ紫でも

もっと 薄いものもあれば

もっと 濃いものも。

今回のスイトピーは ちょうど 中間くらいかな (^▽^)

 

 

 

このスイトピーを使ってのブーケです

 

     ↓

 

Dscn6391

チューリップは スイトピーと 補色関係にある

黄色いベロナ。

 

 

こういう 反対色の組み合わせは

なかなか 印象的ですよね。

 

 

 

それに

ピンク や オレンジ の ラナンキュラス 、

白の アリウムコワニー などを 加えてあります。

 

 

 

 

写っている ラナンキュラス に ついては

また後日 ご紹介しますね (^-^)

| | コメント (2)

2007年3月10日 (土)

味のうち

本日は

サクサクッと ね♪

 

 

 

 

 

Img_0122_6_1

飯碗。

ご飯茶碗。

 

 

 

 

かなり前に 作ったものなので

何の土を使ったかも 忘れちゃった (^^ゞ

貫入の具合から いくと

仁清土 かな。

φ 12.4㎝ H 5㎝

 

 

いつもの絵具で

サササー の チョンチョン。

 

          筆に 絵具を含ませて

          チョンチョン と 振ったのが

          点々の模様ね。

 

 

 

もう 二度と同じものは 出来ない、

こういう 偶然性頼みって言うのも 味があるでしょ。

 

 

 

 

 

 

 

Img_0121_5_1

あらま。

こう見ると かなり歪んでる。

これも また 味、味 ・・・ 。

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_0147_7_1

底の こんな文字のおアソビも

また 味のうちよね (^▽^)

 

| | コメント (0)

2007年3月 9日 (金)

線路のわきの…

線路のわきの…
菜の花たち。

ここは 季節によって いろんな花が咲く場所。
南向きで 日当たりがよく 暖かいせいでしょうかね。


今日は 確定申告へ行って来まして。

ヒジョーに疲れました (*_*)

いや、疲れたのは その後のウィンドウショッピングのせいだな (^m^)

帰り道に この花たちを見て、少し疲れが取れたような気がしましたょ (^-^)

| | コメント (2)

2007年3月 8日 (木)

お誕生日さま

Img_0149_5今日の 富士山。

春三月 とは言え、まだ 真っ白。

 

 

 

 

Img_0158_5

こちら

今日の

お誕生日さん

 

 

 

 

 

 

 

 

そして そして

贈り物の 数々。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_0160_2

花mameの実家から

ラーメン と 蕎麦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_0155_7

土higeさんの実家から

ジンギスカン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_0153_3

ホッケの開き。

 

 

 

 

 

 

ちなみに

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_0152_4

こちら

ホッケのお姿。

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_0157_5

お隣より 柑橘類 各種。

ぃゃ、単に おすそ分けだ (^▽^)

 

 

 

 

 

 

イナカからの品々も

たまたま 今日近辺の日にちに届いた

                     って 言うだけの話 (^^ゞ

 

 

            それにさ。

            もらって 嬉しいものだけど

            お誕生日の贈り物 と言うには

            少々 地味め?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、

お誕生日さま だから って

今年は お花も買わなかったし

いつものように 家事もやってるし

当たり前だけど

特別なことは ないのですょね (^-^)

 

 

 

 

 

 

Img_0163_3

お誕生日さまの ランチ。

昨夜のカレーの残り (^m^) 

これも いつも通り。

 

 

 

 

 

 

 

 

だからね。

ちょっと 特別なこと をしてみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_0161_2

白花のかすみ草 と言う 花の種を 植えてみたの。

誕生日記念種まき みたいなもの? (*^^*)

 

 

 

 

 

うまく行けば

これも ネタ切れ救世主 に なるかなぁ ・・・

なぁんて

下心を たんまり 持ちつつね ♪

| | コメント (2)

2007年3月 6日 (火)

春色の~♪

汽車にぃ のぉ~ ぉってぇ~~~ ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さぁて ・・・・

 

 

 

 

 

 

どこに 連れて行って もらおうかのぉ ・・・・・ (^m^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この名曲、と 来たら

 

 

 

 

 

 

やっぱ、 スイトピー でしょ~ ♪

 

          スイトピーの 詳しいことは コチラ

 

                      あらま。

                      去年も この曲の お世話になってるゎ ・・・ 。

 

 

 

  

  

  

 

Img_0185_3

でも、今回のも

じゃないんだなぁ~ (^▽^)

ピンクの スイトピー なんだ。

その名は 「 ダイアナ 」

 

 

 

 

この ダイアナ と言う品種名を持つ 花って

結構 あったりするのね。

 

女性の名前としても 珍しいものではないので

すべてがそう、とは 言えないけれど

ダイアナ妃に ちなむものも あったりするんだろうなぁ。

 

          プリンセス ・ ダイアナ ( クレマチス ) とか

          ダイアナ ・ プリンセス ・ オブ ・ ウェールズ ( バラ ) とか。

          「 プリンセス 」 が 付くものは

          彼女の名前から もらったもの なんでしょうね。

  

 

このスイトピーは どういう いきさつで

「 ダイアナ 」 と言う名前を もらったものなのだろう。

 

 

 

 

 

Img_0182_1

スイトピーにしたら 少し 香りが 弱めかな。

でも、見た目は まさしく 「 春色 」 ですよねぇ (*^^*)

 

| | コメント (7)

2007年3月 5日 (月)

フラワーアシストを使って

暖かいけど、曇り空。

上空の雲が とても 早く動いていて、

ふと気がついて 目をベランダに移すと

フリージアの葉が 風に吹かれて 揺れている。

 

この後は 雨になるらしい 当地。

午後から 出かける予定なんだけどなぁ。

あんまり 降ったらくじけそうだ (^^ゞ

 

 

 

 

今日は 遅ればせながら

2月のレッスンについて。

 

去年の今頃

ちょっと 練習してみた

フラワーアシストを使ってのブーケを

レッスン内容にしてみました。

 

 

 

Dscn6393

横から 見ると

こんな感じに なってます。

 

 

< 使用花材 >

 ・ チューリップ ( アンジェリケ )

 ・ ラナンキュラス ( 湘南の虹 / チョコ )

 ・ フリージア ( アラジン ) 

 ・ スイトピー ( ダイアナ )

 ・ リューココリーネ ( アンデス )

 ・ アリウムコワニー

 ・ テンモンソウ

 

 

ブーケ ( 花束 ) を 作る際には

まず、花材の 茎の整理 が 必要。

 

当然 手で持って 作るのだけど

その持つところを ジョイント点 として

そこから下の 茎についている 葉や 枝分かれを

きれいに 取り除きます

 

     そうしておくと

     高さを 変えたい時や

     花を 入れ替えたい時なども

     引っ掛かることなく スーッと 抜くことが 出来るというわけ。

 

整理が すんだら

花材を バランスよく 入れていって

最後に ラフィアで結んで

茎の裾を 揃えて切って 出来上がり。

 

 

 

Dscn6398

春のお花を

ふんだんに使った ブーケ。

 

 

 

今の時季は お花が豊富にあるので

お友だちへの ちょっとした手土産などにも

こんな小さめのブーケは いいかもしれませんね (*^^*) 

| | コメント (2)

2007年3月 4日 (日)

のどかな日和

今日の当地は 暖かく 春の日和。

 

 

 

 

こんな日は 縁側 にいると うたた寝しそう。

 

        うちでは 縁側 ではなく ベランダ だけれど。

 

 

花mameの実家には 昔、縁側がありました。

北海道の家に縁側って あんまりないのだろうけど

祖父が 本州出身だったせいでしょうかね。

床の間の横には 書院窓なんかが ついていて

今 考えると

なかなか 風情のある家 でした。

 

その縁側には

近所の人が 集まってきて

漬物なんかを お茶請けに

他愛のないおしゃべりなんか していたものです。

ひとつの社交場 でしたねぇ。

幼き頃の記憶 ですゎ (*^^*)

 

 

 

家を持つ時には

縁側のある家がいいなぁ

なんて 思ったりしていますよ。

 

 

 

 

 

さて。

こちらも 縁側で お昼寝中。

 

 

 

Img_0233

きっと 今日のような

のどかな日和に、なんでしょう。

 

 

  

 

 

 

Img_0234

ねずみクンも

思わず 日向ぼっこ。

 

 

 

 

 

Img_0236

半磁土 ロクロ挽き

φ 7.2 ㎝ H 6.3 ㎝

 

 

 

 

 

う~ん。

やっぱり

日向ぼっこだけじゃ もったいない天気だから

どっかに 出かけてこようかな♪ 

| | コメント (2)

2007年3月 3日 (土)

今年のひなアレンジ

今日は 桃の日

 

と 言うことで

桃の花を使った ひなアレンジ を 作ってみましたょ。

 

 

 

 

Img_0112_8

去年は 3日終了 数時間前に

バタバタと 作り上げましたからね。

 

 

今年は 余裕を持って アレンジしたのだけど

写真の段階で

あらららら ・・・・ っ と

アラが 見えまくり (^^ゞ

 

 

花材も

実は ほとんどが 2月のレッスンの使いまわし (^m^)

モモはあるけど 菜の花が なかったりするし。

 

でも、まぁ ・・・ 。

春らしいアレンジには 見えるでしょう (^-^)

 

 

Img_01132_1

本日の主役の 桃の花

白いのは アリウムコワニー。

 

 

< プロフィール >

 ・ 分    類 : バラ科 サクラ ( プルヌス ) 属

 ・ 原産地 : 中国

 

 

 

これのツボミって 落ちやすくてね。

 

市場では

5本とか 10本とかを

枝を ギュッとまとめて 1束にして しばってあるのだけど

それを 解く時に

パチーンと 元気よく 枝をはじくように はずすと

付いているツボミが 取れてしまうことがあるんです。

ちょっと 触っただけでも 落ちるものがあるし ・・・ (+_+)

 

なので、

この写真のように 綺麗に咲いてくれた花って めずらしくて

マジマジと 見つめてしまいましたよ (^▽^)

 

 

 

 

 

で、

本日の オマケ画像。

 

 

 

Img_0128

一口桜餅 

奥の お雛さまは、去年の コレ です。

 

| | コメント (2)

2007年3月 2日 (金)

スパッタリング

昨日の話になりますが。

 

予定していたことが 意外に早く済んだこと と

朝起きてみると 腰痛がほとんどなくなっていた と言うことで

無謀 にも

ジムに 行ってまいりました (^▽^)ゞ エヘヘ

 

 

本当はね。

運動は 二の次で

サウナと ジャグジーが 目的だったの。

 

身体を温めることと 優しいマッサージ。

今 必要なのは コレ だ!

と 思ってね。

 

スタジオプログラム1時間 + エアロバイク 30分。

サウナなどで 1時間。

 

運動はしたけれど

何だか、ゆったりと リラックス出来ました。

 

 

  

 

でね。

腰の方はね。

何でもないです (^-^)

皆さまには ご心配をかけて 本当にすみません m(_ _)m

 

今ある、股関節周りの 筋肉痛のようなのは

きっと 昨日の運動の後遺症 (^^ゞ

多分 時期が来たら 治るんでしょうね。

 

これなら

今日も行って 大丈夫かも~ ♪

 

 

 

 

 

 

てなことで。

本日は。

 

 

  

 

タイトル、

聞きなれないコトバ でしょうか。

 

 

 

広辞苑 に よるとね。

 

【 スパッタリング - sputtering 】

  加速した粒子を、標的固体に衝突させることで、

  その固体の構成原子や分子を弾き出すこと。

  この現象を応用させた工学技術として、

  金属固体の原子・分子を弾き出し、

  それを堆積させることで行う 薄膜形成などがある。

 

 

                       ・・・ って 言われても

                       なんだか よくわかんないんだけども (^^;

 

 

 

薄膜形成 って 言うことは

きっと 工学技術で言うところの スパッタリング は

メッキみたいなもの かしら?

 

                      うん、違ってたらごめんなさい♪

 

 

 

 

 

 

 

花mameの言う スパッタリングは

美術用語 の方。

 

皆さん、一度は やったことが あるはず。

これもある意味、

薄膜形成かな?

 

 

 

 

必要なものは

 ・ 画用紙などの 紙

 ・ 絵具

 ・ 金網 

 ・ 歯ブラシ

             以上。

 

 

 

ほら、

思い出した?

 

 

 

 

 

 

 

歯ブラシに 絵具を含ませて

金網に こすりつけて

絵具を 霧状に飛ばす と言う  お絵描きの手法

 

 

 

 

 

 

 

 

で、

今日の器だ。

 

            いや~ 長かったな。

 

 

 

 

 

Img_0226_1

器の 上半分を 紙でカバーして

下半分を スパッタリング。 

 

 

ブレンド土 ロクロ挽き

φ 14cm H 4.5㎝

 

 

 

Img_0228_1

形は こんな感じ。

ちょっこり お浸しなんかを盛ると いいかも。

 

 

これも 先日の 花の絵の器と同じく

ちょっと 古典的な感じかな。

 

 

 

 

さて、

陶芸で

吹き墨 という技法 がありまして。

絵具を霧状にして 器に飛ばす、と言う意味では 同じだけど

今日の器のスパッタリングのように

簡単なものじゃぁ ないゎよ (^m^)

             

 

 

 

こちらは 霧吹きで 絵具を器に吹き付ける方法。

この技法では

人間国宝 13代 今泉今右衛門氏  が有名です。

 

 

濃淡のある

それは それは 美しい作品なので

何かの機会があれば

是非 一度 ご覧になってみてくださいね。

| | コメント (2)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »