« カエルの・・・8 | トップページ | ごうゆう-日光観光- »

2005年7月 4日 (月)

ごうゆうのつづき-旅館にて-

DSCN4233再度 旅行のつづきの話。

ホテルに予約した際に こう言われたそうな。

お若い方用に 洋室 もございますが?」

「いえ・・若くないんで 和室 でお願いします・・。」

   

いいえいいえ! 

若くたって 温泉は和室の方がいいと思うのだよ。

料金にもよるけどね。

   

和室なんだけど、窓際には ベッドが置いてある。

妙にアットホームな ソファも置いてある。

ちょっと不思議なお部屋。

  

ま・・・・10畳の和室があるから いいさ。

   

窓からは 

鬼怒川の写真を写した橋、立岩橋 が見える。

それと 

私の好きなブログ「田舎暮らしは楽しい」で 6月に話題になっていたコレ。

DSCN4228クリの花

初めて実物を見ました。

ニオイは・・・・

ちょっと離れていたので わからなかったケド。

うーん、残念・・・・カモ?

↓ こちらは 似ているけれども クリではなく
DSCN4254

マテバシイ 。

ドングリがなります。

夕食までの間の散歩で 見つけもの。

これは 鼻をつけてクンクンしてみたけれども におわなかったです。

  

クリにしても ドングリにしても

この長い花から 丸い実がなるなんて

なんとも不思議。

      

温泉はね。

アルカリ性単純泉。 

  温泉地によくあるイオウくささがないのは こういう泉質だから?

効能は 皮膚病、神経痛、筋肉痛、関節痛、胃腸病。   

  乾燥肌にもいいし、 

  日ごろの運動不足による足の疲れも取れちゃうし、

  お夕食を 食べ過ぎても OK 。

  

時間によって 男女のお風呂が入れ替わるので

それぞれ1回ずつ入ってみました。

   

その2回目の入浴で 露天に入っていると

1人 入ってみえて、 なんとなく話し始めると

中国の方。

来日して1年とは言うけれども その日本語のお上手なこと。

ワタシ 多分中国に何年いても カタコトしか話せないだろうなぁ。

今話せる?のだって

ニイハオ(こんにちは) と シェシェ(ありがとう) と サイチェン(さようなら) と シャンツァイ(香菜)くらい。

よく 中国人に間違われるんだけどね・・・。

それも中国の人に。

     

上海では 他の人には日本語で話しかける土産物屋のオバチャンが

花mameにだけは 中国語で話しかけてきた。

イギリスで 中国人に道を聞かれたときには

帰国したら 中国語を習いに行かなくては・・・って思ったもんね。

いえ、 いまだに行ってはいないけどね。

    

えーと・・・。

旅館の話でしたね。

関係ない話で 長くなっちゃったから

夕食で 珍しかった一品だけを。

   

DSCN4262

ヒョウタンの漬物だそうで

シバ漬けのような お味でした。

|

« カエルの・・・8 | トップページ | ごうゆう-日光観光- »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

クリの花がありましたか(笑)
匂いを嗅げなくて残念でしたね。

でもそれがクリの花なんて、みんな知らなかったでしょー!
え?知ってた?

投稿: キャトキン | 2005年7月 9日 (土) 14:25

>キャトキンさま
ホントに。
何が残念って 匂いがわからなかったことですょ。

後で知ったんですが マテバシイも結構匂いたつそうで、鼻をくっつけて嗅いでも匂いがなかったってことは 時間帯とか気温とか何か条件があるのかもしれないですね。

クリの花はね、キャトキンさんのブログで初めて知ったんですよ。だから本当に知らなかったのでしたw

投稿: 花mame | 2005年7月12日 (火) 23:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108012/4774380

この記事へのトラックバック一覧です: ごうゆうのつづき-旅館にて-:

« カエルの・・・8 | トップページ | ごうゆう-日光観光- »