« 個展 | トップページ | ダブルインパチェンス »

2005年7月13日 (水)

コチョウラン

去年の6月頃だったと思うのだけど

花の咲き終わったコチョウランを 会社からもらってきました。

3株寄植えしてあるもの。

うちでは 「胡蝶さま」 とお呼びしています。

   

ランって育てるのが難しいという思い込みがあって

きっとコレも枯れ行く命・・・と思いながらも

育てる方法を イナカに電話して聞いたり

ネットで調べたり

○味の園芸 のランの特集を見たり。

  

とりあえずは 

花茎は 下から数えて節3つくらいを残しカットして

・ 直射日光はいけないが、十分光の当たる所に置く。

・ 水は鉢の中心の部分のミズゴケが乾いたら与える。

・ 1日に数回 霧を吹いてあげる。

と言うあたりを 心がけてみることに。

  

それから間もなく 3本とも花茎の部分に 芽のようなものが出てきて

花芽かな、と何となくワクワクしながら様子を見ていたら

2本は期待通りの花芽に。

残りの1本は 高芽になってしまったのです。

   

花芽はそのまま放って置いても 多分花は咲くだろう。

(実際に 初めての割にはキレイに咲いてくれました。)

でも  この高芽はどうしたものか。

イナカの母の話によると

成長させて 根が何本か出てきたら 親株からはずして植えてあげなさい。

とのこと。

   

でも その高芽に根が出て株らしくなってきた頃には

冬も間近な頃でございました。

   

植え替えは3〜4月に。

何を見てもそう書いてあるので

春になったらにしよう。

と思っていたら 1月も末の頃 また花芽がついてしまったのです。

 

植え替えようと思っていた3〜4月頃には

花茎は伸び 蕾も数個ついている状態。

  

で、今の状態が コレ。

     ↓

DSCN4461

結構 豪華に咲いているんですが。

左側の花の根元。

よぉく見ると・・・

    

DSCN4458

前の花茎の部分に株が出来て

その株から 花が咲いている

という状態。

う〜〜む。

   

これは この後どうしたらいいのでしょうか?

ブログ界に 江尻さんはいらっしゃいませんか?

   

・ 花は枯れるまでつけておいていいのか。

   この調子で行くと9月くらいまで咲いていてくれそう。

   株が弱りそうな気がするのだけれど。

・ 高芽をはずす時季。

・ お礼肥えと言うのか、肥料はいつ どういうふうに与えたらいいのか。

などなど わからないことだらけ。

   

IMG_0025

胡蝶さまは 

ただただ美しく咲いておられるのだけどね。

  

持ち主は 日々悩んでおります。

    

だって 間もなくまたひとつ 

胡蝶さまが拙宅に 御下りになる予定・・・。

|

« 個展 | トップページ | ダブルインパチェンス »

花 - 胡蝶さま」カテゴリの記事

コメント

花mane様
「胡蝶様」(笑)拝見しました。美しく咲いていいな~。うらやましい・・・。育て方もしっかりしてますね。それに比べるとなんだか、私のコチョウランが不安になってきた。花茎のカットは私の場合下から数えて、1節しか残さなかったから、芽も1つしかでないのかなー?そうだとしたら失敗だー。
1日に数回霧を吹いてあげことも必要なんですね。私は朝つゆみたいなものを演出したいがために霧を吹いて遊んでたから、これからは意識を変えて1日に数回霧を吹こーっと!
花maneさん、これから育てていくのに大変参考になりました。
これからも何かあったら教えて下さい。

投稿: simachan2 | 2005年7月16日 (土) 06:31

>simachan2さま
お返事が遅れてごめんなさい。
その後コチョウランの突起物はいかがでしょうか。
花茎を1節しか残さなくても 
芽のようなものが出たのだから良しですよw 
何節残しても出る芽はひとつではないかしら。うちのもそうですもの。
simachan2さんも何かあったら教えてくださいね(^-^)

投稿: 花mame | 2005年7月26日 (火) 16:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108012/4941197

この記事へのトラックバック一覧です: コチョウラン:

» 巣にラン ラン寄せ植え ミニコチョウラン開花 [ひたきのつぶやき]
なんかごちゃごちゃしてて、ちっとも美しくない。ハイハイ、ごもっともごもっとも。クロはたいした栽培家ではないですから、高級な洋蘭なんか買いません。なーんちゃって、お金ないだけー。 というわけで、クロのラン栽培は、よく花が終わって、ホームセンターなどで、100〜600円ぐらいで処分品扱いされている息絶え絶えの株を買ってくることから始まりました。 んで、何年かしたら、せっかく育てるなら日本のものを。てなこと�... [続きを読む]

受信: 2005年7月16日 (土) 06:22

« 個展 | トップページ | ダブルインパチェンス »