« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005年11月30日 (水)

11月最終日

あ~早いねえ。

今年も残すところ あと1ヶ月ですょ・・・。

 

冬の足音も聞こえてくるような時季に

泳ぐ蛙は 涼しすぎる・・・ と思って

テンプレート変えてみました。

 

ついでに タグふれんず なんてものもつけてみました。

まだ 何だか よくわかんないんだけどもね (-"-;) ??

おいおい わかってくるでしょう♪

 

 

そう

明日から 12月なんですょ。

 

  

と言うことで。

始めました。 

             大 掃 除  

             

                             の真似事 (^▽^)

 

 

第1日目ですから 

軽く 網戸掃除 と 窓拭き程度ね。

そう 軽く。

まだ先は長いから 続かなかったらいけないしね。

 

かる~く かる~~く かる~~k・・・・・・

 

 

なのに

 

 

キーボードを打つ指が 思うように動かないのは なぜ?

腕を上げると 痛だるいのは なぜ??

歩くと 足が重だるいのは なぜ???

 

日頃の運動不足が ここまでとはね・・・・(+_+)クゥ~ 

 

 

来年の大掃除の前には まず 

筋力トレーニングが必要だゎ・・・。

| | コメント (0)

2005年11月29日 (火)

そういう季節

DSCN5151

うちのイナカの方では 雪の季節なのに

ここは まだ紅葉の時季。

花mame母にそう言ったら

「あら こっちに比べると2ヵ月くらい遅いわね~」

何とも日本は 南北に長い。

 

早いことに もうすぐ12月。 

それにしたら 今年は何だか暖かいような?

そう思うのは 私だけ??

 

暖房は 日が落ちて肌寒くなったら 入れることもあると言う程度。

今現在の室温は20度。

暖房までは まだまだまだ・・・。

 

こっちに来て覚えたことは

 

       寒かったら 着込め!

                            ってこと。

 

ウォームビズは 今に始まったことじゃないのです。

 

 

でも 北海道にいて 同じような室温だったら

間違いなくストーブに火を入れますw

実際の室温と 体感する室温には 差があるし

外気温との関係もあるのでしょう。

いや でも

北海道人は 確かに寒がりですw(自分も含めて?)

 

 

DSCN5157

で、この紅葉は

うちの近所の 小さなお寺のものです。

赤と黄色が 目に鮮やかでした。

 

ここには 桜の木がたくさんあって

春には 見上げると 桜の天井が出来ているほどです。 

 

今は 桜の赤い葉の天井が・・・

と 言いたいところですが

残念ながら かなり落葉していました。

そのかわり

青空 と 赤い葉 のコントラストが綺麗でしたょ。

| | コメント (0)

2005年11月28日 (月)

1ヶ月たったのだけど

そう、 アレンジの作品展から1ヶ月たちました。

その時 残っていたお花やアレンジを持ち帰りまして

そのほとんどは もうダメになってしまったのですが

この2種類のお花は いまだにこんな状態で咲いています。

  

   

IMG_0105

ひとつは 「Lサイバーピンク」 と言うスプレーマム(菊)

Lは「ライト」の意味かな。

白っぽく写っているのは持ち帰り後 咲いたもの。

  

IMG_0106

切花の状態で咲かせると どうしても白っぽくなってしまうのですね。

その白い花を ちょっとアップで撮ってみると

花びらの縁がちょっとだけピンクっぽい。 

 

菊と言うと どうしても仏花のイメージがつきまとうかもしれませんが

今はたくさんの色や種類が出ていますし 

アレンジや生け方によっては とてもオシャレな表情を見せてくれます。

ヨーロッパ方面では 魅力的な花として飾られているようですよ。

 

もうひとつは ランの花。

IMG_0103

「アランセラ」と言います。

「アンブラック」と言う名で紹介されていることもありますね。 

 

 

IMG_0102

お花は こんな感じ。

花びらが細く 深い色合いがステキ。

この写真では 左の方が花の上になります。 

  

  

どちらも 花持ちのいい花材です。

おうちにちょっとお花が欲しい時

どうせなら 長持ちする方がいいですよね。

お手持ちの花器に1本 こんな花たちを飾ってみてはいかがでしょうか。

| | コメント (0)

2005年11月25日 (金)

気がついたら100記事突破

今日 気がつきました。

5月から始めて 約半年。

この記事が 102記事目

 

そぅ、管理画面をきちんと見てれば 

気がつかないなんて おバカな話はないのに

ここが 花mameらしいところ (^-^)

いくつか下書き記事が残っていたため 

数の把握が出来ていなかったと言う 簡単な理由。

 

 

  

それにしても 休みながらもよく続いている。

他の皆様のように 毎日きっちり ステキな記事を上げることはできないけれど

自分的には ほぼ満点の出来 (^^ゞ

これも こんな稚拙なブログへ 訪問してくださる皆様のおかげです。

 

        本当にありがとうございます。

                   そして 

        これからも よろしくです♪

                 陰からでいいので 応援してくださいましな (*^.^*)

 

 

DSCN5017

← 100記事突破記念 花mame初登場。

え? そんなものいらない・・・? まぁ そう言わずに・・・。

いつもより 画像解像度は落としてるし 大きさは小さめですから。

うーん・・・でも 顔にエフェクトかけておいた方がよかったかな・・・・。

| | コメント (3)

2005年11月23日 (水)

たわわな赤い実

DSCN5122先日 ユリノキを見つけた同じ公園で

遠目に 緑と赤2色に見える木を発見。

紅葉って 上から色が変わるよね?

あれは 木の葉っぱの下が赤いよ?

ちょっと行って見てこよう。

と、 そばに寄って見ると・・・。

 
DSCN5123

こんな たわわな赤い実がなっておりました。

これが 赤く見えたのね。

 

木に付いていた名札を見ると

イイギリ と言う名前。

         (ふっと 笑点の後半を思い出してしまったことはナイショです)

 

公園には そう頻繁に遊びに行くわけではないので

先日のユリノキのように

咲いている花と出会えないことの方が多いのですが

この木も いつどういう花を咲かせるのか とても興味を持ちました。

 

木を見ることと言えば

2月の梅 と 3月の桜

初夏の新緑 と 夏の深緑 (これは大雑把に緑としてですね)

そして 秋の紅葉。

あ~それと・・・12月のクリスマスツリーかな (^▽^)ゞ

そんな程度です。

 

でも 木もとても興味深いと言うことに 気がつきました。

遅まきながら ツリーウォッチャーとしてデビューですw

 

DSCN5127

木の下から見た青空。

一段と高く見えましたょ。

 

   
DSCN5130
そして その気の近くには ススキノが♪

札幌の歓楽街も 昔は 「ススキの野原」 だったのでしょうか?

 

 

          ********** 追記 **********

 

 イイギリについての詳細は こちら、

         hanaboroさんの 「花図鑑のボロボロブログ!」 を参照くださいな。

 

| | コメント (4)

2005年11月22日 (火)

公園の洋服屋さん

DSCN5089

先日行った公園で見つけた木。

ちょっと前 hanaboroさんのブログで話題になっていた木です。

詳しい解説は hanaboroさんの記事にゆだねましょう。

青空に映える紅葉は言うまでも無く 姿の美しい木です。

その名は ユリノキ

 

見たことないかも・・なんて思っていたのですが

よく行く公園の こんなに目立つ所にありました。

よくよく見て歩くと あちこちにあるのですね~。

 

DSCN5093花の咲いた後に

こんな実が。

これなら 葉が落ちた後でも ユリノキとわかります。

 
DSCN5096タイトルの意味は こんな葉っぱ。

たくさん下がっていて まるで 衣料品店の店先みたい。

別名 ハンテンボク(半纏木)と言うそうです。

 

開花は初夏らしいので その時季が楽しみ。

ユリのような チューリップのような花が咲くそう。

でも 紅葉や 落葉の後の実の様子など 

年中 楽しませてくれる木みたいです。

とても気に入りましたょ♪

hanaboroさん どうもありがとう!! m(_ _)m

| | コメント (3)

2005年11月21日 (月)

トライアッド

DSCN5062

今月のレッスン報告です。

今回のタイトルは 「トライアッド」。

これは 形の勉強ではなく 色の勉強です。

 

きっと 生活する中で どこかで 一度は見たことがあるのではないかと思うのですが

カラーサークルというものを使って 勉強します。

11

←こんなのね。

眼鏡屋さんなどで 時々見かけます。

 

 

で、 今日の 「トライアッド」 と言うのは

このサークルの中の色で 

同じ距離にある3色を使って アレンジするもの。

サークルの中に 正三角形があるものとして見ると わかりやすいですね。

 

今日の場合は 

       赤  青  

                      を使いました。

 

この3色の中で 主役をどの色にするかをまず決めてから アレンジにかかります。

写真のアレンジは 黄色 をメインにしたものになっています。

 

色の位置関係が 離れているだけに

とても 印象的な組み合わせになります。

ただ こういう際立った色同士の組み合わせは

好き嫌いも分かれるところではあります。

 

同じような効果をもつ色の組み合わせとして 

黄色のような 反対色を使うものもあります。

これは機会があれば また紹介していきますね。

 DSCN5069

花材は   赤に グロリオサリリー

      黄色に オンシジューム

      青に デルフィニウム

を 使いました。

 ↑ これは オンシジューム。

まるで ドレスを着た女性が踊っているようでしょう♪

 

DSCN5072

そして これが デルフィニウム。

青色が とても綺麗。

いつもに増して 

とても良い花材が届きました。

 

こういう色の勉強は 

自分で お花を選んで買うときの 参考になりますね。

| | コメント (0)

2005年11月20日 (日)

イチョウの色付き具合は…

天気がよかったので、近くの公園に散歩に行きました。神宮のイチョウはまだ青いと、テレビのニュースで言っていたのを聞いて、ここの公園のはどうなっているかなぁと、確かめるために。それはそれは綺麗な黄色のイチョウ並木が見られましたょ(^_^)v20051119_1126_0002.jpg

| | コメント (0)

2005年11月18日 (金)

ボジョレー

毎年 この時期になると

ボジョレ~ ボジョレ~ と言われていたのだけれど

一度も買ったことがなかったんです。

私 そんなに飲めないのだけど

重~くて コクのあるワインが好き。

若い さわやかな味のワインってのは ちょっと・・・って

多分 これは食わず嫌いに近いものがあるのねw

 

「今年のボジョレーはいい出来」 ってことは毎年言われていること。

ですが 今年は

「奇跡のワイン」 と言われるまでに いいものが出来たとのこと。

これは 是非飲んでみなくては・・・。

てなことで・・・。

もうすでに半分空いてしまっていますが

我が家で 今年飲んだボジョレーです。

    ↓

DSCN5080

軽く 飲みやすい。

喉を通るときに ふわ~っといい香りがする。

うん、美味しい。

初ボジョレーと言うことで 

例年と比べることは出来ないけれどもね。

 

数量限定とか 季節限定とか

限定販売系のものに 人は弱いものです。

ましてや 季節感を大事にする日本人。

喩えこれが 2月の とあるイベントと同じように

商戦に踊らされているのだとしても

同じアホなら 踊らにゃ損々・・的乗りで 楽しんでしまいましょう。

  

DSCN5079

実は 今年同じものを 2本購入しまして

楽しみがまだ半分残っているのです。

 

でも ひょっとしたら 買ったこのワインが美味しかったのかもしれないので

別な銘柄のワインも試せばよかったかなと ちょっとだけ思っているのです。

| | コメント (2)

2005年11月11日 (金)

嫁ぎ先募集

口紅胡蝶さまの株の根元に

新株発見!の記事のその後はコレです。

    ↓

DSCN5044

新しい小さな葉っぱが出てきました。

最初の葉っぱはナゼか

食われたように欠けているのですが。

   ↑

この辺にある枯れたものが 親株。

かろうじて の葉が1枚残ってます。

でも 風前の灯火 状態。

 

で、

で、

今回は またもや変化が・・。

初代 胡蝶さま に。

ええ、白い胡蝶さまね。

以前咲いた花の茎を2本。

例によって3節ほど残しておいたのですが。

 

 

IMG_0143

1本には こんなものが。

明らかに 高芽。

 

  

 

IMG_0140

そして もうひとつが コチラ。

これは 多分、 多分ですょ、

花芽じゃないかと。

・・・・・。

 

嬉しいはずなんだけども

あぁ またやっちゃったよ・・・って気持ちになるのは なぜなんだろう。

 

胡蝶さま、 長い花茎を伸ばして また場所を取るわけですね。

そして 一方で また増える気なのですね。

狭い我が家が ますます狭くなります・・・・・(困

             だいたいが 庶民の家に馴染みすぎだって・・・・。

             それとも これって 静かなる我が家への侵略??

 

 

 

どなたか

 

 

この 侵略者 美しい娘達を

 

  

お嫁にもらってくれませんか・・・?

| | コメント (0)

2005年11月10日 (木)

夕空

DSCN5058

なかなか更新できない11月。

疲れているのかなぁ・・・?

いやいや やることが多くてw

 

一仕事終えて ベランダの向こうを見ると

太陽が 沈み行くところ。

空の上の方に写る 一筋の白い光は

飛行機雲。

 

2005年11月10日の夕暮れ。

| | コメント (0)

2005年11月 2日 (水)

フラワーアレンジ作品展

早いもので もう11月。

そろそろ 家の事をちゃんとしないと

また 今年は大掃除パス!  なんてことになりかねない。

でも 何をするのも コレが終わらないと落ち着かなかったのです。

 

DSCN4991

お花の教室の作品展。

秋、春、秋・・と言う順番で

約1年半ごとに一度 開催しています。

今年は 第3回目。

 

 

DSCN4960

会場の予約は 半年前。

その頃から いろんな準備が 何となく始まります。

気持ちの準備を 含めてね。

 

 

↑ これは センターテーブルのアレンジの一部。

デザイン、花器、花材・・云々・・・なかなか決まらない。

決まったのは 作品展の2週間ほど前のこと。

多分 生徒さんたちも 同じ産みの苦しみを味わったことでしょう。

 

IMG_0130

その分 それぞれにその人らしい

ステキな作品に仕上がっていました。

 

 

DSCN4979

秋の作品展と言うことで

深く濃い色の花材を使った作品が多かったですが

今 種類の多いキクや 周年出回るバラなどで

こんな華やかなアレンジを作った方たちも。 

 

こういう大きな行事をこなすと

自分たちもそうだったように

生徒さん達も 自信がついて とても上手になっていきます。

私たちも ひとつ所に留まっていると

そのうち 追い抜かれてしまうなぁ・・と

嬉しい気持ちと 緊張と。

日々 勉強しなくては・・・ネ。

 

 

IMG_0137毎回、 入口近辺(一番上の写真)や

センターテーブル、壁面のディスプレイは 私たちが担当。

これは 壁を飾った プリザーブドの額の一部です。

 

今回も たくさんの方に 見に来ていただきました。

見ていただくことが 自信や技術の向上につながっていくのです。

 

どこかで 何かの作品展に出会ったら

ちょっと覗いてみてください。

きっと そういう皆さんの目が 

よりよい展示会を作っていくのだと思います。

| | コメント (2)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »