« 日本人でよかったと思える時 - その2 - | トップページ | Enjoy the Cherry Blossoms »

2006年4月 5日 (水)

なぜか柴又~♪

Dscn5525

今日とは違って 天気のよかった昨日。

陽気に誘われて なぜか 柴又 へと

遊びに 行ってきました。

 

いや~ 初めて 行きましたですよ。

駅の前に 「寅さん」の像が立ってたり

お店の中に 「男はつらいよ」のキャストの お写真が飾ってあったり

やはり この映画とは 切っても切れないお土地柄のようです。

 

Dscn5507

目的はここ、 「帝釈天」

人がたくさん 吸い込まれるように入っていく。

この門は 「二天門 と言うそうです。

まずは 入ってみよう♪

  

 

Dscn5510

門を入って 奥に見えるのが

  「帝釈堂」 

 

 

ここね。

二天門 や 帝釈堂 の周囲などに 見事な彫刻  が ほどこされているんです。

門の周りは こんな感じ。

    ↓ 

Dscn5512

ねーねー、かぁちゃん、

コーンだけ 残っちゃったから 

もうちょっと アイスを 入れてくれよ~。

  

なぁんて 話なわけ ないけど(^w^)

真ん中のおサルさんの 差し出してるものが

どうも ソフトクリームのコーン に見えて仕方なかった。

  

  

Dscn5514

これは お獅子 ですかね。

外で風雨にさらされて

木や木目が いい風合になっている。

 

また、風雨にさらされているのに

歯や爪など シャープな彫刻の先端がそのまま。

丸まってないんです。

 

Dscn5515

これは 上の方にあった

キングギドラ・・・ぁ、ぃゃ

の彫刻です。

 

龍にからんでいる糸状のものは クモの巣ではありません。

多分 龍が 逃げ出さないためのものでしょう。

いえ、本当のことは知りません (^▽^)

 

 

帝釈堂の周囲の彫刻の方は

「彫刻ギャラリー」 なる施設で 見ることが出来ます。

          こちらは有料(大人400円 小中学生200円)

欅の木彫 だそう。

多分昔は 門と同じくさらされていたと思うのですが

今は ガラスで囲われています。

 

宗教的意味は よくわからないし 

外壁が おびただしいまでの彫刻に囲われているって

ある意味 シュールな感じなのだけど

なかなかすごい芸術作品です。

 

うん。 

これを 見たことは

多分 今後の作陶に 大きく影響してくるでしょう (^▽^)

 

 

皆さんにも お近くに行った際には 

一度 ごらんになることを  オススメしますわ (^-^)

   

 

 

ここから引き続いて 大客殿から渡り廊下を通りつつ

邃渓園 (すいけいえん) という庭園を 見ることが出来ます。

お庭に下りて見ることは出来ないのだけど

お茶など飲みながら お庭を眺めると言う

スローな時間 が楽しめます。

 

 

Dscn5517この時季ならでは。

綺麗に掃き清められた 渡り廊下に

桜の花びら

舞い落ちていましたょ。

  

|

« 日本人でよかったと思える時 - その2 - | トップページ | Enjoy the Cherry Blossoms »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108012/9444900

この記事へのトラックバック一覧です: なぜか柴又~♪:

« 日本人でよかったと思える時 - その2 - | トップページ | Enjoy the Cherry Blossoms »