« パラレル花器を使って | トップページ | 一重のバラ »

2006年7月 4日 (火)

ウンリュウヤナギ

Img_01856月のレッスン花材のひとつ。

今回は ベースになる大事な役割だったけれど

何せ 小さな花器でのアレンジ。

枝を 少し使っただけでした。

でも 雰囲気は バッチリ出せる花材でもあります。

  

 

 

 

さて。

恒例の プロフィールは・・・。

 

分  類 : ヤナギ科 ヤナギ属

原産地 : 中国

和   名 : 雲龍柳 ( やっぱり コレも 漢字にしただけ? )

 

 

これは ペキンヤナギの園芸品種で

日本で よく栽培されてるのだそう。

 

 

 

 

 

雲龍 と言えば

 

よく 有名どころの お寺の天井などに

雲の間から 龍が覗いてるような絵が あったりするけれど

アレが まさしく 雲龍 ( 図 ) 。

 

 

 

もひとつ

横綱の土俵入りに 雲竜型って あったような ・・・ 。

あった あった !

10代横綱 雲龍久吉が 創案したそうです ( 得意の 「 広辞苑 」 より )

 

 

 

 

これの特徴は 何と言っても

この クネクネと 曲がりくねった枝。

その曲がりを うまく生かして

生け花などにも よく使われていたり。

 

また

丸めてリースなどに使うと

この曲がりが 何とも言えない味を 出してくれるんですよね。

 

そして

ドライフラワーとしても

着色したものなどが 市販されてたりします。

 

 

 

 

 

これを 生けておくとですね ・・・ 

ヤナギ全般に 言えることなのだけど。

  

 

 

 

Img_0127

新芽が 伸びてくるほど

元気なモノ なんですなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

それどころか

 

 

 

 

 

 

Img_0129_1花瓶の中に限らず

吸水性スポンジ ( オアシス等 ) の中でまで

根を伸ばす 丈夫なモノ なんですゎ。

雲龍柳 ならぬ

       根っこ柳 ・・・ なぁんて ・・・・・・ (^^ゞ

 

 

 

 

                      うぅ ・・・ くだらなくて ごめんなさい。

                        「 脳みそ 夏バテ中につき 」 by  花mame

|

« パラレル花器を使って | トップページ | 一重のバラ »

花 - 花材」カテゴリの記事

コメント

おはよう御座います。
柳は生け花に使った後もずっと挿していますと確かに根が出ますね。生命力が強いのかも知れませんね。
雲竜柳のことは知りませんでした。(気付いていなかっただけかも知れませんが・・)
今度気をつけて見ておこうと思います。

投稿: もみぢ | 2006年7月 5日 (水) 08:29

>もみぢさま

おはようございます。

色々なことを よくご存知のもみぢさんですから
雲龍柳については きっと
お気づきにならなかっただけなのでしょう。

本当に 生命力が強いですね。
こういうふうに 根を出したのは 何度目のことか ・・ (^^;
でも 鉢植えにしても うまく育てられずに終わっています。
育ったら育ったで 困るかもしれないんですけども (*^^*)

投稿: 花mame | 2006年7月 5日 (水) 10:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パラレル花器を使って | トップページ | 一重のバラ »