« ツタとトリ | トップページ | この花は・・・? »

2006年5月31日 (水)

十二の鷹

Dscn5655いやぁ~ 言ってみるもんですねえ。

え? 

何を、って?

 

昨日 お空に 文句言いたいって

書いたじゃないですか。

 

そしたら あーた。

昨日も 今日も VERY GOOD WEATHER♪

     ぃゃ、昨日の夕方は 雨だったようだ。

     うまいこと すり抜けたようで 当たらなかったけども。

 

 

 

うん?

晴れたのは?

花mameが 文句を 言ったせいではない?

それは 失礼しました。

ちと 自意識過剰 だったか ・・・・ (^^ゞ

 

 

 

 

さて。 

上の写真は 昨日のお空。

まるで 夏空のようでした。

 

  

 

で、 おでかけ してきたですよ。

  

 

 

 

 

ここへ ↓

  

Dscn5654って 言っても

これだけじゃ わからないですよね ・・・ 。

国立近代美術館 工芸館

何とも 味わい深い建物で。

 

 

Dscn5653

遠くから見たときは 何かと 思ったですよ。

旧近衛師団司令部庁舎 なのだそうで

国の重要文化財に 指定されているとのこと。

一見の価値あり、です。

 

 

 

さて、そこに 何しに行ってきたか と言うと

美術館-工芸館 ですからね。

展示物を 観に行って来たのです。

 

 

こんな記事を 某雑誌で 見つけたもので。

    ↓

Img_0113_1

「所蔵作品展 近代工芸の百年」

陶磁器はもちろんのこと、

染め、漆、ガラス、鉄や 銀の鋳造などなど

多彩な工芸品が 並んでいました。

その数 81点。

 

展示室が ① から ⑥ まであって

⑥ は 特集展示の

ルーシー・リー と ハンス・コパー の作品が 置いてありました。

イギリスの 近代陶芸を代表する方たちで

どっかで見たなぁ と言う作品が 並んでいました。

 

 

で、

まず 展示室 ① に入ると

記事の写真にある 「 十二の鷹 」 が お出迎え。

鈴木長吉氏による、

「青銅の地に 金、銀、赤銅、朧銀による象嵌、鋳造」

と言う技法で 作られているもの。

 

と言われても ちんぷんかんぷん なんですが

金属で出来ているとは思えないほど

活き活きしているのです。

 

     触れなくても

     胸元の羽や 風切り羽の感触が、

     そのしぐさや表情から

     感情まで 伝わってくるよう。

 

しばらく その場から離れられないくらいに

見とれてしまいました。

 

 

 

そのあと

美術館の方の所蔵作品展

「近代日本の美術」 を 観てきましたよ。

 

リンク先に 写真が出てるけれども

岸田劉生の 「 切通之写生 」 が好き。

青空に向かって道が続く、開放感のある絵。

そして どこか 懐かしい雰囲気のある絵 なのです。

 

他にも

鏑木清方とか 上村松園、安井曽太郎、小倉遊亀、梅原龍三郎・・・

有名どころの作品が たくさん。

 

この2つの 作品展を観て

420円は お安いかも?

 

        でも、海外に行くと

        無料で ゲップが出るほど

        いい絵に 会えるんだ。

 

日本もそうなると

小さいうちから

より多くの いい絵に触れられる

と 思うのだけどね。

もっと 日本も 頑張ってほしいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暑い日だったので

この後

ここに 行きました。

 

 

Dcsa0004

ビール注ぎ名人のいる

ビヤホール ランチョン

こちらは どうやら ではなく

のようで ・・・・ 。

|

« ツタとトリ | トップページ | この花は・・・? »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

それにしても、安いですね~。
岸田劉生は麗子像があまりに有名で、他の作品は知りませんでした。
そのほかにも気になる画家がどっさり・・・
よかったですね~。
今日は私も出かけましたが、大阪も暑かったですよ。

投稿: もみぢ | 2006年5月31日 (水) 20:27

うあ、羨ましい・・・。
でもほとんど知らない画家さんばかりですけど。(笑)
リンク先の作者をずらーっと見てたら
フランシス・ベーコンがあった!!
見に行きたい!!

投稿: ラナ | 2006年5月31日 (水) 20:37

>もみぢさま

こんにちは。
そうですよね~
普通の展覧会だと ほとんどこの2~3倍ですものね。
出した分得る物が大きければ それもよし、でしょうか (^-^)
無料観覧日もある様子、
時間があえば こういう日を利用すると
なお、お得感がありますね。

岸田劉生と言えば 麗子像ですものね。
確か 鎌倉の近代美術館で 観た覚えがあります。
着物を着た絵だったような・・・。
でも 風景画も なかなかいいですよね♪


>ラナさま

こんにちは。
あは (^▽^)
知らない人が 多いですかw

うん。
F・ベーコンの絵、確かにありました。
機会があれば 是非観にいらしてくださいな。
毎月第1日曜日には 所蔵作品展に限り
無料で 観覧できるようですょ。

投稿: 花mame | 2006年6月 1日 (木) 12:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ツタとトリ | トップページ | この花は・・・? »