« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月30日 (日)

米花

Img_0170とは 言っても、 米の花ではなく (^-^)

ライスフラワーと言う 4月の レッスン花材。

何となく ハーブ系の香りがする花です。

 

「米粒」 のように見えることから ライスフラワー」

原産は 南アフリカ だそう。

キク科 ヘリクリサム属。

 

また 舌を噛みそうな名前が 出ましたね (^w^)

     ヘリクリサム

 

こういう名前の花材が あるのだけど

このライスフラワーとは 似ても 似つかない。

ただ、この米粒みたいなものは ツボミのようで

これが開花すると 似てるのかもしれないなとは 思います。

 

 

で、 ヘリクリサムと言うのは ギリシア語 で、

   「 太陽 」 と言う意味の 「 ヘリオス 」  と

   「 金 」 と言う意味の 「 クリサム 」 を

                 組み合わせたものなんだって。

 

花mameの持っている図鑑の ヘリクリサムは

薄いレモン色で 確かに 太陽の形に 似ている。

レモン色を 金色 と見たとしても 不思議はないょね ♪

 

 

話が 横道にそれましたね  (^^ゞ

 

 

 

 

Dscn5542

これが レッスン時に 撮ったもの。

ピンク色が 強く出ているけど

実際も こんな色です。

 

 

Img_0171

自宅の明るい所で 撮ったもの。

白っぽい中に 薄いピンクが

可愛らしく 写りました。

 

 

今回は ピンク色 のものを 紹介したけれども

もちろん 「 ライス 」 フラワーなので

白いもの も あります。

 

で、 これね。

ドライフラワー  にも 出来るの。

  

 

生花で楽しんだあと ドライで楽しめる、 と言うのも

ちょっと お得感 が あるような 気がしませんか (^▽^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月28日 (金)

ねこ 05

今日は 気持ちよく晴れて 春の陽気が戻った感じ。

この気温の変化が オソロシイ。

風邪とかね ・・・ 腰痛とかね ・・・ わけわからん体調不良とかね ・・・。

 

でもね。

イイワケじゃないけど 年のせいだけじゃぁないんだょ?

花mame、昔から季節の変わり目には

何かしら体調不良を起こしてるんだもん。

それが だんだん多くなってくるだk ・・・・・ え?

それが  年だってか?

大きなお世話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日の作品。 

 

Img_0125

ねこの絵皿 最終回。

窓辺の黒猫。

 

 

         ぬけるような 青い空。

         猫は 見上げて 何思う。

          お花畑の 赤い花。

         花の向こうの お友達。

         通りすがりの 若い猫。

 

 

誰ぞ の 詩 風 に してみました (^▽^)

 

 

 

 

Img_0154

φ 11.5㎝ H 4.7㎝

5枚の中で 一番大きいかな。

素材などは 前の4枚と 同じ。

 

 

 

 

 

土higeさんちの 猫たちも

よくこうして 外を眺めているんだけど

時々 何考えてるのかな、と思うことがあるのね。

 

 

 

猫って 食っちゃ寝、食っちゃ寝。

人間から 見ると

気楽で 気ままな 生き方をしているようだけど

実際は どうなんだろうか。

 

 

 

3匹もいると

これも 小さな社会で

それぞれに それぞれの 気持ちが あって

時々 それがぶつかって ケンカをしてる。

でも、ふと 気がつくと 

何事もなかったかのように 重なって 寝てたりして。

 

 

 

意外と ストレスの発散が 上手だったりするんだろうか。

 

ぶつかることで 発散するのか。

食べたり 寝たりすることで 解消するのか。

外を眺めることで リラックスしてるのか。

 

 

 

人間、猫に学ぶべきことが 多いかもしれないよね。

 

 

 

 

今の人間は 過充電気味。

たまには からっぽ になって

また 新しく中身を入れなおすことも 大事なのかもょ。

| | コメント (2)

2006年4月27日 (木)

ねこ 04

昨日は 汗ばむほどの気候だったのに

今日は 一転 肌寒い ・・・。

室温は 20℃ほど。

でも 体感的には 暖房を入れたい気分。

 

さっき ちょっとだけ お出かけしてきたんだけど

こんな天気のせいか

いつも そのへんにいるノラ猫さんたちの 姿もなし。

冬に比べたら 随分と 暖かくなっているのに

やっぱり 猫さんたちも

この気温の変化には ついていけないのだろぅか。

 

 

 

 

さて、今回の 花mameのねこもの は。

 

 

IMG_0123

通りすがりの 猫さん。

これは 黒猫さんの 「 見た目 」 かな (^-^)

 

 

φ 11㎝ H 4㎝

   お~、立派なものだゎ。

   「 ねこ 02 」 から 3個続けて 同じ大きさだ (^▽^)

   ちゃんと 測らなくても 

   見た感じで 同じ大きさって言うのは わかるんだけどね♪

 

 

IMG_0122

この猫、

飼い猫 なものか、ノラ猫 なものか ・・・。

ちょっと フクフクした 身体をしてるから

                                                                           飼い猫か?

 

 

アナタなら この フクフク猫を 

黒猫のお話の中に どう位置付けるかな?

| | コメント (0)

2006年4月26日 (水)

リューココリーネ

Img_0135

ブーケ作りの時に 使った花材。

リューココリーネ です。

 

 

南米原産の ユリ科 リューココリーネ属 の花。

                    ・・・ これも また ヒガンバナ科 とする説も。

 

なんと この花、

出回り始めたのは 1990年 だと言うから

ごくごく 新しい花材。

  

花の雑誌や お花屋さんでは 馴染みの花材だし、

以前から よく使っていたので 

そんなに 歴史が浅いものとは 知らなかったです。

 

リューコ とは ギリシャ語で 「 白い 」

コリーネ とは 同じく 「 棍棒 」 の意味だそう。

       この花の何を 「 白い 棍棒 」 と見たものか・・・?

       棍棒のようなものと言えば 3本突き出たオシベだけども

       この色は 「 黄色 」 という色だし・・・・。

       原種は 白いオシベでも ついていたのでしょうかね。

 

 

 

最近は 種類も多く、また色も バリエーションに 富んでいるようす。

今日の写真の花は 薄紫色 の花びらで 中心が 白 だけれども

花びらの色が もっと 赤紫 に近くて 中心が 赤いもの もあるし

白いもの も あるみたい。

 

 

とても 細い茎に 写真のように 花がつく

なんとも 可憐な花です。

そして これもまた 甘い香りが (^-^)

 

アレンジや 花束などに 入れると

柔らかくも やさしい雰囲気を 出せますょね ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火)

フラワーアシストのレシピ

以前、タグフレンズの sonoさんに

「そのうち 簡単に出来る

   手作りフラワーアシストを 考えておきます。」

               なぁんて 安請け合いをしちゃって。

 

無い頭をひねって 試行錯誤。

あれから 1ヶ月以上が経ちました。

 

これが 最高に簡単でオシャレな逸品!

なんてものが 花mameに出来るわけもなく・・・(^^;

 

オススメは やっぱり

「資材屋さんで 市販のフラワーアシストを 購入すること」

 

でも

お近くに そういうものを扱った資材屋さんがない、とか

微妙な素材や 色合いで作りたいわ、と言うこだわりを 持つ方は

とりあえず こんなの試してみてはいかがでしょ (^-^)

 

ただし、ちと手間が かかります ( 覚悟せよ )

 

 

まず 準備するもの。

 

 ・ ワイヤー ( 太さ 3.2㎜ ) 3mほど。

    自由自在コイル と言うものを オススメします。

    芯線が 細いワイヤー および アルミ線 で

    それを 塩化ビニール で包んであるものなので

    簡単に造型ができること と 色が選べる のが便利。

    300~400円くらいで 購入できます。 

 

 ・ リボン 3~4mほど。

    今回は オーガンジーの 幅2.5㎝ の リボンを使用。

    

 ・ 500mlの ペットボトル 1本

 ・ リボンの端を止めるもの ( 接着剤、ホチキス、糸など )

 ・ ラジオペンチ、ハサミ など。

 

以下、作り方です。  

 

Img_0140_1

ワイヤーの端を 20㎝ ほど 残して

ペットボトルに 巻きつけて

茎の入る円を 作る。

 

 

Img_0142残した方のワイヤーを くくりつけて

円を 固定する。

 

 

 

Img_0143_1次に 長い方のワイヤーを

花びらのように 円にくくりながら 作っていく。

 

 

 

Img_0144_1

長さ 7㎝ のものを

5枚 作る。

 

 

 

Img_0145_1

最初に作った花びら状のものと

半分ずれるような位置に また5枚花びらを 作る。

 

 

 

Img_0147_1

残ったワイヤーは 最初に残したワイヤーと

対極になる位置に

中心のワイヤーに からませながら 持っていく。

 

 

Img_0148_2

花びらの 外の円の部分を 出来るだけフラットにして

リボンが かかりやすいようにし

それから リボンを巻いていく。

 

 

Img_0149_1

巻き終わりは ブーケで隠れる 中の方 に。

ホチキスで留める場合は ひっかからないよう

中の方に 足 ( 留めた端の部分 ) が来るように。

 

 

 

大小 2つの円を 作り

それを 足になるワイヤー 3本くらいで つなぐ形の方が

手間的には 簡単だったかなぁ とも思うのだけど、

今回は ワイヤーを切ることなく 出来る方法を 考えてみました。

 

これは あくまで 一つの提案なので 

どんなものかが わかれば

ご自分で もっと簡単な 作りやすい方法で

作ってみるのも いいかな と思いますょ♪

 

そして

今回は オーガンジーのリボンを 使いましたが

コットンとか レザー風のものとか 太い毛糸とか

素材は もちろん 色も 何でもいいし、

リボンで 巻いた後に

羽や ビーズや レースなどを つけるとか

作りたいブーケに応じて お飾りしてみるのも いいんじゃないでしょうか。

 

そこまでに すると

フラワー 「アシスト」 と言うより

立派な アレンジの一部 ですよね (^▽^)

 

もし 何かわからないことが あれば

勉強になりますので お知らせくださいな。

そして 作ってみた方がいらしたら

是非 教えてくださいね~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

命名♪

Img_01392アマリリスの ツボミも

ラナンキュラスの ツボミも

切り戻しを重ねた花も 何度か入った このグラス。

ただの 「 グラス 」 と呼ぶには

あまりにも 功績が大きすぎて 失礼だゎ・・・。

 

 

 

 

と言うことで。

 

 

 

 

 

 

 

命名 ハナトリウム。

 

 

 

 

 

 

花瓶に挿せない花の 療養所 (保育器?) みたいなものですね。

 

 

 

 

 

 

 

Img_0176_1

今月のレッスンに使った

マジョリカちゃんも お世話になってますのだ (^-^)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

バラ*ばら*薔薇

3月のレッスンにも 何種類か使ったりして

バラに 触れることの多い このごろです。

 

美しいものには そう添える言葉もいらないでしょう・・・

と言うことで 言葉少な (ホントかな?) にご紹介。

 

 

 

Dscn5545

こちら メロディ と言います。

教室で 撮ったので 

ちょっと サーモンピンクっぽいですね。

実際は もうちょい薄いピンクです。

 

 

Dscn5547

こちらは 同じく教室で撮った SPバラ。

マジョリカ です。

不思議なくらい メロディと 色が同じ。

 

 

Img_0174

このマジョリカを 自宅で撮るとこんな色。

柔らかいピンクです。

 

 

Img_01092そして コレはここまで開きます。

野ばらみたいで かわいい。

 

 

 

 

Img_0168_1

これは パレオ。

鮮やかなオレンジ色が 綺麗です。

 

前にアップした バラの記事の中の マナナ より 鮮やかで

花びらの先端が 少し尖った感じ。

 

Img_0166

真正面から見ると 鮮やかなのだけど

花を横から見ると・・つまりは 花びらの裏が

山吹色に近いような やさしいオレンジ色。

見方によって表情が変わります。

 

 

 

 

Img_0155_1

これは 絞りの入ったSPバラ。

フラッシュリディア と言います。

とても オシャレな色合いで

生徒さんたちも 気に入ってました。

 

 

Img_0158_1

アップにするとこんな花。

この写真の花で 直径は 4~5㎝。

 

 

Img_01222

このバラは ちょっと枝分かれが短いの と

花近くの茎に 細かいトゲが たくさんあるのが 難点。

写真でわかるかな・・・ちょっと痛かったです。

 

 

 

Img_0137_1

最後は ティネケ。

ブライダルには欠かせない 白バラです。

真っ白ではなく 若干グリーンがかってるかな。

 

 

 

今年に入って バラをネタに 3回目の記事。

チューリップについで お世話になってる花材です。

でも 本当は もっとたくさんの種類の花を使いたい。

いろんな制約があるから なかなか使えないでいるのだけども・・。

 

さてさて、 これから今年いっぱいで  いくつのバラを 紹介できるかな♪

出来るだけ 重ならない花材選びを していきたいと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

ラウンド

今月のレッスンは 「ラウンド」 と言う

フラワーアレンジの 基本の 「き」 のようなスタイルで、

何年かに一度、スキルの見直しのために やっています。

 

Dscn5562

こんな感じのアレンジ。

前から見ても 横から見ても 半円形 。

うーん ・・・

これ、写真が 真正面じゃないな ・・・ (^^;

 

Dscn5561

真上から見ると 丸い形 。

これが ラウンド と言うスタイル。

 

 

不思議なもので 

丸く作ろう、丸く作ろう、とすると

四角くなるの。

 

このアレンジは 挿す順番が 決まっているのだけど

挿すたびに 花の位置や長さを チェックするのが

丸く挿すコツでしょうか。

 

うちの教室では 3回目のラウンド。

生徒さんたちも やるたびに上手になります。

やはり 回数をこなすと言うことも 大事なことです。

 

で、来月は 

また基本の 「トライアングル」 と言うスタイルを予定しているのだけど

これは 今月とは違って シャープな三角形 を作ると言うもの。

こちらは シャープに、シャープに、と思って作るのに

丸くなってしまうのです。

うまくいかないものですね。

 

でも、この2つが出来ていれば

アレンジに コワイものなし!です (^▽^)

 

そぅそぅ、今月の花材です。

 ・ バラ

 ・ SPバラ

 ・ SPション

 ・ SPマム/アスター

 ・ ライスフラワー/カスミソウ

 ・ レザーファン

 

1回目のレッスンと 2回目のレッスンで 

花材が 少し違います。

後日、いくつかの花材を アップしますね♪

 

花材の取り合わせも なかなか難しく

ポイントになる花材が違ってくると

組み合わせが まるっきり違ってきたりします。

何年たっても 花材の選定は 頭を悩ませる問題です・・・(+_+)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月20日 (木)

ねこ 03

はい、 ご無沙汰しておりました。

久々の ねこ でございます。

 

あの 黒ねこ の その後は・・・

なんて 心配されていた方も いらっしゃるのではないかと・・・。

 

 

                     え?

                     してない?

 

 

 

                              それどころか

                              忘れてた・・・?

  

 

 

 

まぁ・・・・

花mameも 忘れてたくらいだから

仕方ないや・・・ねぇ。

                              orz

 

 

 

 

気を取り直して

本日の ねこもの です。

 

 

Img_0120

花畑の奥の家に

お友達を 見つけた模様 (^w^)

ブレンド土 白化粧 絵の具で絵付け。

 

φ11㎝ H4㎝

ねこ 02 と同じ大きさ。

まるっきり 同じ大きさに 挽けることも あるんだ。

たまぁに、 ごくたまぁに、 のことだけどね。

 

形や 大きさが 微妙に違うのが 手作りのいいところ♪

これは イイワケ ってやつでしょうかね (^^ゞ

 

 

IMG_0119

ねこって 立つと 意外に大きかったりする。

土higeさんちの ねこは 

よく ドアノブに 手 ( 前足 ) をかけてましたもん (^w^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

petit

Img_01412_1

昨日のブーケに

ちょっとだけ 使ってあった花。

何だか おわかりでしょうか。

 

少しでも お花を知っている方なら

この形を どこかで 見たことがあるはず(^-^)

 

 

 

 

そぅ。

アルストロメリア です。

その名も キッス

 

       ロックバンドにありましたねー。

       花mame、好きでした♪

       最近は 子ども達が同じメイクをして

       バックに KISSの曲が流れている TVCMがありましたっけ。

 

 

 

いやいや・・・こちらのキッスは 花の名前です (^^ゞ

 

この花の大きさは 

一番大きな所 ( 花を三角形に見立てたら底辺の部分 ) でも

            3cm程度

   

この写真を クリックして大きくすると

ほぼ 実物大です。

普通のアルストロメリアは 5~7㎝ほどなので

これは かなり小さめ。

プチ ・ アルストリメリア です。

 

 

 

Img_0145

ほら、

こう見ると 間違いなく

アルストロメリアでしょう。

1本の茎から 

3~4本の枝分かれが あります。

 

 

 

 

ここで アルストロメリアの プロフィールを ・・・

 

南米原産。 

アルストロメリア科アルストロメリア属

   ↑ これ、3回続けて言ったら 舌を噛みそうですょね (^w^)

 

図鑑によっては ヒガンバナ科 とか ユリ科 と表記しているものも。

和名は 百合水仙(ユリズイセン)、 または インカの百合。

 

で、

そのアルストロメリアと言う、名前の由来ですが

スウェーデンの 植物学者 リンネさんの

お友達 の アルストメーア男爵 にちなんでつけられたそう。

 

今までのお花は

たいてい 発見者の名前が その由来だったのだけど

お友達とは 新しいパターンだゎ。

           ・・・・・なかよしさん、 だったんですかね。

 

 

 

 

 

ま、 それは さておき。

 

一番上の写真の花が成長すると

 

Img_01652

中の花びらに  見覚えのある斑点が。

それに この花、少しだけ色づいている (*^^*)

 

 

 

 

 

そして そして

もうちょっと 成長すると

中の花びらも 大きくなって 見慣れた花の姿に。 

 

 

 

Img_0111_1

この写真も実物大 (^▽^)

見えにくいかもしれないけど

真ん中の奥に ちゃんと オシベも あるのですょ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

フラワーアシスト

今日の関東は とてもいい日和。

春を通り越して 初夏の陽気です。

やっと 気候も安定したかと思ったら

いい天気は やはり続かないようですね。

 

 

 

 

 

さて 今日は ガーベラの日だそう。

詳しくは コチラ 

 

この中にね、

以前 上げたガーベラの記事で 

ガーベラの発見者はどっち?みたいな話を 載せたのだけど

その答えになるような説明を 「発見」 しました。

花mameは これでスッキリ♪ 納得です (^-^)

 

 

 

 

 

え~と。

今日の本題は フラワーアシストについて。

これも以前、ブーケの記事 のところで 少し触れたのだけど

写真に ちゃんと写ってないので

どんなものか 載せておこうと思いまして。

 

それは こういうものです。

    ↓

Img_0139_1

とは言っても

色も 大きさも 種類も 様々。

 

これは その中のひとつで 大きさは φ20㎝程 のもの。

白い部分は シサル麻 と言うもので 出来ています。

 

真ん中の部分に 花の茎が入って

まわりの白い部分で花を支える、と言うわけ。

これだと 割と簡単に ブーケが出来上がりますね。

お花の資材を扱っているお店などで 購入出来ると思います。

 

 

 

Img_0134 たまたま 家にあった花材で

改めて こんなブーケを作ってみました。

 

まるで 砂糖菓子のような 甘~い色合い。

先日の、ラナンキュラスとか レッスンの残り花材とか。

考えて集めた花材ではないのに うまく合ったものだわ♪

 

Img_0105_1

横から見ると こんな感じ。

ステム (茎) が 出ているので

このまま 花瓶に挿すことが出来ますよね。

 

この次は 手作りアシストの紹介を、予定。

          ・・・・・・・・あくまで予定、 予定ですょー (^w^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

お師匠様

Dcsa0002

陶芸のお師匠様が

東日本の伝統工芸新作展

東日本支部長賞を 受賞されました。

これは是非 拝見して来ないと・・・。

 

と言うことで

日本橋にある 某老舗百貨店のギャラリーへと

足を運びました。

 

工芸展ですから

陶芸を始め、 漆芸、 硝子、 金工、 染織、 木竹工、 人形 など多岐にわたり、

広い会場に 所狭しと 展示されていました。

 

お師匠様の作品は

磁器の大皿で 青磁釉の青に 

柏葉が 白く浮き上がるように見えるものでした。

卓越した技術もさることながら

葉脈の1本1本を 極細面相筆で描いているのだそうで

その繊細さには 目を見張る物があります。

 

お師匠様 曰く 

この作品は 「生命の表現」 なのだそうで

こういう大きな展示会で 大きな賞を受けるには

技術が優れているのは もちろんのこと、

伝統を重んじる中に 何か新しさを感じさせること、

そして、精神世界の表現までもが 必要なのだ と思いました。

 

 

Dcsa0001_1

この界隈には 久しぶりに行ったもので

思わず観光客のように 

携帯で 写真を撮ってしまいましたょ (^▽^)

これは おそらく 麒麟 ですね。

 

 

 

キリンさんより ゾウさんの方が もぉ~っと好きでぇす♪

なんて CMを思い出したです(^w^)

    このCMを見るたび

    キリンさんの敗因 は 何だったのだろうと

    考えてしまったのは 花mameだけでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_0126

と、いう事で

無理やり ゾウさんです (^w^)

体長21㎝ 高さ11㎝ 

 

 

お師匠様の 素晴らしい受賞の話の後に

弟子の おちゃらけた作品を 持ってきてしまってごめんなさい。

       m(_ _)m m(_ _)m

 

でもねでもね。

毎度 お師匠様も こういう作品を 期待されるわけですょ。

普通に お茶碗なんかを挽いてると こう聞かれたりして。

   「これは このあと 何になる のですか?」

       (・・・・・何にもなりません? ただのお茶碗です。)

 

 

Img_0122で、このゾウさんですが

何だか ゾウさんのジョーロが 欲しくって。

 

 

よく おもちゃのジョーロである、

あれより ちょっとゴージャスに・・・と思ったのだけど

重さも ちょとゴージャスだったので ( 494g )

使うよりは 飾る ゾウさんのジョーロになってます。

   

 

 Img_0123
お飾りにしてるけど

水を入れる所もあって 一応 使えるようには 

作ってあるのですょ (^-^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月16日 (日)

フリージア

これも 3月に使った花材のひとつ。

南アフリカ原産の アヤメ科フリージア属の花です。

 

和名は 浅黄水仙 (アサギズイセン) と言うそう。

野性のフリージアの色は 黄色か白なのだそうで

そこから来ている名前なのかもしれないですね。

 

 

 

 

Img_0284_1

櫛の先に 花がついている感じ。

何ゆえ こういう花のつき方になったのか 不思議です。

 

 

Img_0154_3

花の形は

何だか 三角形みたい。

 

 

上2つのフリージアは 色は似ているけれども 実は違うお花。

上の方は この上なく甘いピンク。

下の方は ちょっとだけ薄いピンクかな。

 

 

 

Img_0373_1

これは ブーケ作りの時の

ブルーヘブン と言う 薄紫のフリージア。

 

 

フリージアって 甘い、とてもよい香りがする。

        ・・・ なぜか白いものは そうでもないのだけど。

 

 

春に出てくる、

このフリージアとか ヒヤシンスとか スイトピーとか。

こういう香りのよいお花を たくさん使ってのアレンジを

そのうち 考えてみたいと思っています。

 

 

 

 

 

そして こちらはね。

花mame家のフリージア。

     ↓

Img_0144

これは 出たばかりの時のツボミ。

何だか 麦の穂に似てませんか。

 

 

Img_0163

そして これが今の状態。

少し大きくなって

まさしく 櫛か レーキのようでしょ。

これが咲いたら また報告しますね♪

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月15日 (土)

ラナン2

なんだかわからないけど

上げたい記事が 投稿できない ・・・ (+_+)

いつもと同じなのに 「フォーマットが不正です」って・・・ (-"-;)

あのバージョンアップ以来 

調子が悪いのよねー。

あんまり続くと

星一徹になっちゃうぞ。

      オラァ (ノ`0)ノ ⌒┻━┻.::・

 

そんなわけで 今日は手抜き記事でございます m(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_0168

先日上げた ラナンキュラス。

こぉんなに 開いちゃった~♪

 

ここまで開いて 芯が見えてくると

以前紹介した アネモネに似てる。

 

それもそのはず。

これは キンポウゲ科ラナンキュラス属。

アネモネは キンポウゲ科アネモネ属。

親戚筋だもんね (^-^)

 

ちなみに 「ラナ」って言うのは

ラテン語で 「カエル」の意味だそう。

カエルが好むような湿地に 自生していたことからついた名前だそうですょ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月14日 (金)

ミモザ

ガラスの~靴~で~ 踊る ミ~モ~ザ~

            ・・・・なんて 歌もありましたが (^^ゞ

 

3月のレッスンで使った花材のひとつ。

春になったら街中でも 花を 見ることが出来るものです。

 

花mameたちは ミモザ と呼んでいますが

ミモザアカシア と言うことも。

  アカシアの中にも 

  フサアカシア、 ギンヨウアカシア、 サンカクバアカシア など

    色々な種類があります。

  花材としてのアカシアは どうやら ギンヨウアカシア のよう。

 

  コレです ↓

IMG_0288

この写真では まだ開ききってないものも ありますが

黄色いフワフワの、房状の花です。

 

 

 

確かね。

3月8日 ( 花mameの誕生日♪ ) が 「国際女性デー」 。

                                       主旨その他は 他に送るとして・・・。

 

イタリアでは この日に 

女性が互いに ミモザを贈り合う習慣が あるのだとか。

男性が 女性に 日頃の感謝の気持ちを込めて

贈る、と言うこともあるのだそう。

なので 「国際女性デー」 は 「ミモザデー」 とも呼ばれているようです。

 

でも、まぁ

そんな時期は とうに過ぎてますので

来年、 このことを  覚えていたら

男性 女性 に関わらず

その日に ミモザなど 贈ってみてはいかがでしょう。

 

 

 

で、 花mameはですね。

こんなものを 作ってみたですよ。

    ↓

IMG_0118

ミモザのトライアングルリースを作ってくれたのは

お花友だち なのだけど 

イースター ( 復活祭 ) が近いと言うことで

タマゴのオーナメントを 飾ってみましたょ。

 

 

日本人には あまり馴染みのない イベントですが

最近は ファッション的意味合いでか 

こういうオーナメントなどが 売られていたりしますね。

 

 

 

 

 

そして 

ミモザと言えば もうひとつ 思い浮かんだものが・・・(^-^)

  

 

Img_0101

ミモザサラダ♪

どう? まるで ミモザの花を 散らしたようでしょ (^w^)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月13日 (木)

電動ロクロ、そして・・・

陶芸は 教室に通って 学んでいるので

当然 教室で作品を作ることが 多いわけです。

 

手びねりだったり

板 ( タタラ ) 作りだったり

もちろん ロクロでも作ります。

 

 

 

が、

自宅で作ることも またあるわけで。

 

手びねりだったり

板 ( タタラ ) 作りだったり

もちろん ロクロでも 作りたくなるわけじゃないですか。

 

 

そういうわけで 

自宅にも 1台 電動ロクロを 購入しましたですよ。

 

                    ・・・・・2年弱前の話 なんですが。

 

 

 

 

 

 

 

Img_0105

それが コヤツなんですけどね。

3月の半ばに 動かなくなっちゃったのですゎ。

 

 

 

 

 

もちろん 電動ですから まずは 以下の確認です。

 

 ・ まず 家に電気が通じているか

      ぃゃ・・・電気代は毎月払っていますから・・・。

      この場合 非常にマレにある停電の心配です。

 

 ・ コンセントにプラグを入れているか

     時々 あるんです。 入れないで騒ぐことが。

 

 ・ スイッチは入っているか

     これも 時々あるんです。 入れたつもりで入ってないことが。

     と言うのも

     うちのロクロ、えらく静かなヤツでして

     キャッチコピーが

       扇風機より静か で 

         深夜の作業やマンション内のご使用にも最適!」

 

超低騒音モーター採用 と言う物らしい。

 

で、スイッチを入れても 

スイッチオン!の音はするものの 

レバーを動かしても 動かない。

 

        (-"-;) ウーン

 

 

仕方がないので 

メーカー ( 京都 ) の方に 連絡を取ってみたところ、

「基盤交換の必要があるようです」 とのこと。

修理のために送ることになったんですゎ。

 

 

でもね?

向こうは簡単に 送ってください とは 言うものの。

これのサイズ 約50㎝×約50㎝×約40㎝ 

最初に入ってた箱は すでに捨ててしまっているし

代わりに入れられるような 大きな箱はない。 

 

それにね?

36kg もあるのよ。

大きい上に 丈夫な箱・・・どうする?

 

 

送る前に 荷造りに悩んでしまったわけです。

 

 

 

           そうだ!!  (^◇^)b ♪

 

 

宅急便の人に 荷造りも頼んじゃおう!!

少し 料金は高くなるけど 

悩んだり 不十分な梱包をするよりずっとイイ!!

 

便利な 世の中でよかった♪

 

 

 

てなことで、無事送ったんですが

3日後には 戻ってきました。

修理 早っ・・・。

 

 

 

Img_0162

帰宅した 

電動ロクロくん。

 

 

 

 

Img_0154_1

本当に直ったか

確かめてみた (^w^)

        ・・・動いた♪ 

 

 

 

 

 

それでね・・・。

修理代。

 

 

 

ロクロの保障期間って

 

 

なんと

     2年間 だったの。

 

 

 

てことは 

 

   無料~ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

                                       ・・・ いい言葉だ~  (´▽`) うっとり♪

 

ロクロを壊す ( いや 壊しちゃイカン ) なら 2年以内が オススメです。

もちろん うちのメーカーさんだけ かもしれないけど。

 

この後 壊れないように 大事に扱わないと、ね。

 

 

 

 

 

あ~ さて。

昨日 何気に 記事の数を 数えてみたです。

    100稿目の時は 気づかず 通り過ぎちゃったもので

    時々チェックしとかないと・・と思って。

 

ペースで行くと 半年に100稿という感じ。

そろそろかなぁ・・・と思ってたら あーた!

 

       本日めでたく 200稿目

                             でございます。

 

そして 来月には 1周年ですわ・・・。

何をしても 3日坊主な花mameなのに

これは よく続いております。

 

一重に 訪問くださる皆様のおかげです ( 感謝 )

 

文字数内容 の割に

ロングロングスクロール させる 

稚拙なブログに お付き合いいただいて

本当に ありがとうございます m(_ _)m

 

このパターンは おそらく変わらないし

下手な文章も 多分このまま (^▽^)ゞ

  ・・・・写真だけは ほんの少し うまくなったかな?

 

また今後も 飽きずにお付き合いいただければ・・と思います。

 

 

で、 200稿記念にですね。

土higeさんとの ツーショットを。

ぃぇぃぇ

ご遠慮なさらずに・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Dcsa0005_1

 

 

 

えぇ、影ですが?

・・・・・ツーショットには 違いないでしょ (^w^) 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月12日 (水)

4月のユリノキ

ゆりのきファン倶楽部員 でありながら

ユリノキについて この記事 以来書いてないなんて

 

 倶楽部員の 風上にも 置けないゎ・・・!!

                          と、思いまして 

 

久しぶりに ユリノキの今の姿のご報告です。

 

 

 

 

先日、公園にお花見に行った際に 撮ってきました。

さすが春。

芽吹いています! 芽吹いています!!

 

 

Img_0148_1

枝の先に小さく

黄緑色の芽が出ているのが わかりますかね?

あら? 見えない?

いや、だって・・・この木 背が高いんだもん・・・。

 

 

では この木の一部を ズームアップ♪

   

 

Img_0150さっきの小さな黄緑色は

こんな形をしているのです。

出たばっかりって

何でも とてもかわいらしい。

 

 

Img_0152

木には、まだ去年の実が 残っていました。

この実のある場所も 高い所でね。

ピントを合わせる間 

カメラを持つ手(腕?)が プルプル震えてましたょ (^^;

            ・・・写真を撮るにも 筋力が必要ですゎ。

 

 

 

そしてね。

前回の記事で紹介した 姿の美しいユリノキ なんだけど。

 

 

 

 

 

 

Img_0155

剪定されちゃったようで

なんとも 寂しい姿を 見せていました。

今年 この木に 花は咲かないんじゃないかしらね。

その前に 葉は出るのかなぁ・・・。

また 引き続き、観察していきたい と思います。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006年4月11日 (火)

ラナン

Img_01172先日 市場で購入してきた

ラナンキュラス と言うお花です。

 

 

Img_01262

ピンク色と オレンジ色を 

買ってきましたょ ♪

 

 

どちらも 花びらの枚数が多く

その花びらの 儚いまでの 薄さ・・・。

   昔、 小学校の頃かなぁ。

   入学式とか 卒業式に 

   お花紙 と言う、薄い色のついた紙で花を作りませんでしたか?

   確か 2~3cmのびょうぶだたみにして 真ん中を輪ゴムで留めて 

    折ったお花紙を広げると 花になると言う・・・。

   あの紙花のような感じのするお花です。

 

 

そして 茎の割に大きな花をつけています。

   そぅ、バーベキュー用の串ほどの茎に 直径にして8㎝以上の花。

   ちょっと気を抜いて 水落ちなんかさせた日には

   花の重さで 茎が折れてしまいそう。

 

 

まだ ツボミの状態で買って来たのだけど

やっぱり 1個 花首が落ちてまして・・・(^^;

重さで落ちたのではなく 何かに 引っかかっちゃったのね。

 

 

 

で、

また得意の グラスです (*^^*)

 

Img_01462

少しでも 茎がついているなら

同じグラスに挿していても

こんなに 

痛々しい感じは しないのだけどね。

 

 

花が 少し開いてきた段階で

今度は こんなアレンジにしてみました。

 

Img_01582

舟型の花器に 

ミスカンサス とともに 一花一葉 。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

鉢植えチューリップ

Img_0140

たびたび 

何かの記事のオマケのように 登場していた

花mame家の 鉢植えチューリップ 。

なんとか 開花にこぎつけましたょ♪

 

 

あれは 去年の10月のこと。

フラワーEXPO で球根をいただいたことに 始まります。

 

 

でも これ、なかなか芽が出なかったんだよね。

芽が出る前に 根が出てきてね ・・・・ ぃゃ、これは普通なんだけど

根が 球根を押し上げちゃって

土の上に不恰好に 球根が出てきたのです。

これは 植えた鉢が浅かったせい ・・・ 深さ9㎝だもん。

あわてて 深さ14㎝の鉢に 植え替えましたですよ。

 ・・・・・・・ チューリップの球根 を植えるときは 深めの植木鉢 に、ね。

 

 

 

いつ芽が出たんだったか 記憶は定かではないのだけど

2月の始め には 芽が数センチになってました。

 

そして 3月の始め

 

こう見ると チューリップの成長は

ゆっくりゆっくり、だね。

 

 

 

上の写真は 3月の中旬のもの。

 

そして~。

これが 3月の末のものです。

    ↓          ↓

    ↓          ↓

Img_0141

Img_0143

 

 

 

葉の間に守られた 花のBABYです。

まだ うとうと・・・と、 眠ってる感じがしませんか。

 

 

 

そしてそして。

お待たせしました。

花mame家の チューリップです (*^^*)

 

Img_0158

ちょっと濃い目の ピンク色

なぜか 赤いチューリップ 

と、思い込んでいた花mame。

実際は これよりも

もう少しだけ 赤いのだけど。

 

 

  

Img_0103

今は ふたつとも咲いています。

植え方のせいか

寄り添うように咲いてるのが

なんだか 可愛らしい (^-^)

寒い日は こうやって花を閉じています。

 

 

 

 

Img_0159

そして 暖かい日には こんなふう。

そう言えば このチューリップの色、 

コレの ストロベリーミルクに似てるかも (^▽^)

| | コメント (0)

2006年4月 8日 (土)

また来年ね♪

ここしばらくの つち*はなの記事ったら ・・・。

桜のことばっかりだゎ (^▽^)

この時季にしか 上げられないものだからね。

とは言うものの。

桜の記事は コレで打ち止め にしよう。

 

   パッと咲いて パッと散る桜のように いさぎよく ・・・。

   いや、桜をネタに 4本も 5本も 上げてたら

   いさぎよいどころか 食傷気味 だゎ (*^m^*)

 

 

 

 

うん? 

「コレで打ち止め」 ってことはね ・・・・?

 

 

 

そぅなのよぉ~。

今日も 「桜」 関連なのぉ~♪

 

 

 

 

 

 

 

Img_0107_1

はい♪

桜の絵のついた急須 です。

 

 

ブレンド土に 白化粧。

φ 5.8㎝ H 7㎝

その上に いつもの絵の具で しだれ桜  を・・・。 

 

 

Img_0108

蓋の絵は 半分 夜桜。

昼と夜の変わり目の表現です。

 

 

 

 

 

 

Img_0109

そして

猫が花見の図 (^w^)

さぁてと・・・。

東京の桜の記事は 

   また来年に、ね ヾ(*'-'*)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

見つけた!

火曜日は 花mameでも外出したくなるくらい 陽気がよかったのだけど

水曜日は 冷たい雨

昨日は晴れたけど 風があったし 夜は寒かった。

そして 今日は曇ってて やっぱり寒かった・・・。

 

そのせいか

街中の桜が まだ綺麗なのです。

今日は そんな綺麗な桜並木の間を通って

久々に 市場へ。

来週からレッスンが始まるので リサーチの為です。

午前中、

いつもより 遅い時間に行ったのだけど

意外に 混んでました。

 

前回から 数週間あいてしまったので 当たり前なのだけど

お花のラインナップが 結構変わってました。

それを 見に行って来たんだけどね(^▽^)

 

そして 

家の中に お花がなくて さみしかったので

ちょっとだけ 仕入れてきましたょ♪

このお花たちについては また後日(^-^)

 

 

 

そぅそぅ。

タイトルの 「見つけた」 。

何を見つけたかと言うとね。

 

うちの近所の 桜天井 の写真です。

ケータイの写真を パソコンに移していて見つけたの。

 

   あら、 花mameったら ケータイでちゃんと撮ってたんじゃないのょ・・・。

   撮ったことすら忘れてるなんて・・・もしや!

   ニン○ンドーDSのお世話にならなきゃイケナイってこと??

   脳年齢だけ 白寿を迎えてなきゃイイけど・・・(-"-;)

 

 

 

そういう話ではなかった。

桜天井 だ。

ケータイ画像ゆえ

はっきりしないのは お許しを。

雰囲気だけ 味わってくださいな♪

    ↓

Dcsa0010_1_1

どこを見上げても

桜・桜・桜・・・ 。

これがもうじき 足下を見ると

桜のジュウタン、となるのですょ。

 

 

 

 

Img_0112_1

こちらも 見つけたですよ (^-^)

桜にかくれて目立たないけど

紅葉の開花期 でもあるんですね(^▽^)b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 6日 (木)

Enjoy the Cherry Blossoms

帝釈天の後、

浅草と 上野にも 行ってみましたょ。

まるで 観光客 のようだゎ (^▽^)

まぁ、 電車のつながりがよかった と言うこともあります。

 

Dscn5527

仲見世のあたり。

ここは 平日とか 休日とかは 関係ないですね。

国内、海外を問わず たくさんの人たちで

あふれかえっておりました。

 ↑

手前の右側にせり出しているのが お飾りの桜 (当然わかるよねw)。

奥の方に見えるのが 本物の桜です。

 

Dcsa0001

ふと 横を見ると こんな所が。

桜の木が たくさんあって

時々吹く風に

桜吹雪が舞っていました。

 

 

 

 

 

 

Dscn5530_1

そして こちらは 上野。

着いた頃は もう夕刻で

少し雲が 出てきていました。

これは 紅しだれ桜。

               見事な咲きっぷりでした (^-^)

 

 

 

 

 

でも 上野と言えば こんな感じでしょうかね。

     ↓

     ↓

Dscn5537_1

この写真、クリックすると

いつもより 少しだけ 大きくなります。

デスクトップでの花見 をどうぞ♪

 

飲み物 と 軽い食事 ( おツマミでも可 ) なんかを用意すると

なお お花見気分が 味わえますよー(^w^)

 

この下には 

たくさんのブルーシートが 敷かれていました。

 

開花から 散るまでの短い間

昼夜問わずの 花見の宴 が 繰り広げられているのだと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

なぜか柴又~♪

Dscn5525

今日とは違って 天気のよかった昨日。

陽気に誘われて なぜか 柴又 へと

遊びに 行ってきました。

 

いや~ 初めて 行きましたですよ。

駅の前に 「寅さん」の像が立ってたり

お店の中に 「男はつらいよ」のキャストの お写真が飾ってあったり

やはり この映画とは 切っても切れないお土地柄のようです。

 

Dscn5507

目的はここ、 「帝釈天」

人がたくさん 吸い込まれるように入っていく。

この門は 「二天門 と言うそうです。

まずは 入ってみよう♪

  

 

Dscn5510

門を入って 奥に見えるのが

  「帝釈堂」 

 

 

ここね。

二天門 や 帝釈堂 の周囲などに 見事な彫刻  が ほどこされているんです。

門の周りは こんな感じ。

    ↓ 

Dscn5512

ねーねー、かぁちゃん、

コーンだけ 残っちゃったから 

もうちょっと アイスを 入れてくれよ~。

  

なぁんて 話なわけ ないけど(^w^)

真ん中のおサルさんの 差し出してるものが

どうも ソフトクリームのコーン に見えて仕方なかった。

  

  

Dscn5514

これは お獅子 ですかね。

外で風雨にさらされて

木や木目が いい風合になっている。

 

また、風雨にさらされているのに

歯や爪など シャープな彫刻の先端がそのまま。

丸まってないんです。

 

Dscn5515

これは 上の方にあった

キングギドラ・・・ぁ、ぃゃ

の彫刻です。

 

龍にからんでいる糸状のものは クモの巣ではありません。

多分 龍が 逃げ出さないためのものでしょう。

いえ、本当のことは知りません (^▽^)

 

 

帝釈堂の周囲の彫刻の方は

「彫刻ギャラリー」 なる施設で 見ることが出来ます。

          こちらは有料(大人400円 小中学生200円)

欅の木彫 だそう。

多分昔は 門と同じくさらされていたと思うのですが

今は ガラスで囲われています。

 

宗教的意味は よくわからないし 

外壁が おびただしいまでの彫刻に囲われているって

ある意味 シュールな感じなのだけど

なかなかすごい芸術作品です。

 

うん。 

これを 見たことは

多分 今後の作陶に 大きく影響してくるでしょう (^▽^)

 

 

皆さんにも お近くに行った際には 

一度 ごらんになることを  オススメしますわ (^-^)

   

 

 

ここから引き続いて 大客殿から渡り廊下を通りつつ

邃渓園 (すいけいえん) という庭園を 見ることが出来ます。

お庭に下りて見ることは出来ないのだけど

お茶など飲みながら お庭を眺めると言う

スローな時間 が楽しめます。

 

 

Dscn5517この時季ならでは。

綺麗に掃き清められた 渡り廊下に

桜の花びら

舞い落ちていましたょ。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

日本人でよかったと思える時 - その2 -

単に 花見の記事が

なんで 2本にも 渡らなければいけないのか と言うとね。

最初に 記事を書き上げた時

いざ 保存! と言う段になって

エラーが 起きちゃったのさ (^▽^)ゞ

データが重すぎたのかしら・・・?

そんなこんなで 2つに分けてみることにしたのです。

  

ってか 花mame、

ここんとこ ココログさまには 嫌われてるわ ・・・ (-"-;)

 

 

 

さて、花見の話ですが ( しつこくも 3度目? )

最後に行き着いたのは いつも行く公園。

お花見の出来る場所として このあたりでは有名な所です。

 

広い公園のあちこちには たくさんの桜が植えられていて

それはそれは 見事な光景。

 

        うん。

        桜以上に 花見客 も 見事なんだけどね。

 

その公園は あまりに人が多くて 

桜だけ 撮るのは難しかったので 

その風景は また来年にでも ・・・ (^▽^)

 

 

 Img_0146_2

これは 公園の近くの橋の上から

撮った桜並木の一部。

  

Img_0141_2

上から見る桜も

また オツなものよのぉ (^-^)

 

 

 

Img_0153_1

しだれ桜も 綺麗だったので

ちょっとだけ 撮ってみましたょ。

いつもは こんなに咲いてないのよね。

さすが 何をさておいても・・・

と 勧められた日だけのことは ありますゎ。

 

それにしても

桜という花は いくら見てても 飽きるということがありません。 

 

 

 

 

さてさて。

お花見の楽しみと言うのは

桜を見るだけではありませんね?

 

      ね?

 

 

 

 

何をさておいても・・! と言われて

急いで 出かけたので 手作りお花見弁当はなし♪

いえ、 これも ウソです。 (スミマセン。4/1は終わってましたね)

 

 

 

いつも いろんな所を回ってから 公園に行き着くので

身軽が一番なんですょ。

カメラをかかえてるだけで 結構重いし。

 

なので 道々 必要なものを 仕入れていくようにしてるのです。

とは言っても 飲み物と 簡単な おツマミ 程度。

 

今回は こんな感じ。

    ↓

  Img_0128_1

焼き鳥のセット と ビール♪

花を愛でるための アイテムのひとつだから

そんなに たくさんのものは 必要ないのです♪ 

 

 

 

 

 

 

そしてね。

今回は もう1品

こんなのも お供にしたのだ。

    ↓

Img_0130_1

桜づくしの 和菓子。

道明寺桜餅も あったのだけど

写真を撮る前に 食べちゃったんだ♪

  

もちろん これは お茶でいただきましたょ (*^^*)

 

 

 

 

 

今日は 花散らしの 強風が吹いています。

あんなに 楽しみに待っていて やっと咲いた桜。

1日 愛でただけなのに

この風で 散ってしまうのかなぁ・・・。

 

今は こんな気分ですょ。

 

     世の中に 絶えて桜のなかりせば

            春の心は のどけからまし

 

 

桜が散ってしまうと 春も一段落 と言う感じですかね。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

日本人でよかったと思える時

3月末日。

無謀にも 1日に 3本も 記事をアップしちゃったもんだから

花mameさん 息切れ状態 (+_+)

やっぱり 無理は利かないお年頃なのねー。

 

                いや、だからね。

                いくつなの?っては 聞かない約束でしょー!?

 

  

 

でも 4月ですからね。

新年度ですからね。

頑張って 3日分 上げちゃおう~♪

         ・・・思いっきり 手抜きになるかもしれないけどね (^w^)

 

 

 

 

 

さて。

先日の土曜日。

東京は とても良いお天気でした。

気温も上がりそうな感じ。

 

朝起きて テレビをつけると ニュースキャスターから

   「今日は 何をさておいても

        お花見に行きましょう ♪」

                      と言うお達しが!

 

これは行かねばならぬ!

         と 気分も盛り上がる一言でありました。

 

 

皆さんも 当然 行きましたよね?

何をさておいても 行きましたよね??

 

 

・・・・・・え? 行かなかった?

 

 

だって 某国営放送 で 行きましょう って言ってたんですから。

てことは そのお花見は ほとんど

 

 

     国からの命令

           ってことじゃなかったんですか???

 

 

 

 

・・・・・・あ? 違うの? 

 

 

 

まぁ。

違ったとしても

そこは 生真面目な 花mame。

何をさておいても 出かけてきましたょ。

      ぃゃ、これは ちょっとだけ ウソだ。

      朝ごはんを食べたし 洗濯もした。

      でも これは 人間が生きる上で 大事なことだもんね。

      ぇぇ、洗濯だって そうですょ・・?

                ・・・・・花mameにとってはね。

 

 

 

で、 花見の話ですね。

     そうそう、 そういえば。

     花見に行くって聞いて

     何の花見?って聞くことはあまりないよね。

     花見=桜見 は暗黙の了解。

     まぁ 時季的なこともあるのだろうけど

     それほど 日本人にとって 花=桜 ってことなのだろうねぇ。

 

 

で。

花見の話ですね ( しつこくも2回目 )

 

 

毎年 花mame家では 花見ツアーのコースを決めていて

まずは近所の神社へ向けて スタートするわけです。

その 目的の神社に着くまでにも 桜の並木があったりして 

目を楽しませてもらえるんですゎ。

 

その神社の桜は 

狭い敷地の中に 大きく枝を広げているので

上を見上げると まるで 桜の天井か!と見まがうばかりの見事さです。

 

Img_0117_1

その見事な桜天井を

カメラにおさめるのは ちと難しかったので

幹から出ている健気な桜で お許しください。

 

 

 

 

 Img_0126_2Img_0122_1

  

 

次は 川沿いにある桜の木。

水と花って なぁんか イイ感じですねぇ。

画像だけを見ると ちょっと京都を想像できたりして (^▽^)ゞ

 

 Img_0124_1

反対側はこうなっています。

青空に 桜って言うのも

ハツラツとしてて 

イイものですなぁ♪ 

 

Img_0123_1

桜は まさしく

春の贈り物です。

 

 

 

と言うことで

桜ツアーは 次回へ つづく・・・のだ♪ (^w^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »